<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

見知らぬ人に冷たくするな、変装した天使かもしれないから

悩み多き18歳のころ、英会話学校のお姉さま先生が言うには
「かわった人と付き合わなきゃだめよ」
いまだに覚えているその一言は、今の自分へと続いてきた道(たいしたものではないですが)の最初の曲がり角のひとつになった気がする。
普通に暮らしていて「かわった人」が周りに集まってくる人でもなければ、すすんでそのような人を回りに呼び寄せるというのは難しい。
「かわった人と付き合わなきゃだめよ」と言われてすぐにそんな友人ができれば世話ないのである。
ただ、その一言の前と後では心の構えがちょっと違ったかもしれない。
「かわった人」たちがたくさん現れるようになったのは結局10年後の一人旅のときになった。
旅の間望むと望まざるとにかかわらず(多くは望まなかった)いろんな人が近寄ってきたが、もしもパリの「シェイクスピア&カンパニー書店」に逗留していたならさらに変わった人物と出会っていたに違いない。

「書店」に逗留するのである。

ジョージ・ホイットマンがパリのセーヌ川を隔ててノートルダム寺院の向かいに英書の本屋を開業したのは1951年。
泊る場所のない友人たちのために店の奥にベッドをしつらえ、腹をすかせた客のためにスープをぐつぐつ煮込み、本を買う余裕のない人々のために図書館も運営した。
本屋なのに半分は図書館でさらに宿と食堂も兼ねている。
そこには有名な作家も大勢集まったが、とにかくパリで行き詰まってしまった若者も(ただの冒険気分の者も)何千人も受け入れてきた。
毎週日曜日には無料のお茶会が催され、パリでもかわった人々が集い、しばしば詩の朗読会も開かれる。
シャワーもきれいなトイレもないが無料で泊ることが許されるから、とにかくしばらくの間そこで体制を整えて社会に戻っていくこともできる。
そんなことが「シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々」という本に書かれている。
小説ではなく、作者ジェレミー・マーサー(カナダ人)の実体験によるドキュメント。
パリにはこんな本屋がある。

店主ジョージの理想を語るひと言が書店の壁に書かれている。
「見知らぬ人に冷たくするな、変装した天使かもしれないから」

見知らぬ人に接するときの心のあり方が日本人とはだいぶ違うが素敵な言葉だ。
お勧めの一冊。

なにかいつもと違った文体だが、ここからはいつも通り週替わりメニューの紹介をする。
今週は以下のメニューだ。

a0094201_10155930.jpga0094201_10173485.jpg


 今日のカレーは「タイレッドカレー」から始まります。
 なくなり次第、次の「コリアンダチキン」にかわります。
 「タイレッドカレー」は牛バラ肉のココナツミルクカレー。
 他にオクラとナスが入ります。
 辛めです。

 今週のサラダは「ニンジン、グリーンピース入りポテトのサラダ」です。
 ホワイトクリームを使ってポテサラのおいしさアップ。

 今週のデザートは「紅イモとココナツのムース」です。
 甘い香りの濃厚ムース。ラム酒のきいたクリームを添えてどうぞ。
by haiderinn | 2011-11-28 10:18 | こんな毎日

更新遅くなりました

 ブログ書き始めたのですが、内容がうまくまとまらず、といって何も更新しないでおいては読んでくださる方に申し訳ないので、ひとまずメニューだけでも。
 もしも書けたら更新します。
a0094201_03971.jpga0094201_0395047.jpga0094201_040191.jpg

 今日のカレーは「上海カレー」から始まります。
 なくなり次第、次の「タイレッドカレー」にかわります。
 「上海カレー」は豚バラ肉を使った少し辛めのカレー。
 中華スープをベースに作ったなじみやすい味のカレーです。

 今週のサラダは「ほうれん草、モヤシ、コーンのサラダ」です。
 塩とごま油でシンプルに。

 今週のデザートは「レモンヨーグルト」です。
 なめらかな濃厚ヨーグルトにさわやかなレモンたっぷり。さらにレモンソースがけのヘルシーデザートです。
by haiderinn | 2011-11-23 00:41 | こんなメニュー

野田さん 破裂しそうな顔してるけど 飛行機乗ってだいじょぶかあ?

