「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:こんな人たち( 85 )

田中優さんのメルマガより

 環境活動家田中優さんの最新のメルマガが来ていました。
 どうしてもできるだけ多くの方に読んでいただきたくて、そのままコピーして掲載させていただきます。
 たまたま訪れて方もぜひ読んでみてください。

 それで、そのコピーのあとにいつものブログを少々。では、また下で。

*******************************************

 新年、あけましておめでとうございます。
 しかし今年は「おめでとう」と言いにくいという賀状もたくさんあり
ましたね。でも新たな年を生きて迎えられたことを喜ぶ意図でしょうか
ら、おめでとうございます。

 でも新年早々、うれしくない話です。

 「収束宣言」なるものが、まともにモノを考えていない人たちから発
表されていました。細野原発担当大臣は、「住民が追加で避難しなけれ
ばならない事態はもう絶対起こらない」と言ったそうです。
一方で東京電力西沢社長の年頭あいさつは、
「(昨年は)天地がひっくり返った1年だった」と述べたそうです。

 「あんたが言うな!」と思うんですよね。交通事故の加害者が、
「天地がひっくり返った」とは言わないでしょ?
 しかも東京電力は、除染についても「ボランティアで協力したい」
「お手伝いしたい」と言っているのです。
「誰のせいだよ!」と突っ込みたくなります。要は責任を取らなきゃ
いけない加害者だという意識がないんです。

 これって日本によくあることですね。戦争責任にしたって、誰もが
「その時代には反対できなかった」とか、「せざるを得なかった」とか
言って、誰もが主体的に動いていなかったと責任を逃れています。
いや、違いますね、主体的に判断しなかったことが犯罪なんです。

 原発を推進してきた人たちの大半もまた、こんな無責任な人たちです
ね。安全委員の長だった斑目氏は、ばりばり業界から寄付金を受け取っ
ておいて、ばれると「私は変な使い方をしていないから、みなさんに判
断してもらえばいい」と言ってます。 いや、もらうこと自体が問題な
んですよ。みなさんの判断じゃなくて、あなたの無責任極まりない行動
が問題なんです。

 そして収束宣言して「避難は絶対起こらない」と言った直後の元旦、
関東を地震が襲ったわけです。地震はわずか震度4、日本じゃさほど驚
かないレベルです。ところがそこから、福島第一4号炉の冷却水の漏れ
が始まったわけです。これ、政府は「最も核燃料の溶融が懸念された
4号機について耐震補強工事を施すなどし、こうした(危機的な)事態
は回避された」と言っていたんです。今回の冷却水漏れは、4号炉が
地震で傾いたことが原因と見られています。
「耐震補強工事を施し、危機は回避された」んじゃないんですか? 
また「想定外」なんでしょうか。
 そっちは想定外でも、「最も核燃料の溶融が懸念された4号機」であ
ることは変わらないわけですよね。

 みなさん覚えていますか? 4号炉が爆発したとき、この原発は稼働
していなかったんです。原子炉の隣にある「使用済み核燃料のプール」
に置いてあった、冷却中の使用済み核燃料が水を失って熱くなり、燃料
棒を覆っているジルコニウムが溶けて水素を発生させたんです。それで
爆発したんです。

その冷却水が今、漏れているんです。爆発して、どこまで核燃料が溶け
たのか、まだ分からないままです。しかもその位置は、原子炉の高さと
同じ高さにあります。この4号炉が崩れ落ちたら、核燃料がそこらに散
らばってしまいます。誰ももう冷却できません。メルトダウンして、
チャイナシンドロームになるのは避けられないじゃないですか。
それが「最も核燃料の溶融が懸念された4号機」なんです。
 それを管理しているのが「絶対起こらない」という政府の細野原発担
当大臣と、自分の責任だと思っていない東京電力なんです。
危険だと思いませんか?

