<< アルメニアに日本の教科書を 安いはうすい >>

台風の被害がこんなところに

 陰暦では水無月の廿日。
 石垣の月の出は21時37分。

 朔の夜の営業は19時から。
 その少し前に店内の電気を夜用のものに点灯します。
 そして、外側の準備。
 昨年のクリスマス前から付けているBIG1で購入した安いイルミネーションをコンセントに差し込むと、あとはOPEN看板などを外にだすだけ。
 ところが、コンセントに差し込んだ瞬間、中の電気が消えた005.gif
 あ然。

 そういえば昨日もコンセントを差し込んだときに何かブシュッと音がしてイルミネーションの一部がつかなくなっていました。
 あー、一部ショートしたんだな
 と、少し焦げくさいことになったんですが、大丈夫だと思ってそのまま営業していたのでした。

 それが今日はこんなことになるとは。
 あーどうしようか。
 急きょキャンドルナイトにするか!
 いや、真っ暗では作業できんわい。
 無理!
 こんな時の修理は電設屋さんの仕事かもしれんが、日曜日だしなあ。
 ダメ元で電力会社にTEL。
 これこれこうなってるんです、と焦り気味に説明。
 なにせもう営業開始時間を過ぎてますから。
 すると、オペレータのお姉さんが
 「これから申し上げるとおりにブレーカーの操作をしてみてください」 
 と冷静な対応。
 まず、すべてのブレーカーを落とす。
 漏電ブレーカーも落して、黄色いボタンを押す。
 再び漏電ブレーカーを上げる。
 「もう一度ほかのブレーカーも上げてみてください」
 すると、
 おお!店内の明かりがついた019.gif
 思わず
 <お姉さんすごい!>
 と賛辞。
 お姉さん
 「いえ」
 と冷静に当然のように対応。
 ああ、よかった。
 無事夜の営業開始。
 
 たぶん、台風でイルミネーションのどこかに水が入ったんでしょうねえ。
 耐水と書いてあったのに。。
 そもそも昨日の時点で気をつけるべきだったか。。。
 イルミネーションは2本からませてあり、残りの一本だけのさびしい点滅で今後しばらくやることになります。
 皆様も外に置いた電気製品は、こんなときお気を付けくださいませ。
by haiderinn | 2009-08-10 10:19 | こんな毎日
<< アルメニアに日本の教科書を 安いはうすい >>