<< 夏メニュー第3弾 「スイカミン... そろそろ家具のメンテナンス >>

アルメニアに日本語の本を

a0094201_9434874.jpg 陰暦では閏五月の六日。
 石垣の日の入19時36分、月の入23時49分。
 昨日夕方5時半ごろ「もしや」と思って空を見上げたら何のことはない。
 すでに月は南の空高くに見えていました。
 日の入の2時間前なのに。
 その日の気象条件にもよるんでしょうけれど、太陽が西で輝いている分南の空はすでに夜の準備に入っているのでしょうかね。
 今日は5時ぐらいに空見上げてみよう。

 さて、以前にも書きました(→こちら)が友人のハセガワ君が「アルメニアに本を送る会」という会を結成しました。
 今月末にはアルメニアへ渡るハセガワ君。
 おそらく現地での受け入れ態勢を整えるためかと思います。
 アルメニアというイラン、トルコ、ロシアという国々にかこまれ日本ではほとんど話題にならない遠い国に日本語を一生懸命勉強している人たちがいるそうです。
 その人たちと旅で出会い、乏しい日本語環境で勉強している彼らのために何かしてあげたい、という気持ちからアルメニアに日本語の図書館をつくろうということになりました。
 朔でもその呼びかけにこたえたいと思っています。
 ブログには書きましたが、今までお店に特に情報が何もなかったので、本を入れる場所を設置。
 アルメニアや会に関する資料も置きました。
 ぜひ目を通していただいて趣旨をご理解いただきたいと思います。
 ハセガワ君本人のブログもあります。
 星野道夫の本のタイトルからとった「旅をする木」というブログ。
 これまで世界を旅してきて感じてきたことが真面目に書かれています。
 こちらもどうぞご覧ください。
by haiderinn | 2009-06-28 10:14 | こんな朔
<< 夏メニュー第3弾 「スイカミン... そろそろ家具のメンテナンス >>