カテゴリ:こんな毎日( 480 )

祭りも終わり今日から通常営業です。

 石垣島祭りが終わりました。
 スマイルサンドさんの屋台に私たちに似た人がいたかもしれません。
 彼らになりかわってご来店の方々に御礼申し上げます。
 ただあれはあくまでスマイルサンドさんの屋台です。

 ま、わけのわからんことはこのぐらいにして、本題に入りましょうか。

 その石垣島祭りで長男チビサク(4歳)がゲットしたのがこれ。

a0094201_13261485.jpg 
 なんだかわかりますか?

 仮面ライダー変身ベルトです。

 仮面ライダー1号、2号の時代からライダーの変身はやはりベルトがないとダメなんですね。
 このベルトは現在放送中の仮面ライダーウィザードのもの。
 私もチビサクと一緒に週末になると仮面ライダーのDVDをみることが多いので、最近のライダーに少し詳しくなってきました。

 ベルトで変身する、というところは昔と変わらないのですが、21世紀の変身ベルトは回転しない。
 カチャンとバックルを斜めにして、メダルとかスイッチとかいかにも子供が好きそうなものを入れて「変身!」

 「変身!」の声も昔と違います。
 40年前は振り付きで「へん・・・しん! トゥオーー」てな感じで、タメをつくりながらほとんど歌舞伎で見栄を切るかのごとく大げさにやっていたのに比べると、今は、イケメンの主人公が細身のウエストにサッとベルトを巻きつけて、あっさりめに「変身!」。

 こうみると自分たちが見ていた昔のライダーは、藤岡弘の印象が強いからかもしれませんが、かなり濃いキャラでした。
 このサイト(→【1号から】歴代仮面ライダーの主演俳優まとめ【フォーゼまで】)をみるとわかりますが、だんだん眉が太くなります。
 仮面ライダーZXなんかはパンチパーマでしょうか?
 こわいです。

 人だけでなく歌も全然違います。

 「せまるショッカー」とか「敵は地獄のデストロン」

 とか歌詞も歌声もおどろおどろしい昔の歌に比べると、例えば「仮面ライダー電王」なんかは、アイドルグループのような人達がさわやかに

 「いいじゃん いいじゃん すげーじゃん」

 ですから。

 さらに今の仮面ライダーには子供が出てこない。ほとんど。
 昔の怪人たちはなぜか子供に襲いかかってきたものですけど、今はそんなことがない。

 設定も難しいし、ドラマがほとんど大人向けじゃないかと思うほどの内容。
 多分チビサクは意味がわかってないはず。
 考えるに、これは大人と子供両方取り込む作戦なんでしょうね。
 子供は変身した後の部分だけ見れればいいのでストーリーは関係ない、と。
 ストーリーに関しては子供は切り捨てて、お父さんお母さんが見ても飽きないように登場人物も子供をはずして、イケメンとかミニスカの姉さんとかをバッチリ出す。
 ただ、水戸黄門と違って最後にライダーに変身して敵を倒す、では子供が飽きてしまうので、必ず前半から一度は変身したライダーを登場させるのが鉄則のようです。
 
 まあ、屁ほどの役にも立たないことを書き連ねましたが、周りにこんなことを真剣に一緒に話してくれる人がいないので、ここに書かせていただくことにしました。
 同じ長寿のサザエさんやドラえもんと違って昔と今でこんなに違いがあることにびっくりの仮面ライダーでした。

 さて、11月7日(水)~10日(土)の週替わりメニューをご紹介いたします。 

a0094201_1331642.jpga0094201_13313968.jpga0094201_13315492.jpg


 今日のカレーは「タイレッドカレー」から始まります。
 なくなり次第、次の「上海カレー」にかわります。
 朔の「タイレッドカレー」は牛肉、オクラ、ナス入り。
 辛みと甘みが共存しているいかにもタイらしい味がこのレッドカレーです。
 
 今週のサラダは「コールスローサラダ」です。
 フレンチマヨネーズドレッシングでキャベツ、ニンジン、パプリカ、ピーマンを和えています。
 以前のブログにも書きましたが、コールスローの語源はオランダ語。
 「コール」はキャベツで「スロー」はサラダの意味なんだそうですよ。

 今週のデザートは「レモンミルク寒天」です。
 さわやかな香りのレモンのつるんとしたさっぱり寒天よせ。
by haiderinn | 2012-11-07 13:37 | こんな毎日

本日臨時休業

本日6日(火)は臨時休業となります。

昨日までもお休みだったのに、申し訳ありません。
明日より通常営業に戻ります。
by haiderinn | 2012-11-06 12:39 | こんな毎日

つぼに入ったら

 まず告知です。

 11月2日(金)~5(月)は臨時休業となります。

 申し訳ありません。
 その間、土日に真栄里公園に行ってみると、スマイルサンドさんの屋台の中に私たちのような顔をした人がいるかもしれません。
 
 ところで、なぜなんでしょう。
 いままで質問されてこともなかったのに、このところ立て続けに同じ質問を別なお客さんからうけました。

a0094201_1212343.jpg 「このお箸って、いったい何ですか?」

 これは沖縄の飲食店(特にそば屋)などでよくつかわれている赤と黄色に塗り分けされたお箸。
 
 「ウメーシ」というそうです。

 実は、最初に質問されたときは、この箸の名前すら知りませんでした。
 単に「アカキーバシ」と呼んでましたから。

 調べによると、この箸は中国から琉球王朝時代に伝わってきたもので、竹製で黄色の部分は殺菌作用もあるウコン(ターメリック)で、赤い部分は滑らないように漆塗りされているそうです。
 いま私たちが日常使っているのは安物ですので、色だけのニセモノということ。

