「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

鳥のフンに混じっている白いものはなんだと思う?

「原発止めて原始時代に戻りたいのか」という脅し文句は、「原始時代は電気がない」と、「原発がなければ電気がなくなる」という思いこみを、わざと混乱させた言い方だ。
それなら原発のないオランダは、今なおマンモスを追って暮らしているはずだ。

 また、他人のふんどしで相撲を取らせていただくようで恐縮ですが、これは、環境活動家田中優さんのメルマガから抜粋いたしました。
 バッサリ。切れ味鋭いです。

 今日はついでだから、他人のふんどしをもう一本。

 先週私が図書館から借りたと書いたカート・ヴォネガット(先週のブログで「ヴォガネット」と書いていましたが、こっそり修正済。知ったかぶりするとろくなことありません)の「国のない男」。
 これも本当に切れ味鋭い言葉が満載だったのですが、ひとつこの本のおかげで覚えた単語は「サイコパス」。

 「サイコパスというのはひとつの医学用語。賢くて人に好印象を与えるものの、良心の欠如した連中を指す言葉だ」そうです。

 「サイコパス。これ以上にぴったりくる言葉がなさそうな種類の人たちがいる。エンロンとかワールドコムとかいった企業の上層部だ。彼らは私腹を肥やす一方で、社員や投資家や国に多大な損害を与えながらも、自分たちは清廉潔白なつもりでいる。だれに何を言われようと、どんな悪評が立とうと、少しも気にしない。彼らが仕掛けた戦争で、金持ちは大金持ちになり、さらに大富豪になる。彼らはテレビ業界を乗っ取り、ジョージ・ブッシュに資金援助をする。それはブッシュが同性同士の結婚に反対の立場をとっているからではない」

 日本にもいますね。
 それまで普通の暮らしをしていた人たちに突然避けようがない危険な物質を浴びせかけたうえ、損害賠償請求用に弁護士しか解読できないような分厚い資料を送りつけて「さあ、どうぞ」というようなサイコパス。

 年間5ミリシーベルト以上の汚染地域のみ除染資金を援助しましょう、というようなサイコパス。

 人が死ぬまでに被爆しても差し支えない放射線量が100ミリシーベルトだとしたうえ、内部被爆だけで100ミリシーベルトまでOKだ、という基準を答申するサイコパス。

 原発の発電費用が、事故処理を含めても0.1円しか上昇しないということをのたまうサイコパス。

 まあ、あんまり皆様の気分を害しても なに ですから、この本の中で私がかなり受けたジョーク。

 「鳥のフンに混じっている白いものはなんだと思う?」

 なんだと思いますかみなさん?

 「鳥のフンの一部さ」

 え、笑えない?

a0094201_1435836.jpga0094201_1441942.jpg

 今日のカレーは「キーマカレー」から始まります。
 なくなり次第、次の「タイ・グリーンカレー」にかわります。
 「キーマカレー」は鶏ひき肉とグリーンピースのカレー。中辛ぐらい。

 今週のサラダは「キャベツ、ワカメ、ハンダマのサラダ」です。
 ホワイトクリームドレッシングでどうぞ。

 今週のデザートは「レンズ豆のプリン」です。
 オレンジ風味のヘルシーな豆プリンにトロリカスタードソースがけ
by haiderinn | 2011-10-31 01:47 | こんな毎日

日曜日は図書館へ

 読書の秋もすっかり深まってしまいました。
 私ども朔チームはよく図書館を利用します。
 石垣の市立図書館はとてもよい。
 新聞、雑誌コーナーの過ごしやすさといったらたまりません。
 私は、クッションがたまらなく心地よいそこの椅子に座って開館時間の10時から閉館時間の6時まですごしたことがあります。
 ほぼ寝倒しましたけど。
 まあ、そんな極楽な時間の過ごし方も子供がいなかったときの話で、そんな贅沢は夢のまた夢。
 今では夫婦交代で自分の本を借り、片方は子供コーナーでマメサク(1歳)が次から次と本棚から引きずりおろす本を直しながら、チビサク(3歳)に絵本を読んであげつつ、子供用の本を選ぶという離れ業をこなしています。
 