 「耐震補強工事を施した」と言われても、震度4で影響が出ちゃう対
策ってどんなもんなんですか?近所のボロ家だって傾いてないっすよ。
これが怖いんです。あなたたちが信頼できないんです。言ってる端から
ボロが出てるじゃないですか。ジンクスで言うなら、「住民が追加で避
難しなければならない事態」はきっと起こるでしょう。毎回裏目に出て
いますから。

 ぼくは2011年3月15日朝に流したように、もう一度「できるだけ避難
を」というメールを残念ながら流さなければならなくなるかもしれませ
ん。今すぐではないですが、準備をしておいてほしいと思います。日本
は地震の極めて多い国です。しかもその地震の数は、2000年以降は桁外
れに多くなっています。

震度4で傾いて水漏れする原発が、今後も無事であると予想するほうが
難しいです。しかも使用済み核燃料の束は、1,331体もあるんです。
こいつが頭から降ってきたら、もう無理ではないですか? 
日本の中だけで避難しても足りないかもしれません。運が悪ければ、
核爆発するほどの量です。
 1月5日の夜には、福島県の中通りのほうに震度4の地震がありまし
た。かすってるじゃないですか。原発のある浜通りまであと少しです。

 この使用済み核燃料を、一体ずつ抜き取って、別な場所に、安全に管
理しなければならないと思います。収束宣言は、それからにしてくださ
い。核燃料がどうなっているのかわからないのに、収束宣言するのはば
かげています。もっと責任感を持って、もっと真剣に考えてください。

 日本は原発を建てたときから、地震と津波に関しては保険を掛けられ
ませんでした。確率が高すぎるからです。しかも今回の事故を「津波の
せい」にしようとしてます。「千年に一度の津波」だと。でもそれもウ
ソですね。 IAEA(国際原子力機関)に報告した津波高は「14~15
メートル」ですが、それは水が上がった「侵入高」でしょ? 津波は
波の高さである「津波高」で言うことになっているんです。今回の津波
高は7メートル程度です。昭和8年にも同程度の津波が東北に来ている
じゃないですか。百年も経っていないんです。
それでも「千年に一度」ですか?

 ぼくらの将来をなくすのは、政府や東電のような「無責任と不真面目
さ」のおかげだと思います。しかし私たちも反省すべき点があります。
「自分で判断してこなかったこと」です。
考えるのをあきらめて、どっかの無責任な専門家を信じて、自分の生命
に対して無責任な態度をとってきたことです。

 とりあえず避難できる準備をしてください。仕事も学校も家も何も捨
て去る準備を。
今の福島第一4号炉の状態は、それほど危ういと思います。


*******************************************

はい。
こんな内容の後になんなのですが、ちょっと正月らしい話題。
移転したばかりの旧消防署で出初め式が行われたので見てきました。
出初め式と言えば、あれですね。
梯子の上で、「よっ」と決めるやつ。
あれを生で見たのは初めて。
子供に消防車など見せるつもりで行ったのですが、こちらが大喜びでした。
料理長から「撮りすぎ」と言われるほど写真とってしまったので、連発でどうぞ。

a0094201_1145611.jpga0094201_115143.jpga0094201_115441.jpg
a0094201_115661.jpga0094201_1158100.jpga0094201_1151192.jpg
a0094201_1151458.jpga0094201_1151667.jpga0094201_1151818.jpg
a0094201_1152110.jpga0094201_1152565.jpg


興奮つたわりますでしょうか?
でそのあと、なぜか「かんぜんのんなっかんのん す~ばる~」と中島みゆきの歌が流れる中を、旧消防庁舎に向けて放水。
a0094201_1195314.jpg
 クライマックス感あふれる出初め式のおしまいでした。

今週は先週と同じ週替わりメニューとなります。
a0094201_11113330.jpga0094201_11114765.jpga0094201_12543387.jpg



 今日のカレーは「豆のカレー(ムング・ダール)」から始まります。
 なくなり次第、次の「上海カレー」にかわります。
 「豆のカレー(ムング・ダール)」はスパイスの香りをつけたバターで仕上げた香ばしいカレーです。
 ミニ・タンドリーチキン付き。