内戦もテロもなく、国民皆保険制度で医療が受けられ、年金も僅かなりとはいえ支給され、街頭でホールドアップされるリスクもなく、落とした荷物が交番に届けられる国は一朝一夕でできたわけではない。
先祖たちの営々たる努力の成果である。
この社会的なセキュリティーを市民たちが自己責任、自己負担でカバーしようとしたら、どれほどの代償を支払わなければならないのか、グローバリストたちは考えたことがあるのだろうか。
彼らの特徴はこのような「見えざる資産」をゼロ査定することにある。
(「内田樹の研究室」より)

 という内田樹先生のTPPに関する考察に一人深くうなずいるのですが、いかがお過ごしでしょうか。
 こんばんは。カレー屋朔のブログです。

 「アジアの成長力を取り込む」というフレーズになにか手ごたえを感じているのか、頻繁にその言葉を繰り返しながらワイハへ高跳びして筋の通らんことをのたまうおっさん、どうにかして。。。

 まあ、この話続けるといくらでも疑問がわきあがってきてしまいます。
 そんな展開になると読む気も失せるでしょうから、きょうは原発の話し。
 
 うそです。

 先日NHKラジオ第一で<あなたが選ぶウルトラマンの怪獣トップ10>みたいな番組を放送していました。
 1位がバルタン星人で2位がゼットン 以下忘却

 ウルトラマンって自分が生まれる以前からやっている番組で、もう45年ぐらいになるらしいです。
 シリーズの怪獣全部入れたらたいへんなことになるのか、この番組で対象になった怪獣は「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」のものだけのようでした。
 40過ぎたおっさんの私でさえ「エース」「タロウ」「レオ」が自分の時代のウルトラマンだったのですから、この番組の対象はうちの兄のような50がらみのおっさんということか。
 「エレキング」とか「カネゴン」とか「ピグモン」とか「レッドキング」とかは自分のリアルタイムのウルトラマン体験にはいなかったのか!と知ってちょっとびっくり。

 しかし、ウルトラマン文化は強い。
 長男チビサクでさえバルタン星人は知っていますから。
 ってか自分が「怪獣やって」とせがまれたときにとっさに出てきたのが「フォッフォッフォッ」と言いながら手をハサミにするバルタン星人だったからなのですが。
 最近バルタン星人の本当の姿をしったチビサクはそれ以来なぜか「エビタン星人」と呼んで譲らなくなりました。
 
 そんなチビサクと本屋に出かけてつい真剣に見てしまった「ウルトラマン大百科」みたいな本(みたいな なのでちゃんとした書名ではありません)。
 うーん、とうなった(どうでもいい)点がいくつか。

 帰ってきたウルトラマンは初代ウルトラマンが帰ってきたものだと思っていましたが、「ウルトラマンジャック」という名前がついている別人(別マン)だったんですね。

 ウルトラマンが低迷していた(と勝手に想像しているのですが)時代に、ほとんどどさくさまぎれに作ったんじゃないかと思われるのが「ウルトラマンUSA」。
 これは番組名らしいのですが、「ウルトラマンスコット」とか「ウルトラマンチャック」とかいうウルトラマンが出てきたらしいです。
 劣化ウラン弾とか使いまくるようなウルトラマンはまさかいないでしょうから基本白兵戦なんでしょうが、「シュワッ」の代わりについつい「F○CK!」とか言ってしまうことなく闘うことはできたんでしょうか?
 それにしてもその時代、この状況をファンは許していたんだろうか?

 ウルトラマンの名前もいろいろ出過ぎて困ったのか「ウルトラマンナイス」というやつもいたそうですw
 白い歯をきらりとさせて帰って行きそうです。

 ワイハに高跳びしたおっさんも、帰ってきたらウルトラマンUSAの一人になって「悪い」田園怪獣をやっつけに来るかもしれませんが、カラータイマーは早くも黄色になってるように思えます。

a0094201_2142550.jpga0094201_216588.jpg


 今日のカレーは「豆のカレー」から始まります。
 なくなり次第、次の「上海カレー」にかわります。
 「豆のカレー」はムングダール(緑豆)という豆をたっぷり使った優しい味のカレー。
 豆が小粒で引き割りなので、豆の食感は強くありません。
 豆が苦手という方にも試していただきたいカレーです。
 スパイスの香りのバターで仕上げてありますので香ばしいですよ。

 今週のサラダは「大根、きのこ、ツナのサラダ」です。
 ゴマと生姜の中華風ドレッシングでそうぞ。

 今週のデザートは「チャイプリン スパイスクリームがけ」です。
 ミルクたっぷりの濃厚チャイをプリンにして、スパイスとはちみつで香りと甘さを加えたクリームをかけました。
by haiderinn | 2011-11-14 02:21 | こんな毎日

