<   2007年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ハイダーイン

 昨日きたお客様の一組が今度お家を新築するということで、業者の方を連れて相談がてらお昼ご飯を食べにいらっしゃいました。
 いいなあ、一軒家。持ち家なんて店持ったばかりのうちらにはまだまだだけど、瓦屋の一軒屋借りて住んでる人とかうらやましい。それでも内地にいたときには一軒家借りてたんです。家賃高いから友達3人で借りてました。普通のアパート一人で借りるよりちょっと安くて、ちょっと面白い暮らしでした。そのとき借りてた家には「ハイダーイン東京」なる名前がついていた。このブログのログイン名はそこから来ています。表札つけていたら、いつのまにかゼンリン住宅地図にまでその名前が載っていてビックリ!歩いて地道に調査してんだね、ゼンリンさん。
 で、「ハイダーイン」っていったい何?旅好きの人ならもしかして知っているかも。パキスタンのフンザ地方、カリマバードという村にある宿の名前。今はどうなっているかわからないけど、その当時は、部屋の前からヒマラヤの大眺望とフンザの渓谷、杏の林やのんびりと広がる畑なんかが見渡せる贅沢な宿だったなあ。もちろん安いんですけどね。そこにはハイダー爺さんと自分たちが勝手に呼んでいるお爺さん(に見えたけど年齢不詳)がいて、「フンザブレッドを食うか?」とか、昔経営していたと思われる「フンザ・イン」という宿は「もうなくなってしまった」とか、多分英語で話せることがそれぐらいしかなく、毎回同じことを言ってたような気がするな。食事は宿代とは別だったけど、何食食べたかはチェックアウトするときの自己申告制。なんていい人。イスラムの人たちが旅人をもてなす心なのかな。そんな宿にたまたま居合わせた3人の男たちが帰国後「共同生活してみるか」といって暮らし始めた家につけた名前が「ハイダーイン東京」なのでした。そんな自分たちの家なので旅仲間がよく集まり楽しかったな。その後料理長もハイダーインに住むようになったのでした。いまどきそんな暮らしはシェアハウスとかいうらしいね。下がハイダーインの前での写真。ハイダーインのメンバーはこの中にいます。ヒゲの爺さんがハイダー爺さん。といっても右から2番目の方のヒゲの人ではありません。それは、、、、オレ。
a0094201_99508.jpg

 話を最初に戻して、お家を新築する方はどうも朔の内装を気に入ってくれて、参考にする、ということらしいです。嬉しいなあ。塗装も自分たちでやる、ということで塗料のことなどちょっとお話しました。朔は、大工のサブちゃんが床、カウンターなど木工造作部分を作ってくれた後、自分と料理長で塗装をしたんです。プロの店「名嘉商会」でVATONという塗料を購入して床、カウンターなど塗りました。こんな風に↓
a0094201_903422.jpg

カウンター塗り完成、やった!(小人がジャンプしているようにも見える)
a0094201_912144.jpg

床もこんな具合
a0094201_922768.jpg

 名嘉商会の方がいうには塗るときはどんなものでも「2度塗りが基本」ということで、床は結局三回塗りましたが、他は必ず二度塗りを実行。そうするとペンキが乾くのを丸1日待たねばならないので塗り終わりまで結構時間はかかったなあ。テーブルやカウンターの上には更に保護剤を塗ったり(これも2度塗り)。名嘉商会の方にはいろいろとアドバイスいただきました。ありがとうございます!
by haiderinn | 2007-02-28 09:11 | こんな店作り