 活字中毒で多読の料理長は2週間の返却期限までに限度の10冊フルに借りますが、読むのが遅い私は2~3冊程度。
 お互い趣味がかなり違うのですが、前回料理長が借りた本の中に「これは、、」という本があったので、ちょっとご紹介。 

 「不味い!」 小泉武夫著 新潮社

 著者は食べ物の発酵についての学者で文筆家。
 タイトルだけで十分強烈なのですが、まえがきでまずこう来ます。
 「さまざまな不味さとの対決を通して、一体、その本質はどこに宿っているのか、また原因や要因は何なのかを知ることにより、美味さとは何であるかを知る」
 
 そして「さまざまな不味さとの対決」が言葉だけのものでないことがたとえば「不味い虫」という一章を読むだけでもわかります(というか、その章のタイトルだけでほとんどノックアウトされます)。
 
 まず「虫は、実に美味なものが多い。」と書かれてしまいます(読むのがつらくなってきた方はここでやめてね)。
 あ、そうなんすね、、、、と力なく同意せざるを得ません。
 具体例がでます。
 「美味な虫の中で特記しておかなくてはならないものはタイ北部で購入したタガメ(田亀、水爬虫)の醤油であった。ナンプラー(魚醤)の入った四合ビンの中に巨大なタガメを何匹も詰め込んで売っていた、、、。タガメ特有の強烈にして妖しいにおいが口中に広がり、いっぺんに魅了されてしまった。
 帰国後、そのタガメ醤油を一本ぶら下げていって、漫画家の東海林さだおさんと二人で会食したのであったが、東海林さんはすでにタガメ醤油の匂いの魅力を知っていて、その土産を大いに喜んでくれたのだった。」

 さすが東海林さだおと言わざるを得ません。
 「なんでも鑑定団」で「あ、それ僕も持ってます」と言ってくれる石坂浩二並みの格の違いを見せつけてくれます。
 
 さらに
 「「屁臭虫」の幼虫が極めて美味で珍味である、ということを聞き」
 、、、、もちろん食べてみるわけです。
 世の中に「屁臭虫」(へくさむし)という虫がいること自体、私たちのつまらない日々の悩みを吹き飛ばしてくれそうな事実なのですが。。。
 飲食事典には「成虫の、あの鼻のもげそうな悪臭とは全く異なり、かすかにバラの花を思わせる甘く、耽美な匂いをもち、味も甘く上品である」と書かれてあったそうです。
 そしてクサギ(臭木)の木肌に食い込んで丸々と太った「屁臭虫」の幼虫をを知人に大量に捕獲してもらい、焙烙であぶって醤油をたらして食べたと。
 その後の描写もされていますが、みなさんに読ませるに忍びないので、読みたい方は図書館へ。

 お口直しに、これも料理長チョイスの
 「半漁人伝」水中写真家・中村征夫のこと 藤崎童士著 三五館

 まだ東京ディズニーランドもない1980年代にヘドロの東京湾を撮影し続けたほかさまざまな水中写真を撮り続けている中村征夫の伝記。
 このなかで、こんなことが書かれていました。
 1990年11月「東京・大阪湾から猛毒ダイオキシン」の見出しで、環境庁が調査した結果を「日本経済新聞」が掲載。
 これに対して、環境庁は「人の健康に問題はないものの、監視を続けることが必要」と発表。
 2年後、ダイオキシンが東京湾でまた検出。
 東京都は調査結果に対し、「食べても健康に影響があるレベルではない」と発表。

