カテゴリ:こんないただきもの( 49 )

博多通りもん

a0094201_10222142.jpg 福岡のおかしをいただきました。
 「博多通りもん」
 「通りもん」とはいったい何だろう?
 「肥後のもっこす」とか「土佐のいごっそ」みたいな偏屈なひとのことかと思いきや、博多どんたくで太鼓や三味線でお囃子をする人のことだそうな。
 偏屈モノがおかしの名前になるわけないか。
 で、このおかし、西洋和菓子とあるように中のあんこが洋風。
 白餡に練乳や生クリームが入っているようです。
 この手のお菓子に自分は弱い。
 うまーい。
 また食べたいお菓子が増えました。

 11年前の今日。1997年5月25日。旅の368日目。ドイツ ケンプトン。
 ケンプトンから有名なノイシュバインシュタイン城が近い。
 ニコラスとともに朝から自転車で出かけた。
 といっても、城まで自転車をこぐわけではなく、途中自転車を電車に乗せて移動。
 自転車を利用しやすい仕組みが出来上がっている。
 それにしても、駅まで自転車を飛ばすのにすっかりくたびれてニコラスについていけなかった。
 この1年の運動不足は相当なものだ。
 それでも12kmのサイクリングは楽しいものだった。
 南ドイツはどこか北海道に似ている。
 牧場が広がり、乳牛がムシムシと牧草にくらいついている。
 日記によれば、
 「自転車をこぎながら思い出した。そういえば一昨日で旅だちから一年たつのである。」
 当日、気づいていなかったのだった。
 そのことをニコラスに話すと、自分のことを新聞記事にしてやる、と言われた。
 ノイシュバンシュタイン城はどうということはなかった。
 よくある山の上から見下ろした写真が一番よく見える角度なんだろう。
 近づくと、やけに新しい感じで、悪く言えばディズニーランドの安物にさえ見える。
 中はガイドツアーに従って行動することになっている。
 少しでもツアーを離れようとすると、皆の前で
 「今、少し問題のある方がいるためにみな様しばらくお待ちください」
 などとひどいことを言われる。
 
 その日のうちにニコラスと別れてケンプトンを離れた。
 ドイツとスイスの国境の町リンドゥに宿泊。
 全く泊まる予定はなかったリンドゥだが、湖畔の町はとてもリラックスした雰囲気で、野外ライブなどを聞きながら気持ちよく過ごせた。
by haiderinn | 2008-05-25 10:35 | こんないただきもの

白松がモナカ

a0094201_1021110.jpg 昨日のような都会の菓子とは別にこちらは私が子供時代から慣れ親しんだ味。
 「白松がモナカ」。
 西日本の方にはなじみがないかも知れませんが、隠れた仙台の銘菓。
 昔から「白松が」の「が」が気になる商品でもあります。
 モナカ自体は特に変わったところはないのですが、奇をてらわない王道のモナカという感じで大好きです。
 大納言(普通のこしあん)、栗、大福豆(しろあん)、ゴマという4種類もオーソドックスといえるでしょう。
 少し小ぶりですが、それがかえって田舎くさくなくて上品なお菓子に仕立て上がっている理由かもしれません。
 その中で私が最も好きなのは「ゴマ」でございます。
 サクッとかじりついたあと黒ゴマたっぷり、みっちりで思わず目を閉じる、という一品。
 ああ、もう一つ食べたい、と未練を残しながらふたを閉じる。
 今日の日はさようなら、またあした会おう。
 と、そんなせつなく幸せな数日間となります(わたしの場合)。
 こちらはお取り寄せも可能です。
 
 11年前の今日。1997年5月19日。旅の361日目。フランス ニース。
 宿が同じキダ君、イワヤマ君とビヨットへ。
 BONSAI博物館の隣にあるレジェ美術館に入ってみたが、たいして興味はそそられなかった。
 むしろそこから1km先の鷲の巣村がよかった。
 レンガの壁に色とりどりの花が映える。
 天気もいいし、南仏いいなあ。
 ここに住んでいる人たちがうらやましい。
 ニースに戻り最近何度か利用している中華料理屋へ。
 たらふく食べて900円ほどと、この旅行の中では贅沢だったが日本に比べるとよほど安い。
by haiderinn | 2008-05-19 10:23 | こんないただきもの