幸せな放課後

 昨日の晩は早くあがれたので(夜のお客様が少なかったのね)、久しぶりにDVDでも観るか!ということになりました。本当に久々だなあ。何ヶ月も前に「ロシアン・ドールズ」観て以来。
TSUTAYA行くと見たい作品がたくさんあったけど、内地にいるとき見逃したオドレイ・トトゥ(アメリですよ)出演の「堕天使のパスポート」を選択。
 仕事が終わってDVDを観れる時間があるなんて、何という幸せ。シャワー浴びて、経理済まして、スタンバイ。再生!うーん、カッコいいオープニングだ(いや、普通か)。映画の出だしはいつもワクワクするぜ。映画館で観ると、この前に更に予告編があってそれも楽しみだ。たまーに、午前中の上映時間に行ったりすると、いきなり本編から始まることがあり損した気分になるよ。料理長なんかも予告編好きで予告編だけで泣ける、というコストパフォーマンスのよさをほこる。興奮しすぎじゃねえか?
 約110分、集中が切れることなく観れました。面白かった、っていっていいのかな。描かれているのが、ロンドンの悲惨な不法滞在者、不法労働者の姿だからなあ。それにしてもトルコ人の不法労働者役のオドレイ・トトゥが、なまりのある英語(地なの?)を話すのがまた可愛いぜ。途中でスーフィーダンスみたいなのを踊ってたけど、トルコ人って本当にあんなにして踊るのかな?
 観終わって冷静になると主人公のナイジェリアからの不法滞在者の医師(俳優名はしりません)のスーパーマンぶりや、ストーリーの勧善懲悪っぷりがハリウッド映画のような嬉し恥ずかしさを感じさせるけれども(BBCの関連会社がつくった英国映画のようです)、このぐらいわかりやすいスリルとサスペンスでわたくしは十分楽しめるのでした。次は何観っかなあ。いつ観れっかな?
 勝手に映画の画像入れると怒られそうなので画像無し。
by haiderinn | 2007-02-27 09:29 | こんな毎日

カレー戦士「パパダム」 朔とはちがうのだよ、朔とは!

 朔がお世話になった人というのは、それこそ大勢いるのですが、この人のことも語っておかねば。沖縄本島名護市にあるカレー店「パパダム」の店長Y氏。
オープンして2日目、連休を利用して本島からわざわざやってきてくれました。これまでもメールでスパイスのこと仕入れのこと、経費のことなどさんざん相談してきましたが、今回もいろんなスパイスわざなど先輩として伝授してもらったなあ。この人はとても研究熱心。そしてカレーがうまい。名護に行くことがあれば、是非「パパダム」に行ってください。名護交差点から市役所方面へ向かい、右手。商店街の屋根がなくなる手前にあります。下が2006年の夏頃の「パパダム」のメニューですが、
a0094201_9224729.jpg

 チキンカレーが東インド風と南インド風の2種類あった!なんとマニアックな!そんな店都会でもなかなかないぞ。そして週替りカレーが多彩です。何十種類もあるので、何回行っても違うメニューに出会うことができるでしょう。それから、写真が見づらいですが、チャイの値段を見てください。
150円!自販機並に安いぞ!でも、もちろん、ちゃんと作ってんですよ。
 Y氏とは旅友達。私と料理長が大阪南港から上海へ向かう新鑑真号というフェリーに乗っていたときに出会った人です。はげ、失礼、スキンヘッドで何か近寄りがたい雰囲気を感じていたのですが、話してみると印象とはまるで違っていてすぐに意気投合。上海から近くの蘇州への小旅行にも共にでかけました。Y氏は中国では僧侶とよく間違われる、といっていましたが、確かにスキンヘッドの中国人は坊さんぐらいなものなのか。その後、自分たちと別れ3泊4日のウルムチへの長距離(っていうか長すぎねえか)列車の中で全ての荷物を盗まれながらも旅を続け無事生還するという強靭ぶりもみせています。
 帰ってきたら、いつの間にか、競走馬を育てる牧場にいたり、気づくと八百屋になっていたり、油断していると名護に引っ越していたり。思い立ったらすぐ行動のこのひとは、「名護でカレー屋をやる」といい始めたと思ったら数ヵ月後には本当にオープンしてしまっていた。そしていまやとってもうまいカレーをつくっています。朔の心の姉妹店ともいえる名護「パパダム」へ、是非おいでください。
by haiderinn | 2007-02-26 09:38 | こんな人たち