 今週のサラダは「大根、ニンジン、カイワレのサラダ」です。
 レモンオイルドレッシングでどうぞ。

 今週のデザートは「いちごのブラマンジェ」です。
 なめらか真っ白ブラマンジェにいちごソースの紅白デザート。













[
by haiderinn | 2012-01-08 02:06 | こんな人たち

そろそろ家具のメンテナンス

 陰暦では閏五月の五日。
 石垣の日の入19時36分、月の入23時14分。
 昨晩18時45分に、「もしや」と思い南西の空高く見上げてみたら、ああ、すでに月。
 四日の月にしてはやけに細い月が白く輝いていました。
 日没の約一時間前。
 まだずいぶん明るい時間でした。
 昨日書いた方向はだいたい合っているようでしたが、今日はもう少し早めの18時半ぐらいに見てみましょう。
 
 さて、朔も開店から2年4か月が過ぎ、少しずつですがくたびれてきたものがあります。
 毎日お客さんが座るイスもそのひとつ。
 座面が擦り切れてきたものがでてきました。
 このイス↓
a0094201_9553142.jpg


 涼しげな座面でよかったんですが。
 やむを得ず二脚だけ張り直してもらいました。
 
 
a0094201_9565118.jpg


 落ち着いた色でかわいい柄。
 これもいずれなじむでしょう。
 こんなとき、自分で何でもやってしまうすごい人がいますが、私はそんなに上手にやる技術も根性もないのですぐにプロの手にゆだねてしまいます。
 このイスを購入した「工房くろさわ」さん。
 アメリカ軍の住宅から出た中古家具を扱うおそらく石垣で唯一の店。
 本島ではさすがにその手の店は多いらしいですけど。
 頼りになりますよ。
 こちらでは欲しい家具がなかなか手に入らないので、「工房くろさわ」さんがあってよかった。
 それで、こうした修理もササっとしてくれます。
 新川の新しいエネオスを北に入ったところにあります。
 車だとエネオス側からは進入禁止。
 裏側の2号線沿いの「みやら美容室」の近くに看板がでています。
 ぜひどうぞ。
by haiderinn | 2009-06-27 10:06 | こんな人たち

前花雄介さんが絵本を出しました

a0094201_10122257.jpg 陰暦では皐月の二十三日。
 石垣の月の出は明日の0時30分。

 朔で3度ライブをしてくれた前花雄介さんが本を出しました。
 「小さな島のある物語」。
 もともとは野底のマーペーという山に伝わる悲しい伝説です。
 その伝説をもとに前花さんが「小さな島のある物語」という歌を作ったのですが、今回はその歌を絵本に仕立てたものです。
 歌詞と場面ごとの絵を前花さん自身が描いてつくられています。
 伝説は古典民謡「つぃんだら節」にもうたわれているのですが、この絵本についているCDには「小さな島のある物語」と「つぃんだら節」の2曲が収められています。
 前花さんと多宇円(たうまどか)さんの演奏。
 
 この絵本発売を記念してライブが行われます。

 日時:6月19日(金) 20:30~
 場所:メガヒットパラダイス
 チケット:1000円

 絵本は朔でも販売しますよ。
 定価1500円。
 島からの新しいお土産としてもいかがでしょうか?
by haiderinn | 2009-06-15 10:25 | こんな人たち