都会から届いたハイカラなお菓子

a0094201_10252929.jpg 内地から久しぶりに見えたお客様からいただいたお土産。
 「花畑牧場 生キャラメル」はなんと4時間並んでご購入だとか。
 そんなにして手に入れたものをいただいてしまっていいんでしょうか。恐縮です。
 早速おやつにいただいてみました。
 おお、キャラメルの香りが一気に口中に広がっていく。
 とてもやわらかい、というかすごい口どけのよさ。
 「生キャラメル」の「生」というのは、今や「やわらかい」という意味なんですねえ、きっと。
 ガウガウっと何個も一気に口に入れてしまいたい衝動をおさえて今日はひとつだけ。
 この「花畑牧場」はタレントの田中義剛の牧場らしいです。
 それを知ってちょっと悔しい気分になってしまうのはなぜでしょう。
 以前、「どうしてテレビにでているのかわからない」と酷評を受けているのを聞いたことがありますが、最近もまだテレビにでているんでしょうか?
 こんなこともやっているんですねえ。


a0094201_10255843.jpg もうひとつ。「ねんりん家のバウムクーヘン」もいただきました。
 私はバウムクーヘンは、それほど大好物というわけでもないのですが、こーれーはウマい!
 外側はパリッとお砂糖がコーティングされて、中はバターの香りたっぷりのしっとりバウムクーヘン。
 「ねんりん家」というぐらいですからバウムクーヘン一筋のお店なのでしょうか。
 と思って調べてみたら、おいしいお菓子をたくさんだしている「銀のぶどう」もおなじ会社の別のお店ということ。どうりで。
 「ねんりん家」のバウムクーヘンはみなさんにも試していただきたいと思うのですが、残念ながら通販していない、とのこと。
 羽田空港や池袋東武など東京近辺でしか買えないようです。
 とてもおいしくいただきました。
 ありがとうございます。


 11年前の今日。1997年5月18日。旅の360日目。フランス ニース。
 やはりニースから近いエズという村まで日帰り旅行。
 パリで世話になったHさんが推薦していた場所だ。
 このへんは小高い丘の上に小さな村ができていて、それらは「鷲の巣村」とよばれている。
 どこもレンガ屋根のこじんまりとした建物と石畳の細い路地、曲がりくねって続く坂道、そんないかにも南フランスというたたずまいの中世から続く村。
 昨日行ったマントンもそんな村の一つといっていいかもしれない。
 エズは丘の上から見下ろす地中海の景色も美しい、、はずだったが、あいにく今日は村全体が雲に覆われてしまっていた。
 残念。

 今日はカンヌ映画祭に役所広司がくるはずだと誰かが言っていた。
 カンヌに行こうかな、と一瞬おもったが、そのためだけに電車賃を払うのが馬鹿らしくなりやめ。
by haiderinn | 2008-05-18 10:27 | こんないただきもの

にっぽんの夏、日向の夏

a0094201_1012123.jpga0094201_10121950.jpg 少し前に宮崎の日向夏をいただきました。
 私は宮崎というところにはいったことがなく知らなかったんですが、マンゴもたくさんとれるところのようですね。
 マンゴなんて沖縄あたりまでこないと育たないと思っていましたが。
 さて、そんな南国宮崎の日向夏。
 はじめて食べました。
 ちょっと食べ方がかわっています。
 実と皮の間の「わた」の部分も一緒に食べれるというものなんです。
 説明書によると、まず皮を林檎をむくように、薄く、丸くむく。
 それで、芯をはずしてそぎ落とすように切って食べるそうです。
 全く酸味を感じない、そして甘すぎずさわやかな味です。
 で、「わた」はというと、ふかふかした食感で、うーん、もちろん苦くはないけれど、「わた」自体にこれといって味があるようにはとくに感じませんでした。
 しいて言うなら「わた」の香りがいいのかなあ。
 よく、果物は実と皮の間に一番栄養がある、というから、もしかしたら栄養満点なのかも。
 ごちそうさまでした。

