<< 旧暦カレンダー 本日より営業開始です >>

ノンアンコール・ワイン。。。

a0094201_9271452.jpg 年末年始に、と「ノンアルコール・ワイン」というものを用意しました。
 そんなものがあったのか!という好奇心もありましたが、車で出かけた先でもこれなら飲めるし、アルコールだめな参加者でも気分だけは味わえるだろうと。
 わたしのことを酒が強いだろうと、そう勝手に思われている方もいらっしゃるようですが(濃い目だからなんでしょうか?)、そもそもあまりアルコール類は摂取しないほうです。
 ワインは見た目にとてもきれいなので、そそるんですが相性はあまりよくないようで、割とすぐに首筋のあたりがドクドクいってきたりして気分がよくなくなります(安いのを飲むから?)。
 で、ノンアルコール・ワイン。
 いったん、ワインをつくってからアルコール分を抜くそうです。
 一口。
 。。。。。。
 びみょーー。
 なんだろう、この余分な味は?
 アルコールの代わりに何入れた??と思わざるを得ないような味。
 雑味ってこういうこと?
 いやたぶん違う。
 雑味というようなデリケートなことではなく、さらにもっと雑なもの。
 さ、ビール、ビール。

 9年前の今日。2000年1月6日。 ウブドゥ 雨ときどき晴れ
 8時過ぎ起床。
 新しい街に来たというのに僕らがしたことと言えばまず洗濯と少したまっていた日記書き。
 雨が降っていて外出する気になれなかったということもある。
 昨晩はひっそりした印象だったウブドゥの町だが、昼はうってかわって土産物屋と観光客でにぎわっていた。
 ただクタとは異なり一つ小道へそれると静かなたたずまいに中にバリの石彫のカエルや猫が現れたりした。
 食べものの値段は高い。
 ワルンと呼ばれる屋台風の店でも7000ルピアかかるようなところしか見つからなかった。
 まだ祭りが続いているのか街のあちこちに草で紋様をつくった旗や竹の飾りなどが見られた。
 ただ自分が何となく思っていた宗教色の強い街というイメージとはちょっと違うかんじだった。
 なんか物足りない。
by haiderinn | 2009-01-06 09:51 | こんな毎日
<< 旧暦カレンダー 本日より営業開始です >>