 同じ質問をしてきた二人目の方には、立て板に水のようにスラスラっと説明。
 同じ質問キターーーーッ てなもんです。

 あえて3人目になってくれる方、お待ちしております。
 「あ、それねー。ウメーシっていうんだけどね。あ、知らなかった? 琉球王朝時代に、、、、」


a0094201_1214208.jpg さて、先日我が甥がこんなものを送ってきました(写真真ん中のつぼです)。
 
 「ガンガー・ジャリー」というそうです。

 どうやらガンガー(ガンジス川)の水を入れておくつぼのことらしいです。
 大学生の甥は、夏休みの間インドを一人旅。
 ハルドワールにてガンガーの水を汲み、デリーの梱包屋に
 「俺にもくれ」
 とうるさくせがまれながら日本に郵送したそうです。

 ヒンズー教徒にとってはガンジス川の水は聖水。
 でも、ただつぼに入れておくだけなんだろうか?
 と、ここでもちょっと調べを入れてみると、

 スピリチュアル雑貨屋(シータ・ラーマというお店)さんで、まさにこのガンガーの水を売っていて、用途としてこんなことが書いてありました。
 
 ・神像を洗ったり、プージャーなどに使用します。
 ・シヴァリンガムにアビシェーカを行うときに使用することで、すべての聖地を巡礼するのと同様の功徳があるといわれます。
 ・礼拝に用いることで、物質的豊かさと、霊的成長をもたらすといわれます。
 ・どのようなヤジュニャに対しても使用することができます。
 ・銅製の容器に入れて保存することで、神聖な波動を放ち、災難と不運を追い祓うといわれています。

 そうか、そうか、よかった。

 ちょうど私もシヴァリンガムにアビシェーカしたりヤジュニャに使う水をどうしようかと思っていたところだったんだ、、、、。

 って、さらに謎が深まってしまいましたが、ここは深追いせずに、ともかく
 「神聖な波動を放ち、災難と不運を追い祓う」
 とまあ、ここだけ読んでおくこととします。
 うん、そんな気がする。
 甥よ、ありがとう。
 ふってもすでに水の音しないけど。

 それにしても、ガンガー・ジャリーをちょっと調べる間に見たハルドワールの写真をチラリとみた瞬間にインドの雑踏が心に蘇ってきて、、、燃えるなあ。なんか。
 日本のどこの写真見てもこんな気持ちにならんのに。


さて、10月29日(月)~11月1日(木)までの週替わりメニューをご紹介いたします。

a0094201_12152329.jpga0094201_12154510.jpga0094201_12161067.jpg


 今日のカレーは「豆のカレー(ムングダール)」です。
 緑豆を煮込んだものとクミンを効かせた玉ねぎベースを組み合わせた優しい味。
 仕上げに店の裏で育てている生のカレーリーフなどで香をつけたバターをジュッとかけてできあがり。
 グッと薫り高いカレーとなります。
 ミニタンドリーチキンもついていますよ。

 今週のサラダは「サツマイモとカボチャのサラダ」です。
 10月末なのでカボチャをつかったサラダを選んでみました。
 サツマイモとカボチャの甘みとチーズがぴったり。

 今週のデザートは「スパイスクリームコーヒーゼリー」です。
 朔ではただのコーヒーゼリーも少しアジアンテイストで。
 シナモンやカルダモンの香りのクリームがコーヒーと合いますよ。

 
by haiderinn | 2012-10-29 12:27 | こんな毎日

よくもダメでも もう一度 サカナ サカナ サカナ

 先週の話から「魚」つながりで。

 土曜日は西海水産研究所の公開日でした。
 島の裏側にひっそりと存在するこの研究所がいったい何をしているところなのか?
 気にはなっていたのですが、毎年行われるこの一日を今までなかなか利用することができず、
ぐずぐずしているうちに蓮舫の仕分けに引っかかって研究所が無くなってしまうなんてことにならなくてよかった(失礼か。。)。

 入場する前から警備員のおっさんの丁寧な誘導。
 受付カウンターでのスタッフの笑顔の応対。
 ちょっと難しいクイズラリーのヒントをひそかに教えてくれるスタッフのお兄さん。
 快晴の空、目の前に広がる海。
 こんなところで海洋生物が好きな人が海洋生物の研究ができるなんてうらやましい限り。
 