アルメニアに本を送る会

 陰暦では皐月の十日。
 石垣の日の入19時28分。
 月の入 明日の2時23分。

 久しぶりに世界地図を広げてみました。
 アルメニアという国の場所を確認するためです。
 「南西アジア」というページにありました。
 カスピ海があって黒海がある。
 その周りにはイラン、トルコ、ロシアと大きな国があり、それらに囲まれるように小さい3つの国があります。
 「黒海」といえばお相撲さんですが、その出身地グルジア。
 私も13年前に行ったことがあります。
 その他に、アゼルバイジャンという国とアルメニアという国があります。
 日本との結びつきは少ないこれらの国ですが、その中のアルメニアに日本の本を送ろうとしている人たちがいます。
 実は以前書いていた「11年前の今日」という自分の旅日記に登場する(→こちら)ハセガワ君が「アルメニアに本を送る会」なる組織を発足したのです。
 数年前アルメニアを尋ねた彼は、日本語を学んでいるたくさんのアルメニア人たちと出会いました。
 こんなところに日本語を勉強している人たちがいるのか!
 日本大使館もない、日本人旅行者も数少ない、日本との接点が見つけにくいアルメニアで熱心に日本語を勉強していました。
 旅行者としてやってきたハセガワ君ですが、アルメニアの日本語教室で日本語を教えることに。
 その経験がその後日本語教師という道に進むきっかけとなりました。
 これまで世界のあちこちで日本語を教えてきた彼ですが、アルメニアの人々のことを忘れられず、乏しい日本語環境をなんとか充実させたいという思いでこの会をたちあげました。
 日本語を学んでも現地で活用できる機会の乏しいアルメニアの人たちがどうして日本語を学ぶのか?
 「アルメニアに本を送る会」の趣旨説明書によりますと、「日本語や日本文化に対する純粋な興味や憧れ」があるからなんでそうです。
 ただ、せっかく勉強したくても教材がない。
 日本の情報に触れる機会がない。
 そこで、
 ・辞書(国語・漢和・露和・和露・英和・和英)
 ・参考書、テキスト、問題集などの日本語教材
 ・児童書、絵本、マンガなどの読みやすい図書
 ・日本及び日本文化紹介に有用な雑誌や写真集(例:旅行、武道、料理など)
 ・日本の文化、歴史、地理に関する図書
 ・小中学校の、国語・社会・音楽・美術の教科書
 ・日本の音楽のCD、日本の映画・ドラマ・アニメなどのDVD・ビデオ
 ・日本及び日本文化紹介に有用な写真やポスター(例:風景、浮世絵など)
 ・折り紙、紙芝居、紙人形などの日本文化紹介資料

 などを集めています(どんな本でもかまわないわけではないようです)。

 またアルメニアに本を送る費用を必要としているため、趣旨に賛同していたける方に年会費1000円で会員を募集しています。

 石垣では朔がまとめて「アルメニアに本を送る会」の事務所へ本を送付しようかと思っていますので、上記のようなものが余っていたらぜひご持参願えれば助かります。
 その他会員になりたいがどうしたらよいかなどご質問があれば朔までご連絡くださいませ。
by haiderinn | 2009-06-02 10:30 | こんな人たち

お店訪問 MAD TEA PARTY さん。

 陰暦では皐月の八日。
 石垣の日の入19時27分。
 月の入 明日の1時15分。
 八日の月はほぼ半月。

 ずっと行ってみたかったパスタ屋さん「MAD TEA PARTY」さん。
 行くたびに定休日でふられ続けていましたが先日初めて入ることができました。
 車の通りがあまりない静かな場所。
 緑に囲まれています。
 
a0094201_9472389.jpg


 この緑が店内の雰囲気をとてもよくしているんですよね。
 大きい窓から緑の光。
 静かな音楽。
 響き渡る子供の声。。。すみませんemoticon-0139-bow.gifemoticon-0139-bow.gif
 
 パスタが10種類ぐらいはあるランチメニュー。
 自分は基本の自家製トマトソースのパスタにしました。
 サラダもついています。
 ゆっくりと出てくるパスタ。
 
a0094201_108989.jpg

 きれいな盛り付けです。
 白いのはモッツァレラ。
 トマトソースはあっさりとしていて酸味がきいていておいしい。
 そして何よりもパスタのゆで具合が丁度いいなあ。

 満足して終わったらコーヒー。
 そしてランチにはついていないのですが、黒板に
 「かぼちゃプリン」とあったのでそちらを注文しました。
 
a0094201_1014570.jpg

 うわ!
 たのんでよかった。
 非常にクリーミーでカボチャの風味もたっぷり。
 大満足です。
 これで1000円ちょっと。

 こんないいお店が家の近くに。
 今度は別のパスタも食べてみたいです。
 いしなぎ屋さんの横の道を坂道を上がる方向へ行くとすぐですよ。
by haiderinn | 2009-05-31 10:19 | こんな人たち