ドシロウトの独り言

よく、「これ自分で作ったの?」って店の内装のこと聞かれるんですけど、さすがにこんなにきれいな出来上がりはドシロウトの自分らにはムリってモンです。床もカウンターも自分でつくった、という飲食店経営の方もいらっしゃったので、ちょっと作り方をいろいろ調べたりしてもいたんですが、最終的には作りは大工さんに任せ塗りは自分たちでやろう、ということになりました。なぜそうしたか、というと信頼できそうな大工さんに出会ったというのが決定的な理由でした。玄米カフェslowのアイコさんを通じて紹介してもらった大工のサブちゃんが来たのは12月のはじめごろ。実際の作業は12月の後半からになること。作業は2週間の予定だけれど、年始に内地に里帰りするから1週間は作業できないこと。など、先の見通しがすっきり見えるような話しっぷりがとても信頼できました。ああ、この人なら任せられそうだ、と感じ、すっかり自分で床張ったりカウンター作ったりする気がうせました。
 実際、サブちゃんに任せてよかった。こちらのイメージが伝わるだけでなく、サブちゃんの側からもいろいろと提案してくれたり。そしてなんといっても作業が早かった。自分で作っていたらきっといまだにオープンできてなかったですよ。
 床だって、水平をどうやってとるんだろう、と悩んでいたはずなのに、プロの手にかかると
a0094201_9143154.jpg

こんなR2-D2みたいな機械でぱっとできちゃう。床の下地だって
a0094201_916194.jpg

バン、バン、バンって次々に打ちつけちゃう。コンプレッサーもドリルもない自分では同じことをやろうとしたら道具からそろえないと。で、
a0094201_9172397.jpg

あっという間に床できあがり。厨房との仕切りの壁だって
a0094201_918219.jpg

ささっと。カウンターだって
a0094201_9282792.jpg

はい、できあがり。
a0094201_9284032.jpg

ここまでほぼ1週間。はやー。さすがプロだねえ。毎日見に行くのが楽しみだったなあ。
自分たちは、と言えば、床を張る前に壁の漆喰ぬり(トイレと同じ「うまーくヌレール」でね)をした後は、店舗の中はサブちゃんに任せて他の準備に集中することができました。
やっぱプロは違う、とつくづく思わせる仕事っぷりでしたよ。
by haiderinn | 2007-02-24 09:24 | こんな店作り

シナモンアップルコンポート

 なんか寒いねえ。昨日は23度あったらしいけど、全体的に曇っていてときどき雨なんかも降り、もりあがりにかけた定休日でした。そんな中料理長が厨房で履くクロックスがほしい、とのことでちょっと買い物にでました。私のはWALDIESなので「おそろいはいや!」ということらしく、あえてクロックスだそうです。まあ、自分としては、単に軽くてはきごごちがいいサンダルっつうことで、どっちでもいいんですけど。
 それでゆいロード沿いの去年できたお店CUCUL(つづりあってたかな?ククルです)にいってみました。するとあららー!田舎モンの自分たちは全く知んねがったー!いろんなデザインがあっぺしたあ!いつの間にかオーソドックスな型以外のものもたくさんあったのでした。やばい、と悪い予感。料理長は買う物がなかなか決まらないやつなのだった。ただでさえいろんな色があるのにデザインまで選べてしまっては、、、絶対に長くなる。。。。案の定、あれやこれやとためし履きしはじめ、、、。でも案外すぐに的が絞られたようだ。というのもクロックス、あんまり人気商品でほとんど店頭の分しか在庫がない、とのこと。丁度よいサイズのものがあんまりなかったのでした。一番気に入った色とデザインのものはサイズが合わず、本日は一旦撤収。ほっと胸をなでおろす。
 あらタイトルとは全くかけ離れた内容になってしまった。今日から折を見てすこしずつメニュー紹介してみようと思ってたのに。
 「シナモンアップルコンポート」というメニューは実はないんです。メニューには「コンポートとアイスクリーム」ってな具合に出ています。コンポートの中身が季節の果物によって変わる予定だからです。今はりんご。こうした説明が不足しているせいか、また、もっとアジアンなデザートの方が興味をそそるのか、コンポートを注文されるお客様が今のところあまりいません。でも、うまいので食べてほしい!アイスと一緒に召し上がっていただいてもよし、コンポートだけでもOK。このメニューは移動販売やってたときからありましたが、さすがにそのときはアイスクリームはつけられなかった。お店ならではの提供の仕方ができて嬉しい。週末から気温もあがるみたいだし、いかがでしょう(下が商品の写真です)。
a0094201_915766.jpg