 ああ、今回も同じことを言っているだけなんだな、と思わざるを得ません。

 最後に、私が今回借りた「国のない男」(カート・ヴォネガット)の巻頭のひとこと。

 「善が悪に勝てないこともない。
  ただ、そのためには天使が
  マフィアなみに組織化される必要がある。」

a0094201_2171539.jpga0094201_2174575.jpg


 今日のカレーは「ほうれん草とチーズのカレー」から始まります。
 なくなり次第、次の「キーマカレー」にかわります。
 「ほうれん草とチーズのカレー」は辛めのスパイスでバリっと仕上げた緑色のカレーです。
 お客様によってはこのカレーをグリーンカレーと思っていらっしゃる方もいるようですが、グリーンカレーといえばタイカレーのほうなのでお間違いなく。
 こちらのほうれん草のカレーもたいへんおいしいですよ。

 今週のサラダは「ベーコン、ポテト、シメジ、オクラのサラダ」です。
 マスタードヴィネグレットドレッシングでどうぞ。

 今週のデザートは「グレープフルーツゼリー」です。
 フルーティーなゼリーにミントはちみつソースがけ。
by haiderinn | 2011-10-24 02:19 | こんな毎日

今週はコリアンダチキン

すみません。
いろいろ考えたんですが、今日書くのにふさわしい話題がとうとう思いつきませんでしたので、
なにか思いついたらまた書きますが、きょうはメニューだけ。
a0094201_10551360.jpg
 今日のカレーは「コリアンダチキン」から始まります。
 なくなり次第、次の「ほうれん草とチーズのカレー」にかわります。
 「コリアンダチキン」はたっぷりの玉ねぎとヨーグルトを使ってコクをだしたチキンカレー。
 もちろんコリアンダーも葉、茎、種とたくさん使っています。
 私も昔は香菜嫌いだったので香菜ぎらいな人の気持ちはわかりますが、いわゆる香菜臭さはあまりしないと思いますよ。

 今週のサラダは「モヤシ、パプリカ、ピーマンのサラダ」です。
 レモン醤油ドレッシングでどうぞ。

 今週のデザートは「チョコとココナツのケーキ」です。
 チョコレートとココナツのあまり香りのパウンドケーキです。
by haiderinn | 2011-10-17 11:01 | こんなメニュー

すべての原発を。。。すべての原発を。。。!

 いったい他のカレー屋さんってば原発のことなんてブログで書いている人いるのかな?
と思い、ちらり検索してたところ、カレー屋さんではないですが、カレー伝道師渡辺玲さんのブログの中に、こんな写真発見。

a0094201_143430.jpg


 「すべての原発を豆腐に!!」
 
 声に出して読みたい日本語といっていいでしょう。

 「すべての原発を豆腐に!!」

 意味は分かりません。

 他にも北海道のスープカレー屋さんで「小樽アバンティ」さんという方が硬派なブログを書いておられて原発問題にも触れられているようです。

 これが「カフェ 原発」で検索すると、原発をテーマにした企画もののカフェみたいなものはありましたが、カフェ自らがブログで原発問題に触れているサイトは検索上位には見つからず、なんとなくカフェのオーナーとカレー屋のオーナーの人柄の違いみたいなものに微妙に触れる感じで面白いです。

 というわけで、前振りとは裏腹に今週は私はお店のお話をします。
 というのも、大事なことをご紹介するのを忘れていたからです。

 午後2時以降のメニューにセットメニューが加わりました。

a0094201_1282782.jpg 「朔セット」
 ミニサラダとお好きなデザートをセットにして500円です。
 といってもこれは単独でこちらのセットをご注文いただくことは想定しておりませんで、メインにカレーまたは海南チキンライスをご注文いただいたところにプラス「朔セット」していただく、というわけです。
 朔のデザートはだいたい500円ぐらいですから、デザートを召し上がっていただくならこちらがお得です。
 ミニサラダもランチのサラダよりも少し大盛りです。

 「朔セット」という名前は移動販売時代にサラダ+カレー+デザートのセットに名付けていたもので、自分たちにとってはなつかしのセット名復活なのです。


a0094201_1174296.jpg それから「タンドリーチキンセット」
 タンドリーチキンにご飯とミニサラダのセットで950円。
 これまでタンドリーチキンはカレーとは別の単品でご注文いただくことが多かったのですが、ご飯とタンドリーチキンというのはいかがですか?というご提案のセットです。
 タンドリーチキン単品が800円ですから、かなりお得なセットです。
 もちろんお肉は単品と同じ大きさですよ。

