<   2007年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ゲンキ&クール

a0094201_10455425.jpga0094201_10461626.jpg
時間がないのでまず写真だけ。この写真みただけで今日の内容がわかる人もいるかもしれませんが。あとで更新します。

 とまあ、こうしているうちに丸一日たってしまい昨日のブログを翌日書いています。
 写真左は、石垣ではおなじみ「ゲンキ クール」。
 内地の方はご存じないかもしれませんが、「マミー」みたいなもんと言えばお分かりでしょうか。乳酸菌飲料というのでしょうか。
 北海道にも「カツゲン」といって似たような飲み物がありますね。
 最近はあまり飲んだ事がなかったのですが、まだこちらに住んでいなかったとき、旅行なんかで八重山に来ていた頃は、朝ごはんのときに菓子パンと「ゲンキ クール」という具合にお世話になりました。
 ゲンキ乳業という会社がつくっている製品で他に牛乳もあるんですが、目立つのがかわいい子供のマーク。
 最近は、このマークがついたT-シャツも売っているぐらいです。
 写真の右は、先日友達のIちゃんが宮古島に行った時に買ってきたゲンキ牛乳。石垣にはないビンのタイプ。
 で、よくみると子供の絵が微妙に違います。
 顔をよくみてみましょう。。。。石垣の子供は
a0094201_943266.jpg

 そして宮古の子供は
a0094201_944312.jpg

 答え。
 髪型が違います(微妙に目と鼻も違います、、、ってーか顔全体が違う)。
 実は他にも、石垣の子供は靴を履いているが、宮古では裸足だったりします。
 同じゲンキ乳業のマークでも微妙に違う。だからなんだ?
 まあ、いいじゃないですか。
 へー、で。

 11年前の今日。1996年9月30日。旅の131日目。パキスタン ラワールピンディから動けない。
 昨日は耳かきをしたが、今日はひげをそった。ボーボーに生えていたやつをそり大分すっきりした。
 同室の人も体のだるさを訴えている。いったい何なんだろう。
 自分は、少しずつよくなっていて、向いの商店に買い物にも出れるようになった。
 それで思い切って夕方町の中心部サダルバザールへ夕食にでかけたが、でかけた3人ともふらふらしていた。自分もまだ宙に浮いているような感じだった。
by haiderinn | 2007-09-30 10:47 | こんな毎日

三代目サンダル

a0094201_10212845.jpg またしても、仕事場ではくサンダルを新しいものにしました。
 好きで新しいものにしたわけではなく、前のサンダルのそこに穴があいたからです。
 今年の7月7日に「サンダルリニューアル」という話を当ブログに書いていますから、前のサンダルは3か月もたなかったことになります。
 今回も、また右足の親指の付け根の部分に穴。
 ちなみに最初に履いていたのは、ちゃんとしたWALDIESの製品でしたが、それも5か月で穴。
 クロックスとかWALDIESとかはどうしても3000円台なので、こんなに早くダメになってもらっては困るわけで、やむなくパチモンを900円ぐらいで買った前回なのですが、安かった分寿命も短かったのか?
 それでも、デザインと機能の面からいってこの手のサンダルが一番いいので、またしてもパチもんを探しました。。。。が、石垣からパチモンがすっかりなくなっていました。あるのは本家本物ばかり。
 いやあ、困ったなあ、と思っていたところ、友人のIちゃんが旅行先の宮古島で発見!
 お土産に買ってきてもらいました。
 うーん、石垣はエスカレータがないから巻き込まれる危険はあんまりないんですが、こう簡単に穴が開く方が問題。でも自分の足が特殊なんだろうなあ。。。

 11年前の今日。1996年9月29日。 5月23日に出発した旅の130日目。TRAVELERS' CAFE 朔誕生の元の元になった自分のユーラシア大陸の様子を書いています。
 この日もまだパキスタン ラワールピンディ。
 インドで出会ったセージとフンザで一緒になったシンちゃん。二人でこの先しばらく西へ向かう。今日、自分より一足先にイランへの国境に向けて出発。
 薬のおかげなのか、体調がずいぶん良くなってきた。久しぶりにシャワーを浴び、異様に臭いからだを洗い流した。
 自分は、あろうことか耳かきを持参していなかった。この日、人に借りて旅に出て以来初めてほった。ほってほって、またほった。
 大物がザクッとでてきて、たまらなく気持ちよい。
 教訓。たまに貯めておくのもいいかも。。。ではなく、長期旅行に耳かきは持っていくべし。
by haiderinn | 2007-09-29 10:41 | こんな毎日

