<< 今日は何の日 将棋の日 種子島の蜜芋 >>

週替わりメニューのご紹介

a0094201_9552927.jpga0094201_9562777.jpga0094201_9565262.jpg
 金曜日から水曜日までのTRAVELERS' CAFE 朔の週替わりメニューを今日もご紹介いたします。
 まず、今週のカレーは「キーマカレー」。鶏のひき肉たっぷりで、ご飯をたくさん食べたくなる(まあどのカレーもそうだと言えるのですが)うまさです。辛さは中辛程度。グリーンピース入りです。
 今週のサラダは「大根とにんじんの細切りサラダ」です。シャキシャキとした細切りの大根とにんじんにガーリック風味のドレッシングがよく合います。
 今週のデザートは「レモンとココナツのゼリー」です。さわやかなレモンとクリーミーなココナツミルクのツートンカラーのゼリーです。
 今週も一週間よろしくお願いいたします。

 11年前の今日。1996年11月16日(土)。旅の178日目。グルジア トビリシ。
 首都トビリシといえどもグルジアはよく停電する。
 今日もまた停電。とても寒い。
 停電が回復してからグルジア式ハマム(公衆浴場)にレワンとラシャ兄弟とともに出かけた。
 ハマムは建物が半分地下に埋まっていた。
 夕方とあって客の数も多いようだ。
 浴室は払う金額により3段階に分かれている。
 一番安いのは1ラリ(100円)で大勢が入るシャワー室。
 次が3人で10ラリという個室というか家族風呂のようなところ。
 一番高いのが20ラリの部屋。
 自分は1ラリのシャワーで十分だったが、レワンとラシャは家族風呂のほうに入ろうとする。
 もちろん支払はすべて自分だ。
 しかし彼らは当然のような顔をしている。やはりこの考え方にはなじめない。
 結局10ラリの部屋に3人で入った。
 個室といっても、他の人がいないだけで、中にはシャワーが二つあるだけ。
 割り勘にしたとしてもシャワーだけ浴びるのに一人330円ほど払わねばならないなんて日本でも割高だ。
 ただしお湯は温泉でなかなか気持ちがいい。
 帰ると友達シャロワの妹レラが来ていた。
 彼女はよく英語を話す。美術評論をしているという。
 お土産にと、グルジアの伝統的な風俗を描いたカードをくれた。
by haiderinn | 2007-11-16 09:57 | こんなメニュー
<< 今日は何の日 将棋の日 種子島の蜜芋 >>