<< 今週の週替わりメニューのご紹介 2周年記念のお知らせ >>

ひさびさに「くらげ」さんの脱力玩具

 陰暦では師走の二十七日。
 
 久しぶりに「中村ざっか」さんへ。
 こちらに来ると楽しみなのが大分別府の脱力玩具「くらげ」さんの新製品&POPチェック。
 今回も楽しいメッセージと脱力玩具たちがたくさん並んでいました。
 そんな中で「あれっ」と思ったのが、こちら↓ (許可を得て撮影させていただきました)
 
a0094201_945233.jpg


 丹下段平風のおっさんの脳天がまっぷたつにわれてますが、、
 クラゲさん自身が書いたコメントには

a0094201_995265.jpg


 おっさんが真剣白羽取りー!ってやって空振り、そのまま刀がサク!ーーーーー。
 そしてそのサク!ーーーーーの後に
 カレー屋さんもよろしく!
 とあるではありませんか!!
 年に一度年賀状でのお付き合いになってしまった「くらげ」さん。
 こんなところでひそかにうちの店の宣伝をしてくれてありがとう!
 で、この作品を買おうかなあ、と思ったのですが、これはこのままここで宣伝してもらうことにして、私は、これ↓を購入させていただきました。

a0094201_9151321.jpg


 「猫に小判」でなしに「猫にごはん」だそうです。
 この顔がいいでしょ。
 お店に飾っておきますのでご覧くださいね。

 9年前の今日。2000年1月22日。 マレーシア ティオマン島。 曇り。
 10時過ぎ起床。
 この日もレストランで食事をしてトランプで暇をつぶしては部屋に戻るとうことを繰り返す。
 ティオマン島に来たというよりニパ・レストランに来たようなものだった。
 あまりに暇なので、今まで手をつけなかった日本から持ってきた安部公房の「砂の女」と澤木耕太郎の「地の漂流者たち」を読む。
 どちらも唸ってしまうほどおもしろい。
 明日はようやくこの島から離れることができる。
 
by haiderinn | 2009-01-22 23:59 | こんな毎日
<< 今週の週替わりメニューのご紹介 2周年記念のお知らせ >>