今週の週替わりメニュー

a0094201_1334554.jpg はい、今週も朔の一週間が始まります。金曜日から水曜日までの週替わりメニューです。
 今週のカレーは「タイ・グリーンカレー」です。みなさんタイカレーと言えばグリーンカレーをイメージされるようで、よく「グリーンカレーはありますか?」と尋ねられます。
 ようやく回ってきました。海老のはいったココナツミルクのカレーです。辛口ですが、ココナツミルクのまろやかさもありますよ。
 今週のサラダは「サツマイモとカボチャのチーズサラダ」です。サツマイモとカボチャのほっくり感に、レモンマヨネーズとチーズを合わせたちょっとこってり目のサラダです。
 今週のデザートは「洋ナシと桃のゼリー」です。たっぷりフルーツが入ったゼリーにオレンジリキュールの香りでさわやかに仕上げました。
 よろしくお願いいたします。

 11年前の今日。1996年9月28日。旅の129日目。 パキスタン ラワールピンディ。
 泊っている「ポピュラーイン」は安宿としてバックパッカーのメッカのようになっていた。
 よく屋上で「パーティー」と呼ばれる催しが行われて、ときどき誘われた(断ったけど)。
 「パーティー」と称して行われていたのは、いわゆるガンジャパーティーだった。
 ガンジャというのはインドの言葉だろうか。日本語では大麻。
 大麻の是非についてはいろいろ言われている。
 禁断症状もなく、他人に害を与えるような行動をおこさせることもないので禁止にするのは憲法違反だという意見。それとは逆に妄想や異常行動を引き起こして普通の社会生活を難しくする、という意見。
 自分がその種のあつまりに加わらなかったのは、なんといっても逮捕されたら馬鹿らしいから(パキスタンで大麻を吸うことが違法かどうかよくわからないが)。
 そして、旅の間に大麻を吸うという行為が妙にダサいことのように思えたから。ヒッピー気どりというか。から騒ぎというか。
 そんなことで自由になった気になるのはニセモノだ、という気もした。
 バックパッカーと呼ばれる人が、その種の行為をする人とイコールと思われるのも嫌だった。
 結局いまだに大麻を吸ったことがない自分は、大麻は危険だという既成概念に縛られたままだ、と言えるかもしれないけれど、まあそれはそれでいい。吸いたいと思わないし。そんなに不自由ではない。
by haiderinn | 2007-09-28 02:15 | こんなメニュー

ナイン ストリングス

a0094201_22361489.jpga0094201_22364022.jpg
 昨日は4時でいったん閉店させていただきました。というのも午後7時から貸し切り営業となったためです。
 貸し切りで行われたのは「ナイン・ストリングス 十六夜ライブ」。
 「ナイン・ストリングス」を知っている方は、おそらくほとんどいらっしゃらないでしょう。
 なにせデビューしてませんから。
 三線とギターの男性二人ユニット。3+6=9ストリングス ということだと思います。
 石垣在住の二人ですが、久米島の某リゾートホテルのCMソングに彼らの作った曲が使われています(残念ながらそのCMは石垣では放送されていない、とのこと)。
 実は明日、彼らは久米島に行き、そのホテルでライブを行います。朔では、そのホテルでの本番ライブに向けてちょっと練習というか実験をしたい、とのことで、彼らの友人を集めてライブを行いました。
 なんでも、二人で石垣で本格的なライブをするのは初めてとのこと。うちの店もこうした形でライブイベントをするのは初めて。記念のライブとなりました。
 二人とも三線のバックグラウンドがある、ということもあり最初の曲は「赤馬節」。古典民謡です。
 といっても、内地にお住まいの方はわからないかもしれませんが、古典民謡の演奏会などがあるときは、最初の一曲目(座開き)というのは、だいたい決まっていて、この「赤馬節」かまたは「ばすぬとぅるぃ(鷲の鳥)」のどちらかが演奏されます。
 それからたっぷりほぼ一時間、9曲ほど聞かせてくれました。カバー曲もありましたが、ほぼ彼らのオリジナル。石垣島の悲しい昔話「マーペー」のことを歌った歌や、戦時、波照間島から西表島に強制移住させたれた人たちの悲劇の碑「忘勿石(わするないし)」の歌、沖縄の基地問題をからめたメッセージソングなどなど、地元の文化、歴史などを題材にした曲が中心です。
 とてもいいのは、彼らの声。聞いていて気持ちがいい。
 民謡をやっていることと無関係ではないでしょう。
 ことばもシンプルですっと心にはいってきます。
 MCは危なっかしいものでしたが、なかなかの実力を見せたナインストリングスの二人でした。
 いずれまた朔でライブをやってくれる、というナインストリングス。
 BIGになって帰ってきてくれ。