ひげ選手権

 陰暦では皐月の七日。
 石垣の日の入19時27分。
 月の入 明日の0時39分。
 昨晩月を見たときはすでにかなり西に傾いていてオレンジ色になっていました。
 あんな月はちょっと怖い。

 先日ラジオを聴いていたら「世界ひげ選手権」なるものがあると言っていました。
 ひげのマスターとしては聞きづてならず、映像でどんなものか確認。

 おお、思ったよりすげえ。
 ただ長いとか量が多いじゃだめなんだな。
 ひげの先をいくつかにまとめて猫のひげのようにするのはいけてる。 
 ロンドンブリッジ(だとラジオで言ってましたが)とか横に伸ばすタイプは電車の中ではかなりうるさがられそですが、普段はやってないんでしょうか。
 なぜか全員が白人。
 日本人ならもっとおもしろいことやりそうですが。。
 自分は2か月ぐらい延ばして2cmぐらいにはなったことはありましたが、そのまま伸び続けるかどうかは未知の世界。
 自分のひげがあんなに伸びたらカレー鍋に入らないように横に伸ばすタイプかまたは全部顔を覆うタイプにします。
by haiderinn | 2009-05-30 09:44 | こんな人たち

カフェSENさんの昼ごはん

 陰暦では卯月の二十九日。
 石垣の月の出4時25分。
 陰暦の当月は二十九日で終わり。
 明日は皐月の朔の日です。
 なので明晩は朔でキャンドルナイトやります。
 
 そういえば「カフェSEN」さんの朝食のおかゆの話をしたっきりランチのことを書いていませんでした。
a0094201_1023395.jpg 「さんぴん塩ぶた丼」。
 「さんぴん」はさんぴん茶(ジャスミンティー)で、聞いて確認したわけではないですが、多分ゆで豚を作るときにさんぴん茶を入れて臭み抜きにしているのだろうと思います。
 石垣では豚と言えば三枚肉(バラ肉)で「豚の三枚肉丼」なんかはよくあります。
 あのこってりの味もすきなんですが、SENの「さんぴん塩ぶた丼」はそれとは対照的に豚肉たっぷり使っているのにさっぱり食べれます。

a0094201_1095035.jpg 「ひよこ豆のカレー」。
 やっぱりカレー頼んじゃうんですよね。
 うちでは豆カレーといえば緑豆の「ムング・ダール」ですが、この「ひよこ豆カレー」も豆カレーの中ではポピュラーなもの。
 最初はとっても辛く作っていたそうなんですが、あまりに「辛い!」と言われるので少しマイルドにしたそうです。
 食べやすいおいしいカレーでした。
 玉子をいつ潰すかが難しい(笑)。
 ご飯は雑穀米。
 他にも「冬瓜の冷製スープパスタ」(かなりおすすめ)や「そぼろ温玉丼」などがありますよ。
 どちらかというと女性が好みそうなメニューがそろっています。


 さて、その「カフェSEN」さんで本日23日より6月20日まで彫刻の展覧会があるそうです。
 冨長敦也さんという方の「千の翼」というタイトルのもの。
 「お手にとって鑑賞してください」と書いてありますので実際触ることのできる彫刻みたいですよ。
 「カフェSEN」さんは月曜定休。
 朝7時から夜6時までの営業です。
 沖銀の西側、「みっちゅう」の裏側です。入口に看板あります。
a0094201_1022073.jpg

by haiderinn | 2009-05-23 10:22 | こんな人たち

「岩山義重」展をご案内します

a0094201_836531.jpg 陰暦では卯月の二十四日。
 石垣の月の出1時28分。
 久しぶりの雨の朝。
 五月に入ってから雨降ったことあったかなあ、というぐらいよい天気が続いていました。
 しかし、今日から崩れる天気予報。
 いよいよ梅雨入りということでしょう。
 