 11年前の今日。1997年5月15日。旅の357日目。フランス ニース。
 パリとは違う強烈な日差しと日本とはまるで違う乾いた空気。
 ここで花を見ていると、他の場所では花本来の輝きや色で見ていなかったのではないかと思える。
 100%の色彩というのがあるなら、それを見ている感じがする。
 午前中海辺で日光浴。
 ニースの浜は石ころだらけであまり快適ではない。
 マチス美術館へ。
 おそらくは、当時としてはおそろしくショッキングな色遣いにおもわれたに違いないマチスの絵画。
 これらの絵が南フランスの光の中で生まれたとしたら納得がいくように思える。
 
by haiderinn | 2008-05-15 23:59 | こんないただきもの

カフェオレ大福

a0094201_9362280.jpg 移動販売時代、水曜日は日本橋の営業でした。
 販売を終えてお昼ごはん。
 弁当を持ってきていたこともありますが、外食もありました。
 サラリーマンが集う地区ですから飲食店には事欠かないのですが、その中で異色を放っているのがZEN茶'fe(ゼンチャフェ)というカフェ。
 日本茶をアレンジしたドリンクが豊富で、抹茶オレンジとかほうじ茶オレなど風変わりなものもあります。
 食事は箱丼といって、紙箱を丼にしたもの。
 テリヤキチキンやチリビーンズなど、見た目よりボリュームのある弁当でした。
 そんななか、自分たちが一番楽しみにしていたのが、この「カフェオレ大福」。
 やわらかーいぎゅうひに包まれた餡と生クリーム。
 ぎゅうひが破れそうなところをほとんど吸い込むようにして一口。
 ムゥーっと思わず目を閉じる。
 餡こと生クリームコンビの味わいに食事をとってゆるみきった神経を集中させます。
 やがてふんわり広がるカフェオレの香り。
 やばいです。
 このZEN茶'feのカフェオレ大福を先日本当に久しぶりに食べました。
 とろけました。
 ニッコー製菓の「もも福」や「いち福」とはまた全然違った味わいです。
 私はカフェオレ大福はZEN茶'feの専売かと思っていましたが、各地にあるんですね。
 お取り寄せできるところもあるようなので、よかったら一度トライしてみてください。

 11年前の今日。1997年5月12日。旅の354日目。フランス パリ。
 三度目のルーブル。
 先日途中で見終わったフランス16から18世紀の絵画のところから。
 カラバッジオ、プッサン、ロランなど解説を読みながらじっくりみたらロココに入るぐらいで、また閉館。
 んー、もう一度これるだろうか。
by haiderinn | 2008-05-12 10:01 | こんないただきもの

これも東北から

a0094201_105573.jpg これほど開き直ったお菓子の名前があるでしょうか。
 「三鉄 赤字せんべい」
 三鉄は三陸鉄道。
 岩手県の沿岸を走る鉄道です。
 3月28日付の新聞によると14年連続の赤字だそうです。
 赤字を少しでも削減するために「赤字せんべい」が出たのでしょうか。
 でもパッケージのレトロ列車「しおさい号」はかわいらしい。
 青のりのようなものが練りこんであって、甘じょっぱくて自分は味も好きでした。
 一緒に入っている紙に「しおさい」号の説明が載っていました。
 「車内にはカラオケやビデオの設備もあり
  美しい景色を見ながらの旅が楽しめる」
 いや、カラオケをしたりやビデオを見ながら美しい景色は楽しめないんじゃないですか?
 それやめたらいいのに。