 11年前の今日。 1996年9月27日。旅の128日目。パキスタン ラワールピンディ。
 体調は少し回復したが、トイレに行くだけで気分がわるくなる。
 昼は本当に暑い。フンザの山の中とは大きな違いだ。
by haiderinn | 2007-09-27 23:15 | こんな毎日

そばの月見

 本日は貸し切り営業があるため、通常営業は4時までとさせていただきます。よろしくお願いいたします。 

 昨日は中秋の名月ということで、例によって片付けが終わった深夜、月を見にちょっとでかけてみました。
 場所は真栄里ビーチ。石垣全日空ホテルの目の前にあるビーチです(プライベートビーチではありません)。
 このビーチ、昼間来てもあんまり面白くない所なんですが、ひとけのいない夜にこうして月でも見るのにはとてもいいところだということがわかりました。なにせ近場にあるので。
 満月にはちょっと欠ける月でしたが、まぶしいぐらい白い月。
 寝転がって雲が通り過ぎたりするのをバカ話したり、料理長の「月や浜節」を聴きながら見るというのは、なかなか楽しいものでした。
 途中で守衛のお兄さんがやってきて、もしかしたらヤシガニが産卵するかもしれない、と教えてくれたのですが、残念ながらそれはなし。
 今度は流星群とか見るのにここに来てみよう。
 
 11年前の今日。1996年9月26日。 旅の127日目。 パキスタン ラワールピンディ。
 薬はもらったものの、すぐには症状がよくならず、昨日の晩はついに嘔吐してしまった。
 眠れずに夜をすごし、明け方ようやくうつらうつらしてくると、突如どデカイ音で起こされる。
 「アラーーーー、アクバル!」
 このポピュラーインのすぐ隣にはどうやらモスクがあるらしく、イスラム教徒にお祈りの時間を教えるアザーンという坊さんによる一種の歌声というか読経というか、そういうものがスピーカーからどデカイ音量で一日数回流れてくる。
 まずは早朝の一発目がこの明け方の時間というわけだ。
 せっかく寝れそうだったのに、またこれで眠れなくなった。
 そうして、また暑ぐるしい一日が明けていく。
 その日はもう一度もどしてしまった。
 当初予定していたクエッタという次の町への移動も当然ながら延期。
 ポピュラーインに延泊。
 自分の他にも、同じような症状で具合が悪くなる人が数人いるという話を聞いたが、もしかしたら宿の食事になにか入れられていて、延泊させるようにしむけているのではないか、という噂もあった。
by haiderinn | 2007-09-26 10:37 | こんな毎日

赤のティラミス

 告知です。明日26日(水)は夜から貸し切りがあるため、午後4時までの営業とさせていただきます。申し訳ありません。

a0094201_107418.jpg 石垣市が地元特産のフルーツパパイヤを使ったデザートレシピを募集したなかから選ばれたレシピを元に開発した「赤のティラミス」。
 石垣空港で一日250個ずつの限定発売です。
 先日宮古島に行ったIちゃんがお土産にと買ってきてくれました(売っているのは石垣ですよ)。
 ずっと食べたかったんですけど、2個入りで800円の値段がちょっとだけ敷居高し。
 ティラミスはスポンジケーキをコーヒーに浸した上にマスカルポーネチーズを使ったクリームが乗っているイタリアのケーキなのですが、この赤のティラミスはそういったケーキとはまったく違うものです。
 いわば「赤のティラミス」という名のパパイヤゼリー。
 石垣のフルーツパパイヤは赤いのが特徴だとか。
 自分は青いパパイヤしか使ったことがないですね。
 パパイヤをゼリー状にしたものの中に、石垣産島豆腐の豆乳とマスカルポーネを使ったクリームが入っています。ここにマスカルポーネが使われているのでティラミスの名をつけたのでしょう。
 さて、お味は。
 おいしいじゃん!
 「おいしいじゃん!」というのは、周りがこの赤のティラミスに対する評価が厳しく、予想以上にうまかったので。
 ほかの人が言うには、
 「豆乳の味が強すぎる。もっと洋酒の味をきかせるなどすればいいのに」
 「パパイヤの味がいや。ドレッシングにしてしまえ」
 など。
 厳しいなあ。自分はこころざしが低いのか、十分うまいと思いましたよ。
 一日250個を売って、こないだ空港にいったときに「完売」の札があがっていました。
 すごいなあ。
 でも、石垣の名物にしようとする意気込みだけど、場所を限定して発売しているこの商品で潤っているのは一体誰?

