<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

朔5周年感謝イベントのおしらせ

速報!

 制作中の映画の予告篇でこの言葉が画面に登場したものですが、今はどうなんでしょう。
 唯一の映画館が数年前に閉鎖された石垣島に暮らしていると、その辺疎くなります。
 ああ、映画館で映画みたいなあ (-.-)

 で、朔の「速報!」は、毎年恒例朔の周年イベントについてです。
 朔はおかげさまで5周年を迎えます。
 早いですね。

 今年のイベントは2月24日(金)と25日(土)の2日間。
 毎年ヴァイキング形式で行っていましたが、今年はお席についていただいたまま、コース料理としてご提供させていただきます。
 題して

  「トラベラーズカフェ朔号の <ユーラシアのオイシイをどうぞ> ~ソウル発マラケシュ行」

 韓国のナムルからモロッコのクスクスまでユーラシアの料理をあれこれ食べながら旅気分を味わっていただく企画です。
 他にも例えば、ベトナムのゴイクォン(生春巻き)、フィリピンのアドボ(鶏肉、豚肉の煮もの)、中東風豆サラダなんてのもあります。
 カレーもいつもと違うのを2種類などです。

 きっと満腹で満足していただけると思いますよ。

 お値段はおひとり3000円。
 お子様用のコース1000円もご用意しています。

 24日、25日両日とも18:00時出発です。
 って別にどこかに行くわけはないんですけど。
 ご予約ください。
 お電話は0980-88-8183です。

 チラシの配布はすでに始まっているので、すでにご予約いただいた方もいらっしゃいます。
 ありがとうございます。
 
 速報っていっても、もうあと1カ月もないんですが。
 もう少し詳しい内容はまた後日お知らせいたします。

a0094201_1236048.jpga0094201_12365037.jpga0094201_12375159.jpg


 今日のカレーは「コリアンダチキン」から始まります。
 なくなり次第、次の「ほうれん草とチーズのカレー」にかわります。
 「コリアンダチキン」はその名の通りコリアンダとチキン豊富なインドカレーです。
 コリアンダというと「ちょっと」という方もいるかもしれませんが、香菜の香りがダイレクトにくる感じではないのでお試しいただきたいと思います。

 今週のサラダは「大根、ワカメ、ツナのサラダ」です。
 シークワサードレッシングでどうぞ。

 今週のデザートは「キャラメルバナナプリン」です。
 甘い香りのキャラメルとフルーティなバナナのなめらかなプリンです。
by haiderinn | 2012-01-30 12:39 | こんなメニュー

今年のマラソン

今年も石垣島マラソン出場してきました。
4時間31分25秒

ジョートーです。
昨年より30分早い。

デビルマンとバットマン、それからチョンマゲロリータ男と、気になる連中とのデッドヒートはすべて負け。
デビルマンは最初は赤い羽根がついていましたが、磯辺のあたりで羽が折れているなあ、と思ったら次見たときは羽がなかった。
抜いたり抜かれたりしてたんですが、37.5kmの給水地点で止まっている間にいなくなってしまいました。

それでも今回は30km過ぎまで「走れてるな」という感じでいけました。
昨年から金哲彦の体幹ランニングという本を見てフォームを考えながら走るようにしていたのですが、今年は少し感じがつかめたのかも。
肩甲骨を動かし、お尻から足を動かす感じで、腿の表より裏を意識して走るようにしました。
いつもは腿がパンパンになって足が上がらなくなるのですが、今年はそれがなく、最後まで足を動かすことができたのが大収穫です。

しかしやはり最後の7kmぐらいがつらい。
35km地点で3時間半ぐらいだったので、その7kmで1時間はかかってしまった。
白髪のおじいさんたちにぐいぐい抜かれていきました。

今日は膝と足首が痛たたたです。

今週の週替わりメニューのご紹介
a0094201_12213379.jpga0094201_12223351.jpg


 今日のカレーは「タイグリーンカレー」から始まります。
 なくなり次第、次の「キーマカレー」にかわります。
 「タイグリーンカレー」はエビ入り辛めのココナツミルクカレー。
 人気です。

 今週のサラダは「カレー風味のポテトサラダ」です。
 パプリカ入り。

 今週のデザートは「シナモンアップルコンポート」です。
 シナモンの香りが冬の味。この季節、朔では必ず登場するデザートです。
by haiderinn | 2012-01-23 12:23 | こんな毎日

っていうか、なぜ走る?

