<< 写真展のお知らせ。ただし朔でで... 夜中のおとぎばなし >>

たーかーくおーよーげーよ

 陰暦では弥生の二十七日。

a0094201_109741.jpg いーらーかーのなぁみぃとーくーもーのなーみー
 ほへほへほーへほへほへほ(歌詞が思い出せません)
 。。。。。
 子供のころ家にあった鯉のぼりは2匹か3匹の最低限セットだったと思うんですが、それでも父が飾ってくれて嬉しかった記憶があります。
 幼稚園から小学校低学年ぐらいまで数年は飾ってくれていたように思うんですが、その後は出てこなかった。
 口には出しませんでしたが何で飾らないんだろうと軽く不満におもっていました。
 が、面倒くさかったんでしょうね。
 大人になりゃわかります。
 近所の家に5匹も6匹も泳いでいるのはうらやましかったなあ。
 素朴なもんです。
 今家にあるのはチビサク誕生時にいただいたもの。
 実家にあったものよりも更に小型の二匹の鯉のぼり。
 ですが、なんと岡本太郎デザインのものでした。
 この目玉の大きいこと。
 今日は曇り空だからあんまり生えないなあ。

 疑問。
 どうして「ふきながし」が鯉の家族にまぎれているんでしょう??
 自分が鯉だとしたら、形は似ているけれど目玉もない変なやつがいつの間にか一緒にいるのは怖いようなきもします。
by haiderinn | 2009-04-22 10:12 | こんな毎日
<< 写真展のお知らせ。ただし朔でで... 夜中のおとぎばなし >>