 11年前の今日。 1996年9月25日。 旅の126日目。 パキスタン ラワールピンディ。
 自分の様子があまりにもおかしい、と同じ「ポピュラーイン」に泊っているセージとHさんが病院に連れて行く、といいだした。
 英語の通じる立派な病院が隣町の首都イスラマバードにはあるらしい。
 小一時間でイスラマバードへ。
 病院につくと、大勢の患者が順番を待っているようだった。
 自分は立っているとめまいがしてくる。
 セージとHさんは、こりゃ普通に待っていたのではいつになるかわからん、と、どこからとってきたのか車いすを運んできて、自分を無理やり乗せ、車いすを走るように押しながら救急外来の受付に運んだ。
 むちゃくちゃだ。
 そのときもあまりのむちゃさに半笑いの状態で運ばれたが、今思い出しても無茶苦茶なやり方だ。
 しかし、それですぐに診てもらうことができた。
 肝炎じゃないか、と気がかりだったが、幸いそうではない、ということ。
 何か説明してくれたが、なんだかよくわからんまま、とりあえず薬をもらって帰った。
 セージは今では海外駐在でメーカーの営業新規開拓をやっているが、この日本人離れしたいい加減さと行動力がちょうどいいのかもしれない。
by haiderinn | 2007-09-25 10:33 | 島のこんな話題

なつかしおかし

a0094201_10303181.jpga0094201_10304814.jpg 子供のころ、たまーにおやつとして登場したレモンケーキ。レモン風味の甘いコーティングの中にカステラ。妙に好きでした。そしてなぜか必ずピッカピカの銀色の包みに入っている。今思うとチョコレートの銀紙と同じで溶けるのを防止するための包みなんでしょうね。
 そのレモンケーキ、こちらに来てからよく見かけるようになりました。「○○商店」とか「××ストア」とかいった小型のスーパーのようなお店がこちらにはとても多いのですが、そんなお店に置いてあるのです。菓子パンコーナーとかに。
 5個入りとかで売っていて、いつも食べようかなあ、と思いつつも食事にはならないし、おやつに買うのも多すぎるし、と思って買えないでいたところ、先日友達が買ってきてくれました。
 おお、なつかしい。レモンのコーティングにくるまれているから、ずっと持っていると、その部分が少し溶けてくるんだよねえ、などと話しながら例の銀色の包みを開けてみると、、、、、
 あらら、レモンのコーティングが上にしかついてない!!
 むむむ、昔ながらの値段を守るためにコーティングが半分消えたのか、それとも、ここでは昔からこういうものだったのか、かるいショックを受けつつ口の中へ。
 うーん、もうちょっとレモンの香りが強かったような気もするが、、、やはりコーティング不足か?
 いや、このメーカーのだけかもしれないし、他のも買ってみます。

 11年前の今日。 1996年9月24日。 旅の125日目。 パキスタン ラワールピンディ。
 体の調子は依然として悪い。ただの風邪とはちょっと違うようだ。 
 体を起こしているとめまいがしてくる。だから飯を食うのもしんどい。
 横になるとそれはおさまる。
 考えてみると、4ヶ月の旅の間、しょっちゅう体調を崩している。
 南京から重慶までの船のなかで食当たりを起こしたのをはじめ、チベットでは軽い高山病、バラナシで発熱、南インドで謎の腹痛。
 それでも全然帰る気とかは起きなかったし、何か重大な病気になるかもしれない、という恐れもおきなかった。その辺の感覚は完全にマヒしていたようだ。
 帰るとすれば、保険の効かない虫歯治療のみと思っていたので歯はちゃんと磨くようにしていた。
 それにしてもしんどい。
by haiderinn | 2007-09-24 10:43 | こんな毎日

小さな訪問者

a0094201_1091773.jpga0094201_952403.jpg 朔の店の裏には、いくつかハーブの鉢植えがあり、たとえばミントなどがほしいときには、そこから摘んでくることになっています。
 最近、とても勢いよく伸びているのがバジル。あっという間に大きくなってきて立派な葉を頼もしく茂らせるようになってきました。
 ところが、その葉っぱがどうも食われてる。
 よく見かけるのがバッタ。
 かなり旺盛な食欲らしく、2枚ぐらいかなり深く食いあとがのこっています。バジルが強烈な香りで引き寄せるんだろうなあ。
 そして、右の写真のカマキリが最近やってきました。
 カマキリは肉食ですから、このバジルにやってくる他の昆虫を待ち伏せして食っちゃうのでしょうか?バッタも?
 でも、このカマキリはまだとても小さく、バッタに蹴飛ばされて吹っ飛びそうなぐらいです。
 何を狙ってるのだろう?
 こんな小さな世界に食物連鎖がちゃんとあります。
 このカマキリ、とりあえず名前を「ラビット」とつけました。

