<< 行ってきました「sen」さん。 更に、小さなメニュー変更 >>

どうせアンポンタンなら少しでもましなアンポンタンになろう

a0094201_0452159.jpg 陰暦では弥生の廿日。

 2037年
 ほとんどSF的未来の年ですが、あと28年もたてばやってくるんですね。
 自分は生い先長くない年齢になっていますが(無事ならば)、チビサクはまだ28歳。
 温暖化で石垣がとてつもなく暑い場所になっていたらかわいそうだな、なんて思ったりします。
 島自体は沈まずにあるだろうか。
 でもツバルの人たちはどうなっちゃうんだろう。
 
 3月27日に政府は日本の温暖化ガス排出削減の中期目標に関して、2020年までに1990年比で4%増~20%減という選択肢を示したそうな。(→NIKKEI NETのウェブ魚拓参照してください)
 おーい、それを決めたおっさん、おばはんよ。
 京都議定書では2012年までに1990年比でマイナス6%だったんでないのかい?
 この期に及んで増やしてどうする、増やして。
 眠っとんのか?アンポンタン。

 昨年のガソリン価格高騰で学んだのは、料金が高くなると皆消費しない工夫をする、ということ。
 「家庭の光熱費支出は14万円増える」と脅してくれてるけど、そうはならないと思うな。
 だって出せないし、そんな金額。。。

 とまあ、ブログに書きこみでもできるわれわれはまだましですね。
 北極や南極にいる白クマやらペンギンは人間がそんなアンポンタンなことやってる間に大変なことになっているらしいじゃないですか。
 そんな状況を見事にデザインしたTシャツとバッグを朔で販売することになりました。
 上の写真じゃ見づらいですね。
 デザインのアップ↓

a0094201_128777.jpg


a0094201_1282337.jpg


 砂時計の上にペンギン。
 時間がたつにつれ氷は溶けて海面は上昇する。
 また、白クマが乗っている氷もどんどん小さくなり、南国のトラが住む陸地もまた小さくなる。
 助けて~!
 「TIME LIMIT 2037」というのは、デザイナーの方が30年で(作成したのが2007年)温暖化問題が解決することを願って入れた文字だそうです。
 商品に関する情報は専用ホームページにもあります(→こちらをクリック)。
 売上の3%が環境NGO「気候ネットワーク」に寄付されます。
 
 朔に置いてあるのはオーガニックコットンのペンギンT-シャツ(白、Mサイズ)とオーガニックではない生地ですがこちらもかわいいシロクマT-シャツ(黒、Sサイズおよび160サイズ)です(160サイズは現在商品到着待ち)。
 その二つの柄それぞれのバッグもございます。
 
 環境問題をネタに商売をする、ということに異論もございましょうが、どうせ何かでお金を得る必要があるならば、自分たちが共感できるこうした取り組みを支援することでお金をいただく方がよい、という考え方でやっております。

 ぜひ朔で実際の商品をご覧になってくださいませ。
by haiderinn | 2009-04-15 01:49 | こんな朔
<< 行ってきました「sen」さん。 更に、小さなメニュー変更 >>