 チーズのパッケージに赤い牛が笑っているのを見たことありませんか?
 これです(→La vache qui ritのサイト)。
 結構出回っているのでスーパーなんかでもよくありますよね。
 うちの料理長はこの笑う牛柄のT-シャツをもってるんです。
 で、それ着て三線の稽古にいったときのこと。
 今年喜寿を迎える三線の先生がT-シャツをマジマジとみていったそうです。

 「その牛は間違っている」

 え?

 「牛の前歯は下だけ。
 上の歯がついているのは奥歯。
 馬は上下とも生えている。
 だから牛は草を噛み切るときに下から上に顔を振り、馬は横に振ります」

 よくみると確かに「笑う牛」には上の前歯があります。
 ちょっとネットで調べた類の知識と違う生活に根差した渋い豆知識ですね。

 さて、今年も石垣島マラソンが来週に迫ってまいりました。
 この島に来た初年から出場していますので、私は今回7回目ということになります。
 練習不足ということは先々週書きましたので、まあタイムのことは「あれ」として。

 この前店でマラソンの話題になったとき、よく来るお客さんが呆れた感じでぼそりと 
 「なぜ走る?」
 とつぶやいていたので、そういえばなぜ走るんだろうかとちょっと考えました。

 「ランナーズハイ」と結びつけて納得しようとするのは多分走らない人だと思います。
 自分の体験では「ランナーズハイ」は快感とかいうのとはちょっと違って、
 「どこまで走っても疲れないんじゃないか、俺?」
 みたいな感じ。
 歩いているみたいに体に苦しさや違和感がない状態で走っている、というそんな状態になったことがあるので、おそらくそれが「ランナーズハイ」なんだろうと。
 でもこれはずっとは続かないんです。
 当たり前ですが。
 自分の場合は、10km地点前後から15km地点まではもたないと思います。
 あとはどんなに調子が良くてもやっぱり苦しい。
 鍛えている人はまた別なんでしょうけど。
 「はよ終わらんかなあ。。」と考えながら走っています。

 で、「なぜ走る?」
 20年ほど前、仕事でフリークライミングの雑誌の編集の方にインタビューしたことがあります。
 「なぜフリークライミングをするんでしょうか?」
 簡潔に答えが返ってきました。

 「突出感」

 すべすべの岩肌から突出している感じ。
 え?だから登るの?わざわざ?
 とそのときはよく意味が分からなかったのですが。。
 多分、その人が「突出感」と言う時の反対語は「埋没感」だったのではないかと今では思います。
 日常に、またその他大勢として埋没してしまう感じは若い時なら特に苦しいと感じることもあるはず。
 その平板なところから自分の存在感を際立たせたい、というそんな感じ。
 自分だけの言葉で語れるごつごつした手触りのある体験を持ちたい、というような気持ちが「突出感」という言葉から伝わってきます。

 まあ、自分にとってマラソンもそんな感じがちょっとありますかねえ。
 そこまで息苦しいことではありませんけど。
 フリークライミングと違って今ではマラソンはたくさんの方が参加するものですからそこまで「突出」はしない ですけど、まあ、ラジオ体操とはちょっとわけが違う。

 それと、もうひとつ走る理由があるとすると、それは、心の中で小さな声で挑発するやつがいるからなんです。
 「え、もちろん走るんでしょ?今年も。まさかやめないよねー」
 的なことを言ってくる奴がいるんです。
 だからついエントリーしてしまう。
 まあ、そんなことを小声で語ってくるのも自分自身ではあるんですが。
 考えてみると、昔「深夜特急」を読んで旅にでようと思った時も、そんな奴の声が聞こえたからでした。
 「お前、ちょっといかないとダメなんじゃない?」って。
 で、スケールはずっと違うんですが、多分、多分ですけど冒険家なる人たちもそうした挑発にのった人なんじゃないかと思います。
 「そこに山があるから」ってのは、その小声の人が
 「そこに山があるよねえ。お前知ってるんだよねえ。え?知ってて登らないわけ?登るよねえ」
 と挑発してくるのだ、という意味だと勝手に解釈しています。
 で、きっとそんな挑発の声が聞こえてきたときは、それがもう自分にも可能な射程の範囲に入っている時なんじゃないかな、とも経験上思います。たぶんね。