by haiderinn | 2007-02-23 09:15 | こんなメニュー

三線の日まであと11日

 仕事を終わって家に帰りラジオをつける。「えいよー!べ、べ、べん、べん、べん。」って「民謡でちゅううがなびら」の再放送がはじまります。夜中に聞く三線と沖縄民謡、それから何いってんのかよくわからんことも多い島くとぅばのトーク。心地いいです。ってな事書くとたいへんな沖縄フリークの移住者のようにも思われますが、内地に住んでいながら自分たちよりもずっと八重山や沖縄のことに詳しい人たちはきっとたくさんいるはず。ただ、料理長は内地にいるときから三線習っていました。三線が習いたくて通った教室の先生がたまたま竹富出身で八重山民謡を教えていたんです。移住先に石垣を選んだ大きな理由の一つでもあります。
 沖縄フリークではないですが、ラジオ派ではあります。内地では軽トラで移動販売をしていましたが、乗っていた朔号ではラジオしか(しかもAMしか)聞けなかったこともあり、移動中はラジオ。「テリーとうえちゃんのってけラジオ」のステッカーとか持ってたな(どうやって手に入れたんだっけな?)。メールを送ってビール一箱あてたこともあった。仕込み中オーディオのないところで聞こえてくるのもやはりラジオでした。聴いていたのはJ-WAVE。東京のローカル放送局ですね。「グルーブライン」毎日聴いてたよ。ピストン西沢元気かな。渋谷HMVスタジオに見に行ったこともあったよ。秀島ふみかの顔がイメージと全然違うことにショックを受けて帰ってきたさ。こっちに来てから店作りの間はラジオしかなかったので、昼間は「ティサージパラダイス」聴きながらペンキ塗り。かかる曲がダセーんだ。なんてったって「ビバ!昭和!」だかんね。ジングルが「ロマンティックがとまらない」だかんね。昭和な私にはたまりませんわ。
 まあ、こんな一面もある朔なのです。
 ラジオの話なので画像無し!
by haiderinn | 2007-02-21 09:25 | こんな毎日

いただいてばかり

 朝起きて店にでるまでの間にブログを更新することが多いので、話題がどうしても昨日のことになりますが、、、昨日はこんなでした。
 お店をあけて12時を回っても、全然誰も現れない。「まあ、月曜日だからね、切手はりはりでもしましょう。」とあきらめて、遠方の友達への開店お知らせの封筒に切手はり(今頃ですが)をして12時も15分ぐらいになろうとするときに、ようやくお客様一組目。2年前の10月、移住するために石垣での家探しに来ていたときに泊まっていた素泊まり宿「おやど」のおばちゃんとおっちゃん、娘さんでした。「おやど」はカフェタニファの向かい側。場所もよく、なんといっても安い。個室なのに5泊(訂正7泊)以上すると一人1500円で泊まれちゃう。そして適度にかまってくれます。くつろぎルームで客同士テレビを見ているときに、なにげなくおばちゃんから差し入れがあったりして。いい宿でした。そんな「おやど」の方々が食べに来てくれただけでなく、おばちゃんからこんなものをいただきました。
a0094201_9112218.jpg

手づくりおひなさま。おばちゃん器用なのでいろんなもの自分でつくってる。ありがとう!
 さて、「おやど」の皆さんが帰ってまたシーンとしていたら、1時ごろになって急にお客様が次々にやってきた。今日は知り合いがたくさん。そしていろんなものをいただきました。
a0094201_9161874.jpg

これは、お客様というよりいつもスパイスを買っている地母屋(じいまみや)さんから開店祝いとしていただいたハーブの鉢植え。かわいい。地母屋さんの近くに去年の暮れできた赤瓦家を改造した花屋さん「mano」さんから買ってきてくれたそうです。
a0094201_9192057.jpg

私が前に働いていたホテルのフロント仲間で私より一足先にホテルをやめて福岡に帰っていたナベちゃんがひさびさに石垣に帰ってきて、店に遊びに来てくれました。佐賀名産の「真蟹漬け」のお土産。ご飯にもお酒にもあう少し辛いものだそうです。カレーばかりのまかないなので、こうしたものは嬉しい。
a0094201_9224643.jpg