 いかがでしょうか?
 ひそかに加わっていた朔の午後メニュー。
 カレーの種類も増えたことですし(←え、知らなかった? 7種類になってますよ)、ランチ後(14:00以降)の朔もお得になりましたよ。


a0094201_119123.jpga0094201_1192168.jpga0094201_1203899.jpg


 今日のカレーは「タイイエローカレー」から始まります。
 なくなり次第、次の「コリアンダチキン」にかわります。
 「タイイエローカレー」は辛さ控えめのタイカレー。
 タイカレーは食べたいけれど辛いのは苦手と言う方にもお勧めです。
 ココナツミルクたっぷりでチキン、ジャガイモ、ナス入り。

 今週のサラダは「ソーセージとオクラ、カボチャのサラダ」です。
 ピリ辛のガーリックドレッシングで和えました。

 今週のデザートは「カルピスヨーグルトムース」です。
 なつかしいカルピス風味のふんわりムースです。プラムソースがけ(写真とはソースが違います)。
by haiderinn | 2011-10-10 01:22 | こんな毎日

今年も運動会 チャッチャチャチャ

a0094201_9554479.jpg 1年は早いものです。
 今年も行ってまいりました。運動会(←今日はあっちの話じゃないんです)。
 しかも今年はチビサク、マメサク同日開催。アウッ!
 実はふたりは別々の保育園に通っているんですよ(認可に入れただけラッキーなんですが)。
 その距離、約5km。車で15分。
 石垣では一般にこれを「遠い」と表現します。
 
 やむを得ず、父→チビサク 母→マメサク とマンツーマンで対応することに。
 ただし、マメサクはまだ0歳のひよこ組なので、最初にお遊戯と障害物競走(?)を済ませたら出番終了。
 料理長がマメサクを引き連れてチビサクの会場に駆けつける、ということだったので、カメラも料理長に譲りました。

 さて、一年経ってチビサクがどれだけ成長したか、去年もやった石垣市の歌を見ればわかるはず。
 石垣市の小旗を両手に持って踊るチビサク。お、いいぞ。
 しかし、途中で旗をぼんやり眺めに入る。。。
 B型だな、きっと。。。

 
a0094201_9554865.jpg かけっこ。
 去年は走るかどうかさえ怪しかったけど、今年はどうでしょうか。
 お、一応走った。。が、嬉しそうにいちばん最後にゴールイン。
 お父さんと違って草食系になっていきそうな予感です。

 まあ、やる気のないことはやらない、という性格を前面に出しながら、無難にこなした感じですが、頑張りました。

 そして、本日のメインイベントは、父兄によるリレー。
 昨年、足をからませて転びそうになった私に代わり、今年は料理長がエントリー。
 リス組の4番手で登場。
 なんとトップでバトンが渡りました。
 しかし、後ろから猛烈に追い上げてくるウサギ組。
 それでもなんとかリードを保ち、、、
 しかーし、第4コーナーで見事な転倒!
 期待にこたえてくれました。


a0094201_956839.jpga0094201_9561857.jpga0094201_9563343.jpg
 今日のカレーは「上海カレー」から始まります。
 なくなり次第、次の「タイイエローカレー」にかわります。
 「上海カレー」は豚三枚肉を使用したポークカレー。
 中華スープをベースに中華スパイスも加えた朔の中では異色のカレー。
 日本のカレーにも似て食べやすい味が好評です。
 少し辛め。

 今週のサラダは「キノコと豆のマリネサラダ」です。
 レモンヴィネぐレットドレッシングでどうぞ。

 今週のデザートは「黒ゴマプリン」です。
 黒ゴマたっぷりヘルシーデザートです。
by haiderinn | 2011-10-03 09:59 | こんな毎日