<< 小山薫堂「もったいない主義」 彫りものはいってます >>

南国の雪の夜

a0094201_9322090.jpg  陰暦では卯月の十八日。
 石垣の月の出22時15分。
 居待月。
 この時間まだ寝待ちになっていなんですから、案外昔の人も宵っ張りだったんですね。
 と思ってから大阪での月の出を見てみると21時57分。
 ふーん、貴族の時代の中心地はそっちですからね。
 9時台だったら貴族のおっさんもぎりぎり起きてるか。。。
 それで月がようやく上がったのをみて、「ほんなら屁こいてねまひょか」と。

 そんな月もとっくに空高く上がった午前2時。
 カサカサ聞こえるんです。
 窓の方。
 なんだ?
 網戸に虫がついて動いてるのか?
 そんな音。
 どうしても気になって見に行ってみました。
 虫などいない。
 網戸よりも外。
 フクギの木からその音は聞こえます。
 ずっと絶え間なくカサカサ、パラパラ。
 あられがフクギに落ちてきているような。
 で、ときどきポタと下の方で聞こえる。
 ああ、フクギの花が散って落ちる音なんだ。
 独特のにおいを放っていたフクギの花もいつの間にか匂わなくなったと思ったら散ってしまったんですね。
 でも朝起きて確認するとあまり音がしないんですよ。
 夜だけに散るんでしょうか。 
by haiderinn | 2009-05-12 10:01 | こんな毎日
<< 小山薫堂「もったいない主義」 彫りものはいってます >>