 11年前の今日。1996年9月23日。 旅の124日目。パキスタン ラワールピンディ。
 再びポピュラーインへチェックイン。熱は下がらず。
 会社の休暇を使って旅に来ていたマスターはこの日帰国。
 ちなみに、現在そのマスターが11年の間にこしらえた奥さんと子供二人を伴って石垣島に来島中。
by haiderinn | 2007-09-23 10:19 | こんな毎日

いいんですかあ?

a0094201_10104614.jpga0094201_1011530.jpg お店をやっていると、いろんないただきものをするので、よくこのブログのネタにさせていただいているのですが、先週来ていただいたお客様から、「こんなものいただいていいんでしょうか?」というものをいただきました。
 ユニクロのT-シャツです。内地から観光にいらしたお客様で、もう石垣はなんどもいらしていらっしゃる方なのですが、なんでも当ブログをお勤めの昼休みにときどき見てくれているとうこと。
 それで、今回は朔にお立ち寄りされたということです。が、そんな初めてきたお店の私たちにこんな立派なお土産をお持ちになるなんて。。。恐縮です。
 その方は、さすが石垣リピーターの方だけあり、こちらの事情をよくご存じ。ユニクロのようなお店がないから、ユニクロの商品をお土産にすると喜ばれる。だから毎回持っていらっしゃる、ということでした。
 鶴とトラという和柄T-シャツでした。ありがとうございます。Mさん。

 11年前の今日。1996年9月22日。旅の123日目。パキスタン ギルギットからラワールピンディへ逆戻り。
 昨日の熱がとれず、体はだるいまま長距離移動となった。夜行バスというのは来た時と同じ。
 このあたりはインドとの国境紛争地帯で、途中検問が数多く設置されている。夜中であろうとなんであろうと、検問所ではたたき起こされ、名前とかパスポート番号とかいろいろ書かされる。同じことを毎回書かされるのですっかりパスポート番号を覚えてしまう。
 カーブが連続する山道とこの検問が弱った体にはきつかった。
by haiderinn | 2007-09-22 10:25 | こんないただきもの

今週の週替わりメニューご紹介

 台風だと騒いでいるうちにカメラの修理が無事終わり戻ってきました。
 a0094201_9475542.jpga0094201_9482989.jpga0094201_949145.jpg

 金曜日から始まる朔の週替わりメニューのご紹介です。今週のカレーは「上海カレー」。豚バラ肉入りの中華風カレーです。というと不思議そうな顔をされるお客様がいらっしゃるのは、きっと「中華風カレー」というのがわかりにくいからだと思うんですが、中華スープを取って使っているのと中華スパイスを少し使っているので中華風なのです。東京の中華料理屋さんで出していたカレーがおいしかったので、自分たちでも研究して作ってみたものです。
 今週のサラダは「きゅうり、わかめ、ミニトマトのサラダ」です。彩り鮮やかなサラダをレモンが香るドレッシングでどうぞ。
 今週のデザートは「杏仁ゼリー 杏入りキンモクセイソースがけ」です。なめらかな杏仁ゼリーに一足早い秋の香りキンモクセイがほのかに香るソースでいただきます。
 今週もよろしくお願いいたします。

 11年前の今日。 1996年9月21日。 旅の122日目。 パキスタン カリマバードからギルギットへ移動。
 パキスタンには日本製の中古車が多く走っている。中古車でさらに業務用の車として使われていたものだ。だからたとえば「飯坂自動車学校」とか「ゆとりの里」とか「宮城運送」とか書かれたまま走っている。
 パキスタン北部のこのあたりの公共交通手段は、来る時に使った大型バスの他に「スズキ」と呼ばれるものがある。日本のスズキ自動車の軽トラの荷台を客席に改造してバスにしたものだ。
 帰りはこのスズキに乗った。着席方向が横向きで、外は後ろ方向しか見えない。
 来る時は上り坂だった道をギルギットまで下っていくが、下り坂が続くところでは運転手がエンジンをきってしまう。ガソリン代節約なのだろうが、エンジンブレーキとか全く考えていない。
 横向きで座り続けるのはきつかったが、バカ話をしているうちにギルギットに到着。
 来た時と同じ宿に泊まった。
 夕方、ゾクッとしたかと思うや発熱。布団にもぐりこむ。
by haiderinn | 2007-09-21 10:05 | こんなメニュー