<< 雨水の話と薄いサボテンの話 桜の季節です >>

大都会

 陰暦では睦月の二十三日。
 暖かいと言ったとたんにいつもの冬の石垣に戻ってしまいました。
 雨が寒々しい。

 しかし、風邪薬であんなになるかね?
 ま、それはともあれ、昨晩友人のIちゃんがチビサク抱っこしながら「大都会」歌ったらえらいご機嫌だったとか。
 「大都会」。
 歌の名前ですからね、若者たち004.gif 
 クリスタル・キングのキョーーレツな歌の出だしが有名ですが、その他にも「イントロが大袈裟な曲」として知られています。
 確認のためどうぞ↓
 

 ってゆうか演歌?みたいな微妙な歌詞とメロディーでもあります(後のヘリも笑えます)。
 ウィキペディアによると、アフロの方は、草野球の最中にのどにボールを当ててしまいすでにこの声がでないんだとか。
 そして、パンチの彼も実はアフロが歌ったパートも歌えるのだそうだ。
 で、知ってましたか?実はクリスタルキングは7人組のロックバンドだったんです。
 えー?!
 二人組だと思ってましたよねえ?
 現在はパンチが脱退してアフロの彼は還暦を過ぎていますがまだ活動中だとか。
 ほう。
 なんだかウィキペディアまる写しみたいなブログになってしまいましたが、ちょっと驚きの事実だったので、今朝はこの話題にて。

 9年前の今日。2000年2月17日。 ラオス ルアンパバン→ワンヴィエン 晴れ。
 7時起床。
 予定より一日早くワンヴィエンに移動することにした。
 ゆっくりすればいいようなものだが、暇を持て余すのももったいない、という気持ちもある。
 移動のバスから日本の初秋のようなさわやかな景色が見られた。 
 ススキのような穂や黄色に色づく木々が見える。
 ワンヴィエンに近づくと今まで丸みを帯びていた山の稜線が険しくなり岩肌が切り立つような山々が見え始めた。
 ワンヴィエンはラオスの町らしくこじんまりとしていた。
 川から見る夕日がとても印象的なところだ。
 夕食に名物の青パパイヤサラダを食べた。
 唐辛子控え目にお願いしたのだが、それでも結構辛い。
 しかし辛いだけではなくうまい。 
 久々の粥もすすむ。
 ラオスはいいなあ。
by haiderinn | 2009-02-17 10:09 | こんな毎日
<< 雨水の話と薄いサボテンの話 桜の季節です >>