<< 台湾からの豪華客船はあるのに 大雨です >>

PLAYBOY 10月号

a0094201_9321998.jpg 台風の風も少しおさまった土曜日の午後、TSUTAYAに出かけて見つけた雑誌。
 「PLAYBOY」の10月号。
 特集が「人生が変わる旅の本」。
 まあ、たまにこうした特集は見かけますが、表紙に、
 沢木耕太郎、藤原新也、小林紀晴、石川直樹、蔵前仁一、そしてロバートハリス
 と並べられては手に取らざるをえません。
 ついでに「イビツァ・オシムに会う旅」ってなことも書いてあって、即買いとなりました。
 
 人生が変わる旅の本、って大げさだなあ、と思いつつ、そういえば、自分も「深夜特急」読んでなければ、こんなところにいなかったんだった。
 100冊の中には、これから読んでみたいと思わせるツボを激しく突いてくるものがたくさんありました。
 ジョン・クラカワーの「荒野へ」(イントゥ・ザ・ワイルド)というのは映画で上映されているんですね。都会では。
 見てみたいけど、石垣じゃやらんだろうな。。。
 ロバート・ハリスのインタビューもかなりおもしろいです。
 インターネットの発達と日本の若者が旅に出なくなったことについての話がとくに。
 「旅をして人間が得るものも、文学作品を読んで得るものも「情報」ではない」
 という一言が本質をついているように思えます。
 
 みなさんに見て欲しいのではありますが、朔に置くには「不適切な」ページもございましたので、本棚にはありません。040.gif040.gif040.gif
 本屋さんで見てみてくださいね。
 
by haiderinn | 2008-09-17 09:55 | こんな本
<< 台湾からの豪華客船はあるのに 大雨です >>