 メインのお魚ふれあいコーナーには、朔をよく利用してくれているというカワイイお姉さん(ありがとうございます)。
 ああ、いいところだ。

a0094201_11383333.jpga0094201_11385459.jpg チビサク(4歳)もマメサク(2歳)も大きなアカジンや可愛い稚魚のアカジンの群れ、昨日捕獲したばかりというエイやタツノオトシゴのようなヨウジウオなどに大へんな盛り上がり。


a0094201_11393342.jpg そこに現れたのが、この研究所のゆるキャラ「ふっくん」。
 「ふっくん」はどうも魚らしいのですが、一体なぜ「ふっくん」なのかは不明。
 周りの子供たちが盛り上がる中、凍りつくマメサク。
 マメサクはゆるキャラ恐怖症。
 私にしがみつき本気で震えるところを、はいポーズ。
 うーん。なぜだろう。風船もダメなんだよなあ。。。


a0094201_11401150.jpga0094201_11402445.jpg ようやくマメサクが立ち直ったところで、「かまぼこ作り体験コーナー」
 イラブチャー(ブタイの一種)をすり鉢で練ってシンプルに塩で味付けしたものを成型、スタッフの方に天ぷらにしてもらいます。
 目の前ではイラブチャーをさばくところも見れました。
 よおく見ておけチビサク。
 なます地獄に行ったらあんなふうにされてしまうんだぞ。


a0094201_11412149.jpg 熱々の天ぷらがおやつにぴったりだぜ。


 見送りに来てくれた「ふっくん」に涙目で「バイバーイ」のマメサク。
 もちろん「こっちに来ないでくれ」という意味です。

 マメサクはどうかわかりませんが、私は来年も是非来てみたい西海水産研究所の公開日でした。

 続く昨日の日曜日。
 魚体験はつづきます。

 チビサク、マメサク初めての釣り体験。
 今年の春、二組のお客さんから2本ずつ頂いた子供用の釣りざおを持って伊原間(イバルマ)漁港へ。

 実は私は全く釣りはダメなので、よく釣りに行くというBさんに先生として一緒に来てもらいました。
 いやあ、本当に自分は何度やっても釣りにはまらないんですよね。
 全くセンスない感じです。

 子供の時は兄に近所の十六沼に連れていってもらって鮒をつったり、友達と小川に行った楽しい記憶があるんですが。
 大人になって何十年かぶりに連れていってもらったのが沖釣りで、早朝千葉の友人宅から三浦半島まで車で出かけ寝不足なのに加え、会社の上役の人と一緒で気が抜けないところに釣り船に乗せられて、気持ち悪いのなんのって。020.gif
 始まって数分でダウン。
 早く終わってくれることをひたすら祈っていました。
 その後も何度かチャレンジするんですが、もう一度やりたい、という気持ちになったことがありません。
 
a0094201_11415146.jpg そんなダメな父ですが、Bさんが優しく全てをセットしてくれて竿をもつだけで始まった息子たちの初体験。
 
 全く釣れません。

 どうも海水も濁っていて、釣れる時にはたくさん見える魚の姿も全然見えず。
 周りで釣り糸を垂らしている人もまばら。
 しかも誰も釣れている気配なし。

 今日は仕方がない、と慰めてくれるBさん。
 が、今日でよかったんですよ、Bさん。
 こんな風に釣り場がすいているときでないとこの4歳と2歳のガキどもと一緒に初めての釣りなぞムリでした。

 チビサクは最初は真剣にやっていたんですが、やはり釣れないと飽きるようで、最後は糸を切った釣りざおが剣となり、それをマメサクとどちらが持つかで大もめ。
 
 私はBさんから大人用の竿を借りて相変わらずセンスのない釣りっぷりでしたが、今日はなんだかちょっとだけ、
 もう一回やってもいいかもなあ012.gif
 と初めて思えたのでした。
 やっぱり気兼ねなくのんびりできるのが一番(子供を料理長に任せている間だけですが)。

a0094201_11423023.jpg Bさんは魚が釣れない代わりに岸壁にへばりついていた小ぶりの高瀬貝を20匹以上も網で捕獲してくれて、子供たちは大喜び。
 通りかかったおじい、おばあに煮てから針でとって洗って食べたらいい、と言われましたが、、、。
 食べきる自信がなかったのでその場でリリース(Bさんすみません)。

 魚は釣れませんでしたが、気持ちの良い港でのひと時でした。


 それでは10月22日(月)~27日(土)までの週替わりメニューをご紹介いたします。
a0094201_1143391.jpga0094201_11441166.jpg


 今日のカレーは「キーマカレー」から始まります。
 なくなり次第、次の「豆のカレー(ムングダール)」にかわります。
 朔の「キーマカレー」は鶏ひき肉たっぷりなのが自慢です。
 ひき肉たっぷりで汁気がないカレーをドライカレーといっているところもありますが、朔のキーマカレーをご飯に乗せてみると、ほとんどドライカレーのような感じにも見えてしまいます。
 ちょっとした隠し味を効かせてよくあるキーマカレーを一味オイシイものに仕上げています。
 ありふれているから、と他のカレーをいつも頼んでしまう方も、一度朔のキーマカレーを召し上がってみてください。