 11年前の今日。1997年4月3日。旅の315日目。マケドニア オフリッド。
 ドイツ人高校生ニコラスとともに近郊の町スウェティ・ナウムへ日帰り旅行。
 あいにくの雨でとても寒い。
 教会のフレスコ画が有名だそうだが、打ち捨てられた感じでさびれていた。
 クジャクが2羽濡れそぼっていた。
 スウェティ・ナウムはアルバニアとの国境となっている。
 歩いてアルバニアに行くことができる。
 せっかくだからアルバニアへ行ってみよう。
 ニコラスは残念ながらこの日パスポートを忘れてマケドニアから出国できない。
 自分一人でマケドニアのイミグレから出国。
 アルバニア。
 ヨーロッパの最貧国というイメージ以外、ほとんど何も情報はなし。
 ほかに、「トーチカの国」という言葉が脳裏にかすかに横切るぐらい。
 トーチカという言葉はなんだか、トーチと結びついてロマンチックなようなちょっとロシアからやてきたかわいい小物のような語感なのだけれど、実際はそんな言葉が発するイメージとは遠い代物。
 コンクリートでできたお椀を伏せた形の「防御陣地」だそうだ。
 ここに大砲などを入れて、前方にあいた穴から敵に向けて撃つ。
 さて、アルバニア国内に入ると、最貧国のイメージ通り道が急にガタボコになった。
 そしてさっそくトーチカが出現。
 自分の乏しいイメージといきなり合致した。
 誰もいない。
 普通ならあるべきアルバニア側のイミグレも現れない。
 そして、遠くからなにやら「ズドーン」という音がしてきた。
 自分が知っていたその時のアルバニアの情報は、なにやら反政府運動が起きてイタリアへ大量の難民が押し寄せている、というものだった。
 しかし田舎なら大丈夫だろうとタカをくくっていた。
 しかし、この音はなんだ。
 断続的に聞こえてくる。
 もしかして、、、、大砲撃ってる??
 それだけでない。機関銃の音も聞こえてくる。
 この国境付近でやってなくとも、すぐ近くの町ではどうやら本当にドンパチやっているようだった。
 ニコラスによると、その2週間前にドイツ人が車でアルバニアを旅行中、警察に1週間逮捕されたらしい。
 理由は、その警官が車を利用したかったから。
 本当だとしたら警察はあてにならない国だ。
 自分が金品を巻きあがれないとも限らない。
 なのに、足は前にすすむ。
 大砲と機関銃の音は聞こえ続けている。
 どうやら国境から一番近い村に着いた。
 人は歩いていない。
 レストランのようなものがあったので尋ねると、イミグレはない、という。
 では、アルバニアに来た証拠品としてお金を両替しよう、と思い、レストランの男に米ドルとアルバニアの紙幣を交換してほしい、と頼んだ。
 が、あっさり断られた。
 ドルなど見たことないのかもしれない。
 これ以上進む勇気もなく、早々にマケドニアに舞い戻った。
 マケドニアのパスポートコントロールを通ってほっとした。
 後から調べると、このころのアルバニアは本当にたいへんなことになっていたらしい。
 なんでもネズミ講が破たんして国全体に暴動が発生、非常事態宣言の発令、南部では無政府状態になり、自分が訪ねた直前の3月にはヨーロッパから多国籍軍の派遣まで決まっていた。
 さて、ドイツ人高校生ニコラス。
 ミュンヘン近くに住んでいるということで、自分を招待してくれた。
 ドイツに行ったら彼の家を訪ねることを約束した。
by haiderinn | 2008-04-03 23:59 | こんないただきもの

こだに もらっちまったぃ

 なにを隠そう私の出身地は福島というたいへん地味な地方でございまして、その土地の言葉で「こんなにもらってしまった」というのがタイトルの意味するところでこざいます。
 なにをもらってしまったのかと申しますと、お菓子。
 今、その地元ふぐすまから一族がこの石垣島にやってきておりまして、そのお土産の菓子です。
a0094201_1503267.jpga0094201_1505137.jpg まずはこれ。
 ふぐすまの代表的な菓子だない。
 三万石の「エキソンパイ」と「ままどおる」。
 二つとも自分の子どものときからありました。
 「エキソンパイ」はパイ生地の中にくるみ入りの洋風餡がはいったもの。
 子どものころから今になるまで私が愛するお菓子ナンバーワンを、北海道「六花亭」の「バターサンド」と争うほどのものです。
 袋を開けたときに広がるパイの香り。
 ちょっと袋の内側についたパイ生地のかけらさえ無駄にできないほど愛している食べ物です。
 そして「ままどおる」。
 皮の中身はミルクたっぷりの餡。
 口の内側丈夫にへばりついた餡を舌でこそげつつ味をかみしめます。