a0094201_132106.jpga0094201_1324610.jpga0094201_133181.jpg

 今日のカレーは「上海カレー」から始まります。
 なくなり次第、次の「タイグリーンカレー」にかわります。
 「上海カレー」は豚三枚肉のトロリとしたカレー。
 ニンジン、シメジ、厚揚げ入り。中華スープ、醤油などを使った風味は和+中華味。

 今週のサラダは「モヤシ、キャベツ、コーンのサラダ」です。
 みそマヨネーズドレッシングでどうぞ。

 今週のデザートは「レモンゼリー 生カスタードソースがけ」です。
 今が旬のレモンをたっぷり使ったさわやかゼリーにふんわり甘いソースがけ。
by haiderinn | 2012-01-16 01:35 | こんな毎日

田中優さんのメルマガより

 環境活動家田中優さんの最新のメルマガが来ていました。
 どうしてもできるだけ多くの方に読んでいただきたくて、そのままコピーして掲載させていただきます。
 たまたま訪れて方もぜひ読んでみてください。

 それで、そのコピーのあとにいつものブログを少々。では、また下で。

*******************************************

 新年、あけましておめでとうございます。
 しかし今年は「おめでとう」と言いにくいという賀状もたくさんあり
ましたね。でも新たな年を生きて迎えられたことを喜ぶ意図でしょうか
ら、おめでとうございます。

 でも新年早々、うれしくない話です。

 「収束宣言」なるものが、まともにモノを考えていない人たちから発
表されていました。細野原発担当大臣は、「住民が追加で避難しなけれ
ばならない事態はもう絶対起こらない」と言ったそうです。
一方で東京電力西沢社長の年頭あいさつは、
「(昨年は)天地がひっくり返った1年だった」と述べたそうです。

 「あんたが言うな!」と思うんですよね。交通事故の加害者が、
「天地がひっくり返った」とは言わないでしょ?
 しかも東京電力は、除染についても「ボランティアで協力したい」
「お手伝いしたい」と言っているのです。
「誰のせいだよ!」と突っ込みたくなります。要は責任を取らなきゃ
いけない加害者だという意識がないんです。

 これって日本によくあることですね。戦争責任にしたって、誰もが
「その時代には反対できなかった」とか、「せざるを得なかった」とか
言って、誰もが主体的に動いていなかったと責任を逃れています。
いや、違いますね、主体的に判断しなかったことが犯罪なんです。

 原発を推進してきた人たちの大半もまた、こんな無責任な人たちです
ね。安全委員の長だった斑目氏は、ばりばり業界から寄付金を受け取っ
ておいて、ばれると「私は変な使い方をしていないから、みなさんに判
断してもらえばいい」と言ってます。 いや、もらうこと自体が問題な
んですよ。みなさんの判断じゃなくて、あなたの無責任極まりない行動
が問題なんです。

 そして収束宣言して「避難は絶対起こらない」と言った直後の元旦、
関東を地震が襲ったわけです。地震はわずか震度4、日本じゃさほど驚
かないレベルです。ところがそこから、福島第一4号炉の冷却水の漏れ
が始まったわけです。これ、政府は「最も核燃料の溶融が懸念された
4号機について耐震補強工事を施すなどし、こうした(危機的な)事態
は回避された」と言っていたんです。今回の冷却水漏れは、4号炉が
地震で傾いたことが原因と見られています。
「耐震補強工事を施し、危機は回避された」んじゃないんですか? 
また「想定外」なんでしょうか。
 そっちは想定外でも、「最も核燃料の溶融が懸念された4号機」であ
ることは変わらないわけですよね。