 今週のサラダは「大根、ニンジン、ワカメのサラダ」です。
 好評の味噌マヨネーズドレッシングでどうぞ。

 今週のデザートは「オレンジ風味のチョコプリン」です。
 チョコとオレンジの組み合わせは誰が考えたんでしょうねえ。
 すばらしい!
 朔のチョコプリンもオレンジの風味がぴったり合って、ついもう少し食べたくなってしまいます。
 ランチにこのデザートがついてくるってどうですか?
 実はなかなかないかも。
by haiderinn | 2012-10-22 12:01 | こんな毎日

衝撃のフェイス

 「朔のfacebook見つけたから<いいね!>押しといたよ!」
と言われたのはいいのですが、、、

 当店はfacebookやってません。

 が、しかし、よもやと思って検索をかけてみると
 あるわ。。(これです

 もしや、今はやりの第三者が知らぬ間に自分のパソコンを操作して、、っていうあれか?
 と思いきや、下のほうに、ちぃちゃく、うすーく
 「コミュニティページは、該当トピックの当事者とは一切関係がなく、承認されているものでもありません。」

 なんーですか、それは?
 こんなニセ(と言っていいのでしょうか?)facebookにも
 「いいね!」と言ってくれている10人ほどの方、、、ありがとうございます。 
 「チェックイン」している19人ほどの方、、、「チェックイン」って何?

 でもまあ、多分
 「おらおらぁ、チェックインして、体切り刻んでなますにしてやっからよ」
ってなことではなく、よい意味であると解釈しておくことにします。

 というわけで、現代のネット世界の主流から外れ、もしかしたら進化の袋小路に入ってしまったかもしれないブログ派の朔です。

 いや、本当にブログは衰退しているように思えますね。
 当ブログからのリンク先だけで調べてみると、リンクをかけている18のブログ(リンク中3つはブログでない)のうち実に半数の9個がここ1カ月以内の更新がありません。
 うち、4つは事実上、閉鎖状態。
 いったいこの事態は何を意味しているのだろうか?

 。。。よくわかりません。
 みんな書くのに飽きただけかも。
 読む側もそうかも。
 うちの嫁さんなんかは、私よりまめに他人のブログをチェックするほうですが、
 「文字が多くて読むのがつらい」
 などと申しております。
 そんな人には当ブログなんぞは アウト でしょうねえ。

 しかし、データ上、読んでくださっている(少なくとも開いてくれている)方々がいらっしゃるのがわかるからこそ、また今週もこうして書けるわけでございます。
 ありがたや、ありがたや。

 さてブログは進化から淘汰に向かってしまうのかもしれませんが、この生き物たちはきびしい環境でものすごい進化を遂げているようです。
 図書館から借りてきた「深海のフシギな生き物」(幻冬舎)に載っている、ものすごいインパクトがある生物たち。

 オスがメスを見つけるとメスの体にかじりつき、そのまま一生離れず、血管がつながり最後はメスのイボとなり果てるという「オニアンコウ」。

 獲物を食べるときにアゴをいちいち脱臼する「ダナホウライエソ」。

 たくさんの個虫がつながって、それぞれが泳ぐ役、消化する役、狩りをする役に分業しながら大きなひとつの「群体」をなすという「クダクラゲ」。大きい群体は40mになるそうだ。

 人にとっては猛毒の硫化水素を含み300度を超す熱水が噴出する熱水噴出域のほんの20センチ~200センチほどのところに住んでいる「ゴエモンコシオリエビ」。熱い湯でも大丈夫ということで五右衛門の名がついているそうだ。

a0094201_110966.jpg
 こうした生態もかなりの衝撃ですが、見た目にもかなりのやつらがそろっているのが深海です。
 そのなかで、これは、というのが「トガリムネエソ」。
 リストラを突然言い渡されたおっさんのような。
 この顔がついているだけでも強烈なのですが、この魚は体の幅がほんの数ミリしかないそうです。
 体が銀色なのでまるでアルミフォイルが泳いでいるように見えるそうです。


a0094201_1121649.jpg 子供たちもこの本を見て大変盛り上がりましたが、長男チビサク(4歳)は大きくなったら、
 これになりたいそうです。
 「リュウグウノツカイ」
 んー。自由な発想だ。
 顔がちょっとシシガミ(もののけ姫)を連想させる感じでもあり、その名にふさわしい。


 さて、当ブログのリンクもちょっと整理しなくてはなあ。。
 このブログも淘汰されないように、頑張ります。

a0094201_1124888.jpga0094201_1152089.jpg


 今日のカレーは「ほうれん草とチーズのカレー」から始まります。
 なくなり次第、次の「キーマカレー」にかわります。
 朔の「ほうれん草とチーズのカレー」は朔のカレーの中でもスパイシーかつヘルシーなメニュー。
 シナモン、カルダモンといったスパイスが他のカレーよりも少し強めに効いています。
 玉ねぎのベースとほうれん草のペーストが絶妙な組み合わせ。
 インド人に感謝です。
 チーズは自家製カッテージチーズを使用。

 今週のサラダは「もやしとひき肉のエスニックサラダ」です。
 スイートチリソースをベースに作ったエスニック風甘辛ドレッシングでどうぞ。

 今週のデザートは「スウィートカボチャ」です。
 カボチャをなめらかなペーストにしてつくった秋らしいデザート。
 クリーミーな味わいにラム酒も少し効いています。
 レーズンとのマッチングがぴったり。
by haiderinn | 2012-10-15 11:10 | こんな毎日