a0094201_22238.jpg 太陽堂のむぎせんべい。
 これは正直言って子どもの頃食べたことがありませんでした。
 それほど有名なものではなかったのではないかと思います。
 ところが、ある日、「欽どん」の「オックン」なる福島出身のキャラがこの「太陽堂の麦せんべい」を宣伝しだしたことからブレイク。
 宣伝といっても「たいようどうのむぎせんべい」とただ言うだけなのですが(それで大うけだったんですから平和な時代でした)。
 これは、甘味も薄く素朴な味わい。
 岩手の南部せんべいに似たものなので東北地方にはよくある味なのかもしれません。


a0094201_2112183.jpg そして、これです。
 かんのやのゆべし。
 くぅぅぅぅっ!
 ひさびさの味。
 かんのやのゆべしうめえぇぇ。
 もちもちの生地は微妙な甘じょっぱさ。
 なかには上品なあんこ。
 このゆべしのことを知っていたらまずますの福島通でしょう。
 
 しばらく幸せです。

 11年前の今日。1997年3月31日。旅の312日目。ギリシア テッサロニキ。
 ホソイさんとお別れして、一人テッサロニキへ。
 初めてユースホステルに宿泊した。
 同室の白人さっそくうちとけて酒盛をはじめた。
 といっても自分の誘われたのだが、断ってしまった。
 テッサロニキは何も見るべきところがなく、時間をつぶすのに苦労した。
by haiderinn | 2008-03-31 23:59 | こんないただきもの

タンカン

a0094201_322217.jpg かんきつ類の季節ですね。
 子どものころはこの時期たいていみかんが家にいつもありました。
 だいたい箱ごと置いてあり、寒い地方にあった実家ではいつも冷え冷えのものをかごに入れてコタツの上で食べる。
 冬休みが明けて学校にいくとみかんの食い過ぎで手が黄色くなった奴がいたりしたもんでした。
 みかんが取れる地方ではなかったのですが、なぜか冬はみかんが豊富にありました。
 というかみかんしかなかった。
 今みたいにポンカンとかキヨミとかデコポンとかそんなみかん以外のかんきつ類は知らなかったです。
 沖縄でもよく食べられる独特のかんきつ類があります。
 シークワサーとタンカン。
 先日沖縄本島北部のタンカンをいただきました。
 タンカンは皮がボコボコしていて見た目がよくないし、むきづらいけれど、中はとっても甘くておいしー。
 内地ではあまり食べないものなので、この時期の内地への贈答品を選ぶときはタンカンをよく買っています。
 内地の方でスーパーや八百屋さんなどで見かけたら今度試してみてください。

 11年前の今日。1997年1月24日。旅の246日目。イスラエル エルサレム。
 マサダへ日帰り旅行。
 紀元前にさかのぼる城跡があるマサダ。
 城自体は別にどうということはない、というか見るべきポイントがよく分からないが、高台にある城から周囲を見下ろすことができて、それが気持ちいい。
 なんだか遺跡にいくとそんなことばかりだ。
 ただここは、他と違うのが死海が一望できること。
 死海ツアーもあるが料金が高いので、ヨルダンに戻ってからヨルダン側からまた後日訪れることにした。
 