 さて、今日は東京で行われる友人の個展のご案内。
 第5回「岩山義重展」。
 イワヤマ君として「11年前の今日」のコーナー(昨年まで書いていた旅日記よ)に登場した彼とは旅友。
 美大を卒業したばかりだった彼がこんなに立派な日本画家になるなんて。
 お寺の天井画を描いたりパリで個展をやったりとその経歴だけ見ると少しまぶしい存在になっていますが、話せば若いころとそう変りなく気さくな人です(昔のほうがおとなしかったかな)。
 去年石垣に来て話をした時には
 <見て単純にきれいだなと思える絵>
 を描いている、とのこと。
 現代美術は(たぶん)頭でっかちで一般人の私なんかからは遠いところに行ってしまっていたりしますが、この<単純にきれいだなと思える絵>というものに回帰する傾向もあるそうです。
 それは9.11の事件があってからのことなんだとか。
 最近の作品は実物は見ていませんが、写真やこうしたDMを見ると
 「わあ、きれい」
 という言葉が確かに出てしまいます。
 この絵は「暁」というタイトルで160×60cmという堂々の大きさ。
 東京方面在住の方々はぜひともご覧になってください。

 5月30日(土)から6月7日(日)まで紀尾井アートギャラリーにて開催されます。
 11時から5時30分(入場は5時)まで
 紀尾井アートギャラリーのHPはこちら
by haiderinn | 2009-05-18 09:13 | こんな人たち

「イッツスマイル」さん 一周年 おめでとう

a0094201_9552054.jpg 陰暦では卯月の九日。

 俺は法律を破るぜ
 義理も恩もへとも思わねえ YEAH
 責任逃れをするぜ
 俺を縛ることなどできねえ
 だって俺は自由 自由 自由
 汚ねえこの世界で
 いちばんキレイなもの
 それは俺の自由 自由 自由

 RCサクセションの「自由」。大好きです。
 「忌野」なんて名前がついてるのに家の前に「忌」なんて貼ってあったらシャレにしか思えないですね。
 味方の大事な人を失ってしまった感じです。

 さて、昨日はお隣のパン屋「イッツ スマイル」さんの一周年記念でした。
 早いですねえ。
 店の前に行ってみると、、、なんとバルーンアーティストが。
 たくさんのバルーンをつくって準備万端。
 すげえ。
 中にお邪魔すると、これまたたくさんのバルーンやお花に囲まれて、スマパン特製メロンの森のメロン亀(↓)。
 朝の4時過ぎまでかかって作った大作でした。
 一周年、おめでとうございます!
a0094201_10135099.jpg

by haiderinn | 2009-05-03 10:15 | こんな人たち

写真展のお知らせ。ただし朔でではありません。

a0094201_0483246.jpg 本日は、東京、大阪方面で当ブログをご覧の方にお知らせ。
 友人が写真の個展を開催します。
 
 まずは、すでに開催している
 岡本真菜子ちゃんの「リルケ」展。
 左は床にパスタを落としたわけではなく、DMを写したものです。
 写真が悪くてすみません。
 
 4月29日水曜日まで代官山の「GALLERY SPEAK FOR」にて。
 11:00~20:00(最終日は18:00まで)。
 28日の19:00-19:30までスライドショー上映もあり。
 岡本さんは「装苑」「CUTIE」「天然生活」などの雑誌で活躍中です。
 作品として撮影しているのは日常の中に溶け込んでいるものや子供の姿などで、ぬくもりのある写真だと思います。
 写真集「AISATSU」は朔にも置いてありますのでよかったら手に取って見てください。
 「GALLERY SPEAK FOR」のサイトはこちら


a0094201_1152624.jpg 続いて村田卓也さんの「住み慣れた家」展。
 4月28日(火)から5月4日(月)は東京新宿のニコンサロンにて。
 10:00~19:00(最終日は16:00まで)。
 7月30日(木)から8月5日(水)は大阪のニコンサロンにて。
 11:00~19:00(最終日は15:00まで)。
 5月2日には13:00~14:00までギャラリートークがあります。
 何を話すんだろう。
 古い農家や農具などの写真を昔から撮っていた村田さん。
 自分たちの旅友の彼氏として知り合った彼に私たちは結婚パーティーのスナップ写真をお願いしたこともあります。
 ニコンサロンのサイトはこちら

 お近くの方はどうぞ行ってみてください。
by haiderinn | 2009-04-23 23:59 | こんな人たち