<< また当たり漬物 実りの夏 >>

アジアンピーチコンポート

a0094201_218885.jpg 朔のデザートメニューの中に「コンポートとアイスクリーム」というものがあります。季節の果物のコンポート(ジャムのようには形を崩さずに果物を煮たもの)なのですが、先日ひそかに果物の内容が変わりました。
 今回は「アジアンピーチコンポート」。
 交替前は「黒糖パインコンポート」。さらにその前は「イチゴのコンポート」だったのですが、アピール不足のせいか、かなり地味な存在のまま密かに次の果物にバトンタッチされてしまいました。
 ちなみに最初は「シナモンアップルコンポート」だったので、今回の「アジアンピーチコンポート」は4代目ということになります。
 石垣のスーパーでも桃がぼちぼち食べれそうな値段で出回ってきたので、今回の交替となりました。
 なぜアジアンかというとロゼワインを使って煮込むときにスターアニスなどアジア色が強いスパイスで香りづけしてあるからです。これが桃の甘い香りとよくあいます。トロリとしてアイスクリームにかけてもまたおいしい。
 桃の季節だけの商品です。いかがですか?お値段400円。

 11年前の今日。旅の57日目。あいかわらずカトマンズ。同じ宿で友達になったタカちゃんとシゲさんとともにゴルフに出かけよう、ということになった。金もかかるし、あまりゴルフは好きでないので気乗りしなかったが、昨日約束してしまった。
 自転車レンタル1日80ルピー(160円)。ゴルフ場はなかなか見つからず右往左往したあげく、やっとみつけたクラブハウスだったが、襟なしのシャツを着ていてはプレーできないなどと鬱陶しいことをいうので、シャツを買ってまでやる気もおきず、観光地見物に切り替え。
 パシュバティナートという寺院へ。ここはガンジス川の支流へ火葬した人を流すガートとよばれる河川敷があるところである。ガートで一番有名なのはインドのバラナシだったが、ヒンズー教徒が多いネパールにもそのような風習があるらしい。
 正直火葬の現場を見ることを期待していったのだが、そのときは火葬は行われておらず、川には子供が泳ぐばかりであった。ほかには何があるというわけではなかったが、広くて静かな境内はよい散策の場だった。
 K田さんが去ったので部屋は一人部屋となった。一人で部屋を使うのは南京以来となる。ラジオを聴きながらひとりで机に向かえるのはなかなかぜいたくだった。
by haiderinn | 2007-07-18 02:46 | こんなメニュー
<< また当たり漬物 実りの夏 >>