同じホテル仲間からなぜか人形焼。
a0094201_923297.jpg

写真が悪いんですが、このパンはとってもとってもうまい!米原にある海がバーンと見えるパスタ屋「やしの実」の奥さんがもってきてくれました。私たちがこちらに移住する以前からとてもお世話になっているご夫婦です。パスタももちろんおいしいんですが、一緒についてくる自家製のパンもいつも楽しみにしています。先週ご来店いただき、そのときにパンの話をしたら、さっそく持ってきていただきました。まかないでいただき写真は半分食べた後のもの。すみません。
 あ、それから写真とるの忘れたけど、友達のコウキ君が実家で飼っている鶏の産みたて卵をもってきてくれた。お昼のまかないは卵かけご飯にしました。しつこいようですがカレーばかりの毎日にはたまらん味でした。
 結果的にいそがしい一日になりました。みなさまありがとう!
by haiderinn | 2007-02-20 09:32 | こんな毎日

ご予約のお客様

 いやあ、何かちゃんとしたレストランみたいだねえ。混みあってる店みたい。昨日はご予約いただいたお客様にいらしていただきました。いや、他の席は全部空いてたんだけどさ。
 来ていただいたのは玄米カフェslowのあいこさんとお友達。このあいこさんには、開店前からたいへんお世話になりました。自分たちがまだお店作りを自分でやるか、お金を出してちゃんとしたところに頼むかさえ迷っていた頃の話。気に入ったお店の人に店作りをどうやったか、直接聞いてみよう、ということで何軒かのオーナーにお話を聞きました。その中のひとつが玄米カフェslow。料理長は前々からこのカフェにちょくちょくお邪魔していました。置いてある本が自分の趣味と合う!といっては何冊も貸し出ししていただいて(店に置いてある本を貸してくれるんです!)何週間も返さずご迷惑をかけたりしてました。それで、slowさんの内装はどうやったんだろうか。ずばり聞いてみると、あいこさん、聞いたことは何でも教えてくれるんですね。なんといい人!そのときslowさんの内装をした、という設計事務所をご紹介いただきました。リラックスできるslowですが、その後店作りに入ってからなかなかお邪魔する機会がなくなってしまい、最近足が遠のいています。しかし、あいこさんの方からこちらに来ていただきました。ありがとうございます。
 で、あいこさんから紹介していただいた設計事務所から来てくれたのが大工のサブちゃん。いちおう店の簡単な設計図みたいなものは自分で書いていたので、設計やデザインの部分は抜きで最初から大工さんとの話になったんです。このサブちゃんがまたいい仕事をしてくれます。一番いいのは、工期をまもってくれる。だって他の店の人の話だと予定の工期を何ヶ月も延ばされた、ということのも聞いていたので。そしてこちらの意図が伝わること。このサブちゃんがいなければ今の朔の内装は全然違うものになっていたかも。
 そのサブちゃんも偶然昨日きてくれました。自家製のビーフジャーキーをお土産にくれた。昔は料理の仕事をしていたとか。さりげなく自分でつくったビーフジャーキーを持ってくるなんて、かっこよすぎる。
 このあいこさんとサブちゃんという朔の恩人二人が来てくれた昨日のできごとでした。
 (写真なし、地味でスマン)
by haiderinn | 2007-02-19 08:58 | こんな毎日

初めての日

何が初めてかって。今日はお客さんの中にもともとの知り合いが誰一人いなかったんだよな。いや、別にしょげてるわけではなく、「ひとり立ち」みたいなほこらしさ(大げさか!)を感じたんだね。
 今日はこんな出会いがありました。近所でスキンダイビングをやっているという「あおい」さん。3人連れで来てくれて、カレーを気に入ってくれたようです。あおいさんのブログにも紹介していただきました。石垣にいると海にいく機会が減りますね。島に3件しかないというスキンダイブの店。友達が来たときにでも利用してみたいです。
 それから、最近できたあやぱにモールの素泊まり宿(タウンパルやまだの2階)からお二方。お店の番をしている仲間の皆さんにテイクアウトできるようにお弁当容器を用意してほしい、というリクエストがありました。近日ご用意いたしましょう。場所いいですよね。何でも自分たちで作っているという宿だそうです。元バックパッカーの私たち二人としても気になるところです。
 バックパッカーといえば、もう一方、今日で2回目のお越しとなるAさん。パッカーらしい感じが全くしないのですが、ずいぶんアジアを中心に旅しているそうで、今度は旅の話でも盛り上がれそうです。
 さて、今日は予告より1時間長く営業していましたが、18時で早終いさせていただきました。それというのも、実は、ハナレグミ ライブ @すけあくろ に行ったからです。友人がチケットを取ってくれてね。倍率高いところもぐりこむことができました。気分よかったなあ。前から3列目でした。贅沢だねえ。ライブというもの自体ひさびさだったな。あ、三線の演奏会とかは行ってるんだけどね。それを抜きにして。
 ハナレグミ、最初はたいして知らなかったんだけど、おととし、まだ東京にいる頃、小金井公園というところでハナレグミのフリーライブを見にいってからずいぶん聴くようになりました。そのときは、ちょっと天気悪かったけども、野外ライブはやっぱ気持ちいかった。しかも無料。その日の帰りもカレー食ったなあ。
 明日は通常通りの営業となります。
by haiderinn | 2007-02-18 01:53 | こんな朔