紅の豚をひさびさにみました

世論調査で脱原発を希望した市民が82%に対し、東電の株主総会では89%が「原発の維持/推進」。市民の100%が原発反対となったとしても原発は止まらない。(田中優)

 今週もまたいきなりですが、環境活動家田中優さんの公認ツイッターよりです。

 まあ、一般市民による脱原発の賛否はほぼ決着がついているようにも思えますが、政治に実行に移していただくために
「さようなら原発 1000万人アクション」
の署名を当店でも受け付けていますよ。

 1000万人といったら日本人のほぼ12人に1人ですから、4万8千人いる石垣市だと。。。4千人かあ。
なかなかハードル高いですが、当店ではひとまず100人めざしています。
 現在71人です。

 さて、最近長男に宮崎駿作品をレンタルしてきて週末に見せています。
 「もののけ姫」が最後にちゃんと見た宮崎作品でしたので、「千と千尋」「ポニョ」「ハウル」は自分も初めてでした。
 一緒に最後まで見ていることはめったにないのですが、何度も繰り返し見たがる息子に負けず私たち大人も何度も飽きずに見てしまいます。

 この前借りてきたのが「紅の豚」。
 息子のためというより自分が久しぶりに見たかったからですが。。。
 でも、これ三歳の子供が見てくれるかなあ、となんとなく心配だったんです。
 なぜ心配だったのか最初は自分でもわからなかったんですが、わかりました。
 40過ぎの(←たぶん)おっさんが主人公だからです。
 宮崎作品に限らず他にそんなアニメあるんでしょうか?

 が、しかし、そんな心配無用でした。
 かなりの食いつきぶり(私も。。)。
 息子がかなりの飛行機好きだからかもしれませんが、宮崎作品のターゲットの広さったらすごいですね。

 そんな中、1歳になったばかりの次男も「はっ」と動きを止めて集中したシーンがあります。
 主人公ポルコ・ロッソ(豚のおっさん)がアドリア海の自分のアジトからミラノへ飛行艇の修理に出かけた場面。
 暗い雲に覆われたアドリア海の中でそこだけ陽光が差し込んで海が鏡のように光るところへ朱色の飛行艇が通りかかる。
 セリフもなくちょっと「カルメン」のようなラテンを思わせる音楽が流れているところ(これです)。
 長男チビサクも「きれいだねえ。。」と。
 確かに。

 この作品、全編がこんな南欧の心地よさにつつまれているんですね。
 それと、おっさんが主人公でも「豚」だから子供でも見てられるのかもしれませんね。
 この声の通りのおっさん顔だと、ちょっと渋すぎてアニメにならんのかもね。

 前立ち読みした宮崎駿のインタビューで、アニメは「お話」なんだけれど、その「お話」の中で嘘のレベルを一定にしていないといけない。
 一つの作品でそのレベルが変わってしまうと見ているほうは「お話」に入り込んで行けない、というようなことを言っていました。
 つまり「豚があんなして社会で暮らせるわけねだろ!」
 みたいに、見ているほうが途中で覚めてしまってはいけない、ということなんです。
 豚が飛行艇に乗ったり、銀行行ったり、ファシスト党から追いかけられたりするわけないんですけど、嘘のレベルを一定にしていると、見ている人も不自然に思わない。
 多分それには子供も大人もないんでしょうね。

 「飛べない豚はただの豚だ」というのが有名なセリフですけど、
 「ファシストになるぐらいなら豚でいるほうがましだ」っていうのもなかなかぐっときます。

 わかりやすくて最後まで気分良く見ていられる作品かもしれません。
 皆さまのお家でも久しぶりにいかがですか?

a0094201_28176.jpga0094201_28396.jpg

 今日のカレーは「タイ・グリーンカレー」から始まります。
 なくなり次第、次の「豆のカレー」にかわります。
 「タイ・グリーンカレー」はエビ入り辛めのココナツミルクカレー。
 人気です。

 今週のサラダは「ひき肉のタイ風サラダ」です。
 他にモヤシ、ピーマン、パプリカ入り。
 ナンプラー、スイートチリソースなどエスニック風味のドレッシングで和えてあります。

 今週のデザートは「黒糖とミルクのゼリー」です。
 ちょっぴりラム酒が効いた大人の味の黒糖ゼリーとミルクゼリーの二層デザートです
by haiderinn | 2011-11-07 02:23 | こんな毎日