コスモス カーボーイダンス こびとビジネス そして なます

 昨日車の中で長男チビサク(4歳)が
 「コスモスの歌を歌う」
 というので、
 お、渋いな。さだまさしか。
 と思ったら
 「コスモース、コスモース」
 と元気な明るい歌声なので、よく聞くと、どうもコスモスはコスモスでも
 
 ウルトラマンコスモス

 の歌のようでした。
 運動会で他のクラスのお遊戯に使われていたんですねえ。

 さて、子供の保育所の運動会も終わりひと段落。
 先週はその運動会などでちょっとお休みをいただきました。
 運動会の後は子供たちに付き合ってDVDやらYou Tubeやらを見る時間が長かった連休。
 子供にいちばん受けたのはこの動画でした。
 韓国人PSYの「オッパン カンナム スタイル」
 カーボーイダンスが子供心をわしづかみです。



 子供心をつかんだと言えば、いまさらですが「こびと図鑑」。
 最初に見たときには完全に大人受けを狙ったものだと思っていましたが、今年は保育所に「図鑑」をもちこむ子供も。
 さぞや大きなビジネスになっていることでしょう。
 うちの息子も随分こびとの話をするので、今年のチビサクのバースデーケーキはこれにしました。
 大浜のニッコー製菓作

a0094201_12325589.jpg

 一番有名なこびと。
 カクレモモジリ。
 桃の木を登るときの尻がたまりません。


a0094201_1242177.jpga0094201_12422963.jpg 友達を呼んでチビサクの誕生会をしたのですが、一人がプレゼントに、と持ってきてくれたのがこれ。

 「極楽」と「地獄」。。。

 子供はなぜか地獄好き。
 これまでも図書館で
 「えんまの歯医者」とか「地獄のそうべえ」
 なんていうのを借りると、かなり受けていました。
 が、こんかいのプレゼントは、リアル。
 リアル地獄
 っていうのも変ですが、まさに本物の「地獄絵巻」です。

 なぜに4歳の子供の誕生日にこれか、と普通思うところですが。 
 これは実は絵本。
 タイトルもよく見ると「絵本 極楽」と「絵本 地獄」。

 でも中で使われている絵はお寺さんに収蔵されている本物を使っています。
 そして1人称の語りのお話になっています。

 それにしても「絵本 地獄」の内容は怖い。
 表紙からして、怒り狂った赤鬼が大きな金具をもって男の口から舌を抜こうとしているところでしょうか。
 男の口からは血があふれ出ています。

 中を開くと、多くのむくろが転がる中を地獄へ進む主人公が三途の川を渡りしょうづかのばあさんに着物をはぎ取られる。
 やがて閻魔大王の前で審判を受け、もうだめかと思ったところに生前の善行を知っているお地蔵さんが大王にとりなしをしてくれて、ギリギリのところでこの世に戻ってもよいことになる。

 しかし、その前に「地獄がどんなんところか、とっくりとみせてやろう」という閻魔大王により、次々と地獄の様子を見ることになる、と言うお話。

 いろーんな地獄がおまっせ。
 針地獄、火あぶり地獄、火の車地獄、竜の口地獄、かまゆで地獄。
 熱いやつが多いですな。
 どれも勘弁してほしいですが、中でもこれは、というのは

 「なます地獄」

 生きながら、からだを刻まれます。
 鬼がまな板の上で人の足をもってカマボコのように体を刻み、横には手足、頭が転がり、桶に血だらけの胴体がなますになって漬けられています。
 牛や馬、魚や虫の世話をなまけてころしたものは、こうやって殺されたものの苦しみを味わうそうです。
 
 ちなみに、他の人の話を最後まできちんときかずに、自分勝手な振る舞いをするものは火の車地獄です。
 たったそれだけで、火の車で地獄中をひきまわされますよ。
 みなさん、人の話はちゃんと聞きましょう。

 おそろしいのは地獄では死ぬことができないこと。
 きりきざまれたてなますとなっても、フーッと風が吹くと、からだが元通りになってしまう。
 犯した罪が消えるまで、くりかえし、くりかえし、苦しまなければならないのだ!

 あー、こわ。

 ちなみに「絵本 極楽」のほうは、夢で「ぼく」が極楽体験をするお話。
 楽しげに書いてはあるんだけれど、なーんかみんな目が切れ長すぎるし、半裸だし、色とか植物がエキゾチックすぎるし、しょせん外国産の宗教なんだなあと、、、どうも極楽にいっても心からくつろげそうな感じがしません。
 むしろ絵のタッチとしては地獄の方が私なんかにはしっくりきてしまう。
 なぜでしょうか。。
 が、、、いやいや、極楽は地獄よりはずっといいところです。
 すみません。すみません。ひとつ極楽でお願いします。
 嫁さんの話もちゃんと聞くようにします。

 かなりハイレベルな誕生日プレゼントでしたが、子供はビビりながらも興味しんしんで眺めていました。
 しばらくは、
 「そんなことしたら地獄へ行くよ」
 とういのが使えそうです。