 みなさん覚えていますか? 4号炉が爆発したとき、この原発は稼働
していなかったんです。原子炉の隣にある「使用済み核燃料のプール」
に置いてあった、冷却中の使用済み核燃料が水を失って熱くなり、燃料
棒を覆っているジルコニウムが溶けて水素を発生させたんです。それで
爆発したんです。

その冷却水が今、漏れているんです。爆発して、どこまで核燃料が溶け
たのか、まだ分からないままです。しかもその位置は、原子炉の高さと
同じ高さにあります。この4号炉が崩れ落ちたら、核燃料がそこらに散
らばってしまいます。誰ももう冷却できません。メルトダウンして、
チャイナシンドロームになるのは避けられないじゃないですか。
それが「最も核燃料の溶融が懸念された4号機」なんです。
 それを管理しているのが「絶対起こらない」という政府の細野原発担
当大臣と、自分の責任だと思っていない東京電力なんです。
危険だと思いませんか?

 「耐震補強工事を施した」と言われても、震度4で影響が出ちゃう対
策ってどんなもんなんですか?近所のボロ家だって傾いてないっすよ。
これが怖いんです。あなたたちが信頼できないんです。言ってる端から
ボロが出てるじゃないですか。ジンクスで言うなら、「住民が追加で避
難しなければならない事態」はきっと起こるでしょう。毎回裏目に出て
いますから。

 ぼくは2011年3月15日朝に流したように、もう一度「できるだけ避難
を」というメールを残念ながら流さなければならなくなるかもしれませ
ん。今すぐではないですが、準備をしておいてほしいと思います。日本
は地震の極めて多い国です。しかもその地震の数は、2000年以降は桁外
れに多くなっています。

震度4で傾いて水漏れする原発が、今後も無事であると予想するほうが
難しいです。しかも使用済み核燃料の束は、1,331体もあるんです。
こいつが頭から降ってきたら、もう無理ではないですか? 
日本の中だけで避難しても足りないかもしれません。運が悪ければ、
核爆発するほどの量です。
 1月5日の夜には、福島県の中通りのほうに震度4の地震がありまし
た。かすってるじゃないですか。原発のある浜通りまであと少しです。

 この使用済み核燃料を、一体ずつ抜き取って、別な場所に、安全に管
理しなければならないと思います。収束宣言は、それからにしてくださ
い。核燃料がどうなっているのかわからないのに、収束宣言するのはば
かげています。もっと責任感を持って、もっと真剣に考えてください。

 日本は原発を建てたときから、地震と津波に関しては保険を掛けられ
ませんでした。確率が高すぎるからです。しかも今回の事故を「津波の
せい」にしようとしてます。「千年に一度の津波」だと。でもそれもウ
ソですね。 IAEA(国際原子力機関)に報告した津波高は「14~15
メートル」ですが、それは水が上がった「侵入高」でしょ? 津波は
波の高さである「津波高」で言うことになっているんです。今回の津波
高は7メートル程度です。昭和8年にも同程度の津波が東北に来ている
じゃないですか。百年も経っていないんです。
それでも「千年に一度」ですか?

 ぼくらの将来をなくすのは、政府や東電のような「無責任と不真面目
さ」のおかげだと思います。しかし私たちも反省すべき点があります。
「自分で判断してこなかったこと」です。
考えるのをあきらめて、どっかの無責任な専門家を信じて、自分の生命
に対して無責任な態度をとってきたことです。

 とりあえず避難できる準備をしてください。仕事も学校も家も何も捨
て去る準備を。
今の福島第一4号炉の状態は、それほど危ういと思います。


*******************************************

はい。
こんな内容の後になんなのですが、ちょっと正月らしい話題。
移転したばかりの旧消防署で出初め式が行われたので見てきました。
出初め式と言えば、あれですね。
梯子の上で、「よっ」と決めるやつ。
あれを生で見たのは初めて。
子供に消防車など見せるつもりで行ったのですが、こちらが大喜びでした。
料理長から「撮りすぎ」と言われるほど写真とってしまったので、連発でどうぞ。

a0094201_1145611.jpga0094201_115143.jpga0094201_115441.jpg
a0094201_115661.jpga0094201_1158100.jpga0094201_1151192.jpg
a0094201_1151458.jpga0094201_1151667.jpga0094201_1151818.jpg
a0094201_1152110.jpga0094201_1152565.jpg


