<< 2周年感謝ベトナムバイキングの... 新カレー登場の今週のメニュー >>

別のことを書こうと思っていたのですが、他人のブログをのチラ見して、、むぅぅん。

 陰暦では睦月の六日。
 石垣島にクールミントなやつらがやってきたせいか、ポカポカ陽気から一気に冷え込んでいます。

 他の人のブログをちらりとのぞいてみました。
 みんな面白いんだなこれが。
 たとえば、こちらをちらりと見てください(1月28日の日記に朔紹介してくれています)。
 → いゆとシェフの、島日記! 
 なんというか、躍動感ありすぎ。
 すばらしい。

 そして、こちら
 →石垣島かえる日記☆兄弟二人旅☆
 特に燃えるお兄さんの回。
 生きてるなあ、文が。
 
 そのあまりのおもしろさに一瞬「おれもかくありたし!」と思いましたが、結局のところ自分らしいものしか書けまい、とあきらめた朝の出来事でした。026.gif026.gif026.gif

 9年前の今日。2000年1月31日。 タイ クラビー 晴れ。
 8時半起床。
 40日以上にも渡った海の東南アジアの旅も今日でいったん終わりだ。
 インドネシア、シンガポール、マレーシア、タイと比較的経済発展している国々だったので旅はしやすかったがその分刺激が少なく好奇心が減退してきたこともあり飽きつつあったので、このへんで今までとは違う特色の国に行けるのは幸いだ。
 まずクラビーからスーラーターニーまで旅行代理店が出しているミニバスで3時間。
 途中車体後部の何かの部品が落下して地面にすれるという事件があったが(またタイヤが外れたかと思った)、無事到着した。
 しかし着いてからひともんちゃく。
 自分たちはスーラーターニーからバンコクまで鉄道で移動しようとしていた。
 ミニバスを利用した代理店は、
 「鉄道の切符を手配してやる」
 といってどこかに電話すると
 「二等席はもうない」
 といって500バーツ以上もする切符を売ろうとしてきた。
 自分たちはそんなはずはないと思って買うのを躊躇していると
 「<VIPバス>が350バーツで鉄道より安い」
 と言いだした。
 僕らはどうしてもマレー半島を走る鉄道に乗ってみたかったので代理店を相手にせず直接駅に行ってみることにした。
 駅の場所を尋ねると
 「とても遠い。タクシーで一人100バーツだ」
 などと言ってくる。
 いよいよ信用できなくなりガイドブックを出して調べると、やはり町の中心から駅までは4バーツほどで市バスがある、と書いてある。
 そのバスで行くつもりでいると
 「駅まで乗せていくから自分たちのミニバスに乗れ」
 と言ってきた。
 ちょっと怪しいなと思いつつも荷物を積んで乗り込むと
 「一人100バーツだ」
 とほざく。
 ぶち切れて荷物を下ろしついでにミニバスの後部ドアにけりを入れようとしたら代理店のおやじが飛んできてあやうくつかみ合いになりそうになった。
 結局自分たちの力で駅までたどり着きちゃんと二等寝台に乗って(406バーツ)バンコクに向かうことができた。
by haiderinn | 2009-01-31 09:49 | こんな毎日
<< 2周年感謝ベトナムバイキングの... 新カレー登場の今週のメニュー >>