 さて、10月8日(過ぎましたが)~13日(土)の週替わりメニューのご案内。
a0094201_12471349.jpga0094201_12473653.jpg

 今日のカレーは「コリアンダチキン」から始まります。
 なくなり次第、次の「ほうれん草とチーズのカレー」にかわります。
 朔の「コリアンダチキン」はヨーグルトでじっくりマリネした鶏肉をたっぷり使って、やはりたっぷりの玉ねぎとともに作ります。
 スパイスのメインはやはりコリアンダ。
 パウダーもきざんだ葉っぱもどちらもたっぷり使います。
 あまりよそでは出していないカレーかもしれません。お勧めです。

 今週のサラダは「ジャガイモ、シメジ、コーンのサラダ」です。
 レモンオイル醤油ドレッシングでどうぞ。

 今週のデザートは「キャラメルプリン」です。
 作っている途中からたまらなくおいしそうなカラメルの香りが漂ってきます。
 しっかりとキャラメル味。
 プラムのソースとともに。
 
by haiderinn | 2012-10-09 12:50 | こんな毎日

台風が過ぎて秋となりました。

 まず告知です。

 今週は3日(水)と6日(土)が臨時休業となります。

 ご了承くださいませ。

 台風17号、久しぶりに大きなやつでした。
 が、やはり平成18年台風13号に比べれば、まだまだ可愛いものでした。
 あのときは、島全体で停電が発生していましたし、マンションなどの給水タンクがバンバン落ちまくっていました。
 シェル石油の看板もスポロガムのように貝の模様がすっぽり抜け落ちていたし。。
 車のフロントガラスの破損に修理が間に合わず、しばらくビニールを貼って乗っていた人も随分いました。

 今回は、家も店のあたりも停電しなかったようです。
 もしかしたら送電網が台風に強くなっているのかも。

 台風が過ぎた昨日の日曜日はすっかり晴れて、内地の秋のようなすがすがしい天気となりました。
 そんななか、台風で延期された八重山の民謡大会「とぅばらーま大会」が新栄公園で行われ、見てまいりました。
 様々な歌詞で歌い継がれている民謡「とぅばらーま」。
 予選を勝ち抜いた23人がのどを競います。
 うっとりするような夕空が消え、反対側からくっきりと満月。
 (カメラを忘れたので様子が伝わりにくいかもしれませんが。。)

 そんなところで聞く「とぅばらーま」は島の言葉でつくられる歌詞なので全く意味がわかりませんが、ナイチャー(内地の人)の私にも気持ちがいいものです。
 それにしても、このうたの良しあしというのは聞き慣れてこないと分からないようで、どうも「味わい」という部分が歌の優劣を最終的に決めるようです。
 壇上に上がった出演者や返し(合いの手)の方々に知人が多いのも小さな町のよいところ。
 あの人はあんなに歌がうまかったのか、と意外な一面に感心します。
 平日に催されることが多いこの大会、台風のおかげで日曜になり、はじめてゆっくり見ることができました。

a0094201_11511157.jpga0094201_1151269.jpga0094201_11514621.jpg


 自然の話題3つ。
 写真左から。
 長命草の花が咲きました。
 名前の通り薬効がありそうな薬草です。
 少し苦い味がしますが、こちらの料理でよく見かけます。
 朔でもタンドリーチキンやサラダの飾り付けにしています。
 地味な草ですが花も地味。
 花は虫を引き付けるために派手な色にするのが植物の知恵なのかと思っていましたが、この色にも何か深いわけがあるのかもしれません。

 真ん中。
 昆虫嫌いな人はあまり見たくない写真かもしれませんが、バッタです。
 これも地味な色をしていました。
 体調10cm程度。
 割と大きいバッタでした。
 こいつが数日間店の前の隅の方にいて、不思議な事に、夜一度いなくなるんですが朝になると同じところにもどって来る。
 あまりに帰ってくるので何かのメッセージをもってきたかと思い、とりあえず名前を
 「9月がんばった」
 にして、観察していましたが台風が来る前日に去って行きました。
 台風前にはトンボが随分飛んでいるのが観察できましたがバッタも何か感ずいたようです。
 (写真は、店の間に出しておいたゴミのポリバケツにくっついて店の裏にやってきた後のもの)

 右。
 台風が来る前の26日の晩。
 見事な月の暈(かさ)でした。
 写真に写りきっていないのが残念ですが、かさの周辺が虹のようでした。

 さて、10月1日から5日までの週替わりメニューのご紹介です。 

a0094201_11521619.jpga0094201_1153264.jpga0094201_11524688.jpg

 
 今日のカレーは「タイレッドカレー」から始まります。
 なくなり次第、次の「コリアンダチキン」にかわります
 。朔の「タイレッドカレー」は牛バラ肉を使った濃厚なココナツミルクのカレー。
 こってり系の味が好きな方にお勧めです。
 一緒に入っているナス、オクラとの相性も抜群。
 レッドカレーと名前は辛そうですが、甘みもあるので辛口一辺倒ではありません。