興奮つたわりますでしょうか?
でそのあと、なぜか「かんぜんのんなっかんのん す~ばる~」と中島みゆきの歌が流れる中を、旧消防庁舎に向けて放水。
a0094201_1195314.jpg
 クライマックス感あふれる出初め式のおしまいでした。

今週は先週と同じ週替わりメニューとなります。
a0094201_11113330.jpga0094201_11114765.jpga0094201_12543387.jpg



 今日のカレーは「豆のカレー(ムング・ダール)」から始まります。
 なくなり次第、次の「上海カレー」にかわります。
 「豆のカレー(ムング・ダール)」はスパイスの香りをつけたバターで仕上げた香ばしいカレーです。
 ミニ・タンドリーチキン付き。

 今週のサラダは「大根、ニンジン、カイワレのサラダ」です。
 レモンオイルドレッシングでどうぞ。

 今週のデザートは「いちごのブラマンジェ」です。
 なめらか真っ白ブラマンジェにいちごソースの紅白デザート。













[
by haiderinn | 2012-01-08 02:06 | こんな人たち

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくおねがいもうしあげます。

今月の末には石垣島マラソン。
ろくすっぽ練習できていないので、せめて正月休みには体重を増やさないようにしよう、と宣言していたのですが。。
やばい。
ちなみに身長はあのリオネル・メッシと同じであるとわかりました(最近本屋でみたのだ)。

休みの間は、もっぱら子どもの相手でしたね。
なかでも長男チビサク3歳はクリスマスプレゼントに祖母からもらった「ムーミン谷の冬」のDVDにすっかりはまり、毎日の

ように見ていたので、私も結構みてしまいました。
チビサクはスナフキン好きになりました。
「チビサクはよ、スナフキンみたいに自由になるんだあ」
と言ってみたり、
「ねえ、お父さん『いつ出発するの?』って聞いて」
というのでそう聞くと
「まだ決まってないんだ」
とスナフキンのセリフで決めるなど(いったいどこ行くんだよ)、トラベラーズカフェ朔の長男にふさわしい発言。
そんなことしていたら、「ほぼ日刊イトイ新聞」で作家の重松清などがムーミンについて熱く語っている特集を発見しまし

た。

「おじさん三人ムーミンを語る」

この中で重松清がいっていたのは

 「おじさんの心の中には必ず、
  1人のスナフキンがいるんだよ。」

そうですよねえ。
います。
そしておじさんだけではなくすでに3歳児の心の中にも。

さて、朔は今年2月10日で5周年を迎えるわけですが、今年も毎年恒例の周年イベントがあります。
2月後半の予定です。
お楽しみに。
で、実は朔にいらした数名の方に、
「もしかしたら、『なまけもの工房』の展示即売会をするかもしれません」
ということをお話していたのですが、都合により今年開催することはできなくなってしまいました。
楽しみにしていた方本当にごめんなさい。

さて、今週は木曜日からのスタートなので、週替わりメニューは来週いっぱい14日までのものとさせていただきます。

a0094201_12241053.jpga0094201_12242546.jpg


 今日のカレーは「豆のカレー(ムング・ダール)」から始まります。
 なくなり次第、次の「上海カレー」にかわります。
 「豆のカレー(ムング・ダール)」は緑豆のカレーでインドに行ったときには朝食に食べていたように思います。
 あっさりした味付けのムング・ダールもありますが、朔のはバターでコクをつけてあります。
 ミニ・タンドリーチキン付き。

 今週のサラダは「大根、ニンジン、カイワレのサラダ」です。
 レモンオイルドレッシングでどうぞ。

 今週のデザートは「いちごのブラマンジェ」です。
 サラダもうそうですが、こちらも紅白でめでたく(笑)まとめてみました。ミルクといちごたっぷりです。
by haiderinn | 2012-01-05 12:26 | こんなメニュー