by haiderinn | 2008-01-24 23:59 | こんないただきもの

野菜がやってきた

a0094201_2155417.jpg この時期冬野菜の収穫の時期なのでしょうか。なぜか野菜のいただきものを多くします。
 ブロッコリー、カリフラワー、ニンジン、春菊、ヤマトイモ、キャベツ、ゴーヤ、サツマイモなど。
 年末は野菜コーナーを見てもあんまりぱっとしなかったので、もしかしたら端境期なのかなと思っていたら、今は近所の商店に地元産の立派な野菜がとっても安く売っています。
 それに加えて続々と店にやってくるこのいただきものの野菜たち。
 嬉しい限りです。
 とくに嬉しかったのは、カリフラワー。
 こちらでは高いんです。手が出ないんです。
 久し振りに食べました。
 茹でてマヨショーで。マヨネーズとしょうゆですよ。
 春菊はわたしは苦手。
 鍋物に春菊入れたがる人がいますが、豆腐とかに春菊がついて緑色になってしまうのは許しがたいですね。
 それでも自分が春菊を唯一おいしく食べれる方法は、おひたしにして、醤油とサラダ油を1:1で混合したドレッシングでいただくやり方。これならうまいです。
 ゆずって頂いた皆さんどうもありがとうございました。
 おいしくいただいております。

 11年前の今日。1997年1月19日。旅の241日目。イスラエル エルサレム。
 新市街など主に城壁の外を散策。
 印象深いのは、オリーブ山から見た旧市街の風景。
 城壁、岩のドームなどが素晴らしい。
 山頂の昇天教会でアラブ人の少年と入場料をめぐって口論した、と日記にあるが今では全く覚えがない。
 「口喧嘩するとアラブ人もトルコ人もイラン人も非常に憎々しいが、おとなげないことをしたものである」(日記抜粋)
 だそうだ。
 旧市街の中、金色に輝く岩のドームに行ってみた。
 すると見たことのある人物がいた。
 黒川紀章。
 微妙に目礼を交わしたように思えたが、ニュース23で見るよりしょぼくれていた。
 宿で白人と少し会話。昨日感じた疎外感が少し消えた。
 
by haiderinn | 2008-01-19 02:26 | こんないただきもの

熊本のお土産

a0094201_934974.jpg 熊本のお土産としていただいたものです。
 「朝鮮飴」
 初体験です。
 一見片栗粉が入った袋にしかみえなかったのですが、、、、
a0094201_9433964.jpg あ、ありました→
 色が3色ぐらいあるんです。
 粉の中から掘り起こして食べてみます。
 ん?
 飴、、、というより、、モチ。
 初めて食べたはずなのに、なつかしい。
 昔、サツマイモのおかしでこんなものがあったような。。。。
 ああ、干し芋だ。
 この飴の原料はもち米と水あめなので全然ちがいますが、最初に思い浮かんだのが干し芋でした。
 色の違いで味が微妙に違います。
 何味といっていいのか難しいのですが、オレンジ色をしたものには梅の味がついているようです。
 片栗粉は個別包装の代わりなのでしょうか。
 シブイお菓子です。
 熊本のおかしで「朝鮮飴」ときたら、おそらく加藤清正つながりでしょう。
 ウィキペディアで調べてみると、やっぱりそうでした。
 文禄、慶長の役のときに加藤清正の軍勢が朝鮮に持っていったものだそうです。
 熊本に行ったとしてもお土産に自分で選ぶことはおそらくないだろうとおもわれる「朝鮮飴」。
 いただいて初めて知る味でした。

 11年前の今日。1996年12月3日。旅の195日目。トルコ イスタンブール。
 a0094201_9181351.jpg 昨日再開したAさん、そしてミエコさんらとともにベリーダンス見物。
 初めて見る。
 最初は気が進まなかったが、ビールを2杯ほど飲むとすっかり気分がよくなり、セクシーな衣装を身につけた踊り子の胸にチップをはさむなど、完全にエロおやじ化し、終いには一緒になって踊っていた。
 照れ屋に見えた大学生のAさんも、最後は踊り子とリズムを合わせて体をくねらせていた。
 後から聞けば「早く誘いに来ないかと待ってたんですよ」とのこと。
 ベリーダンス、はまってしまいそうな予感。
by haiderinn | 2007-12-03 10:09 | こんないただきもの