 今週のサラダは「カラフルキャベツサラダ」です。
 キャベツ、ニンジン、ピーマン、パプリカ。ヨーグルトドレッシングでどうぞ。

 今週のデザートは「チョコバナナケーキ」です。
 どうしてチョコとバナナというのはこうも相性がよいのでしょう。
 濃厚なチョコに甘いバナナの香り。
 ほんのりラム酒がきいています。
by haiderinn | 2012-10-01 11:58 | こんな毎日

本日休業のおしらせ

本日(9月28日 金曜日)は、台風17号接近により臨時休業いたします。

予想していたより勢力は小さくなりましたが、やはり来てしまいました。

もしかしたら明日もお休みになるかも、です。


****************************
現在午後二時。
部屋から見ると雨が真横から降っています。
北西寄りの風。
さきほど一瞬だけ停電がありました。
ちょっとまって、まだ早すぎ。

子供の風呂は早めにした方がいいかも、と相談。

停電したら次の更新はできませんが、また折を見て実況します。


午後三時二十分
雨というよりも噴霧器でジェット噴射しているような様子。

東側には風は吹きつけてこないが、少しずつ濡れて真っ白になってきた。
石垣の場合、塩分を含んだ強風が吹くのでベトベトになる。
後始末がたいへん。
北側の窓は頑丈だがときおりガタガタ言いはじめた。

家の中は、子供たちがなぜか電気を消したがるので、すでに少し暗い。
あとからたっぷり電気がない状態を味わえるかもしれないのに。。

子供たちはDVDも飽きて、戦いごっこから、動物ごっこへ。
私はキリンとなる。
チビサクは猿の赤ちゃん。
マメサクはクマ。
猿の赤ちゃんがパソコンに向かっているキリンのところにお弁当をもってきてくれた。
かごの中にはぬいぐるみが満載。
ビールといってカラのコップも。

これから夜にかけてさらに中心に近づくはず。
風雨はもう一段強くなるだろう。


午後五時五十分

大騒ぎの子供たちがさきほど眠った。
おかげで自分たちも昼寝できた。

窓の外側には霧状の水滴がついて、内側は結露。
窓は真っ白。
風の様子は先ほどとそう変わらないようでもあるが、
瞬間的なものは、やはり激しくなっている。
何か飛んでこなければいいが、と思う。

a0094201_18183057.png画像で見ると今が一番台風の中心に近い感じ。
もう、いつ停電がおきてもおかしくない。
四時過ぎに汗っかきの次男だけは、おむつ交換のついでに全身丸洗い済み。

あー、静かだなあ。
部屋を片付けねば。



9月29日(土) 午前 九時四十五分

更新できなかったのは、停電していたわけではなく、
子供を寝かして、自分たちもそのまま朝まで寝てしまったからでした。
ああ、幸せ。
久しぶりにたっぷり寝て、でも逆に腰がいたたた。

起きたら暴風警報解除されていました。
土曜日ですが午前中は保育所やっているので、子供たちをおくり、
今日はお店も家も掃除せねば。

朔は本日29日(土)は通常営業いたします。
開始時間は、もしかしたら少し遅れるかもしれませんが。
by haiderinn | 2012-09-28 12:15 | こんな毎日

やばい! 台風が! 原発が! 派手なおっさんが!

 やばい。
 台風17号。
 まっすぐこちらに向かっています。
 すでに、、、

 猛烈な台風(910hPa)

 です。

 このままだと週末にどんぴしゃりのど真ん中に突入の恐れ。

 私たちが石垣島に来て初めて体験した超大型の平成18年台風13号は、中心気圧が919hPaだったそうです(数字が小さいほうが強力ですよ、ちなみに)。
 瞬間最大風速は67m。

 私はそのときホテルの夜勤のアルバイトで、車がゴロゴロと転がっていくのを目の当たりにしました。
 ホテルの駐車場に置いてあった私の車も引き倒され、20mぐらい場所が移動していました。
 もちろん廃車007.gif

 窓ガラスが割れそうな部屋で停電して夜を過ごしてみたい方、今回はチャンスかもしれません。

 さて、、、

 さて、
 と二回ぐらい「さて」を言わないといけないぐらい話題が変わりますが、

 政府が2030「年代」に原発ゼロが可能になるように取り組むとする新エネルギー政策を発表してから、財界はもちろん、連合とか米国(?!)までもが反発。
 反原発派も2030年代まで待てるか!という意味で新エネルギー政策には反対なのですが、報道はほとんどが原発推進派による反対意見ばかりにも思えます。

 2030年には原発ゼロにというのが大半を占めた国民の意見はいったいどこにやられてしまったんでしょ?
 「あれは、関心のあるやつらだけが回答するんだから偏った意見だ!」
 ということを言う方がいらっしゃいますが、それでは、
 選挙には関心のあるやつらしか投票しないから、選挙は意味ないのでしょうか?
 100%全ての人の意見が表明されないと、その結果は聞くに値しない、という話にはならないでしょ?

 それにしても、うんざりするのは、
 「原発の代替エネルギーは何か?」
 っていう話が出ること。

 今年のような猛暑の夏でさえ大飯原発2機以外は稼働なしで電力需給に問題がなかった。
 電力会社間のやり取りがあれば大飯原発の再稼働も必要なかった。

 ということが分かったわけですから、すでに原発の代替エネルギーを考えることはナンセンスでしょう。
 わざと話をすすめないようにしているんでしょうか?
 アホなふりしてるだけ?