本日5時閉店

 開店したての店で生意気ではございますが、今日は17時で閉店させていただきます。土曜の夜は新しいカレー屋で食べてみよう、と万一思ってらっしゃる方、すみません。
 そういえば、、、と今更気づくことが多いブログ初心者なのですが、メニューの紹介をしていませんね。TRAVELERS’ CAFE 朔は11:30から21:30まで(ラストオーダー21:00)途中休まずに営業しておりますが(いや、たまに、ごくたまに17:00でしまりますが)、14:00まではランチタイムです。ランチの時間はカレーとサラダ、デザートがセットになっていてどれも750円。ドリンクも少しあります。それ以外の時間はカレーに加え、海南チキンライスがご飯ものに加わり、タンドリーチキンやパパドといったインド風のおつまみもあり。あ、生ビールサーバーもおいてますから。他に私たちが移動販売の時代から出していたアジアのデザート、ドリンクなんかも取り揃えています。
 ざっと紹介すると以上のようなものですが、だんだん細かくお話していきましょうね。
 カレーは4種類あります。チキンカレー(辛め)、ベトナムカレー(ココナツミルクベース、中辛)、野菜カレー(辛味なし)、それに週替りのカレーです。今週の週替りカレーは「ほうれん草とチーズのカレー」。ほうれん草のペーストをたっぷり使っているスパイシーなインド風カレーです。カッテージチーズが乗せてあるので適度にマイルドになっています。あー、写真撮るの忘れた。写真で紹介せんと。ド素人ですみません。
 ランチにつくデザートとサラダも週替りです。今のところ週替りメニューは朔の定休日にあわせて金曜ごとに替える予定です。ちなみに今週のデザートはインド風濃厚ヨーグルト、サラダはベーコン入コールスロー。週替りカレーが野菜のカレーなのでサラダにはベーコンを使いました。
 食べ物の写真の代わりといっては何ですが、お店の写真をもう少し撮ってきたので、遠方の方のためにも少しアップしときますね。
a0094201_995660.jpg

テーブルは4卓あります。手前の大きいのは大工さんがつくってくれたもの。他の机はネットオークションで落札しました。ランプは中東風なものが多いです。夜の雰囲気がいいと思うんだけど、夜の営業時間はたいして長くないんですよね。
a0094201_9125673.jpg

友達のミッキーがプレゼントしてくれたステンドグラス。ミッキーの友達がステンドグラス作家なんです。朔は移動販売のときからこの三日月をモチーフにロゴマークつくってましたから、それを入れてデザインしてもらいました。このステンドグラスのおかげで、通りがかる人が何だろう?と見てくれる。とっても気に入っています。
a0094201_915582.jpg

この窓辺にかかっている暖簾。これも友達のユカちゃんのプレゼント。なんと自分でリサイクルシルクというものを使って作ってくれたもの。所々にいろんなモノが編みこんである可愛い暖簾です。ヒッピー風な感じがTRAVELERS’ CAFE朔にぴったり。これもとても気に入っています。
a0094201_9181624.jpg

暖簾の反対側の窓はこんな感じ。格子棚をはめ込みました(大工さんが)。自分の家にあった雑貨と本を並べてあります。本は旅モノ、料理モノ、写真集なんかが多いですね。
 メニューや店においてあるものを紹介していくととても一回のブログにおさまりません。折を見て少しずつ紹介していきます。
by haiderinn | 2007-02-17 09:20 | こんな朔