 夏にコートの代わりに何を着ようか

 と言っているようなもんです。

 脱げばいい。

 原発の代わりに何かなければいけない、という前提から話を一歩すすめないと。
 せめて、需給は原発なしでも間に合うけれど、温暖化ガスを減らすために、また日本から原油代金が外国に出ていくのを止めるためにどうしましょう?
 という話にしましょうよ。
 それに対して

 ①省エネを進めて需要を減らす。
 ②再生可能エネルギーによる供給を増やす。
 ③原発によって供給する。

 という選択肢がでるならまだ話はわかります。
 つまり

 火力発電の代替エネルギーをどうしましょう?

 という話の中で原発がでるなら、まだわかるんです。

 もちろん、活断層だらけの日本で国民を危険にさらしてまで火力発電の代替エネを原発にするわけにはいかない。
 ①と②を組み合わせでいくべきだ、というのが私の意見。

 今回はひとまずこのへんで。

 さて、やわらかい話題もしておきましょう。
 まもなく4歳になる長男チビサクとじゃれ合っていてヒゲがチビサクにジョリッ。
 すると
 
 「お父さん、ヒゲ やばい!」

 やばい、だって。
 3歳の子供が「やばい」って、びっくりですけど、今は普通なんでしょうか?
 いや、別に眉をしかめているわけではなく、3歳と「やばい」のギャップにびっくり。

 それにしても子供と言うのは想像力でご飯何杯でもいける、っていうぐらい自分の世界がつくれるもんですね。
 先日も家の片隅に置いてあったカセットデッキをチビサクがもちだして

 「これね、消防隊のおふね」

 そうか、これがね。

 「紫のおっさんと、緑のおっさんと、黄色のおっさんが乗ってるんだよ」

 果てしなく広がる子供の世界です。。。。。

 (それにしても派手な人たちだな。大人が同じこと言ったら何かうってるとしか思えない。。)

 9月24日(月)~29日(土)の週替わりメニューのご案内です。

a0094201_10582941.jpga0094201_1124367.jpga0094201_11245969.jpg


 今日のカレーは「上海カレー」から始まります。
 なくなり次第、次の「タイレッドカレー」にかわります。
 朔の「上海カレー」はパワフルな豚三枚肉のポークカレー。
 この三枚肉にぴったりな中華風の味わいです。
 三枚肉のお供には厚揚げ、シメジ、ニンジンが入る個性豊かなカレーですが、エスニックカレーに慣れていない方にも食べやすい味わいです。
 辛さは辛めの中辛。

 今週のサラダは「大根、シメジ、コーンのサラダ」です。
 マスタードヴィネグレットの酸味がぴったり

 今週のデザートは「オレンジとグレープフルーツ」です。
 果肉たっぷりで二つの味が楽しめるさわやかな二色ゼリー。新作です。
by haiderinn | 2012-09-24 11:08 | こんな毎日

最近のこと3つ

台風16号の被害は皆無といってよい私の周辺です。
いい風が吹いて涼しかったです。

a0094201_8471457.jpgうちの近くの博愛病院では隣の宮良殿内(みやらどぅんち)の庭のサガリバナをみることができます。
サガリバナは初夏のイメージがありますが、ここのはいつも変な時期にさきます。
早朝に花をつけて人が起きるころにはきれいな花を散らしていくサガリバナ。
南国独特の花です。


a0094201_8474037.jpg次男のマメサクが2歳になりました。

今回のケーキは大浜のニッコー製菓で。
最近「だえもーん、だえもーん」とドラえもん好きになったマメサクにこの絵を描いてもらいました。
いい仕事してますねぇ。


a0094201_8475892.jpg最近借りた子供の本のなかで特に子供に人気があったもの。
「ようかいガマとの―おイケにカエる」
子供はオバケや妖怪が大好きですね。
この本にもたくさんの妖怪が何気なく描かれていますが、描かれている全部の妖怪の解説が裏表紙に書かれていて、絵本の中のどこにいるか探す遊びもできます。
お勧めです。

昨晩、別な話題でブログを書いていたのですが、ちょっと話が大きくなって収集がつかず挫折。
身近な話題3つでまとめてみました。

では、9月17日~22日までの週替わりメニューをご紹介しましょう。

a0094201_8484135.jpga0094201_8492966.jpga0094201_850973.jpg


 今日のカレーは「豆のカレー(ムング・ダール)」から始まります。
 なくなり次第、次の「上海カレー」にかわります。
 朔の「豆のカレー(ムング・ダール)」は豆のやわらかな味わいに加えて、スパイスの香りのバター仕上げにより香ばしさがおいしさを引き立てています。
 ミニタンドリーチキンつきですよ。

 今週のサラダは「モヤシ、きゅうり、オクラのサラダ」です。
 さっぱりシークワサーと香よいごま油のドレッシングです。

 今週のデザートは「カルピスヨーグルトゼリー」です。
 なつかしいカルピスの味わいにヨーグルトのコクをミックス。ブドウのソースは彩りも鮮やかです。
by haiderinn | 2012-09-17 08:51 | こんな毎日