<< 今週の週替わりメニュー 食品の話題ひとつ、ふたつ >>

お相撲さんがやってきた

 自分でもどんだけミーハーなんだろうと思うけれど石垣空港に大相撲八重山巡業にやってきた力士たちをに見に行ってきました。
 空港に到着するとなんだかすでに大勢人だかり。
 早くいかねば。。
 ふと停車中のタクシーを見ると、力士の名前が!
 おお、横綱!
a0094201_855444.jpg


 そして、おお!庄之助!
a0094201_8552862.jpg


 偉い人はタクシーなんだ。
 そして到着ロビー方面に近づくと、
 あ、本物の横綱白鵬だ!
a0094201_8563617.jpg

 照れた顔して、案外親しみやすそうだ。
 みんな握手してもらってるので、自分もがっちり握手。
 分厚い手だあ。
 最初照れた顔していたけれど、いつもの鋭い目線にかわっている。
 普通の顔なんだろうけれど。
 あ、そうそう。
 チビサク、横綱白鵬関だよ。
 お相撲さんだよ。
 。。。。。。

 寝とる。
 おまえは大事なところを見逃すタイプなんだなあ。
 その後、他の力士たちが出てくるのも見ていたけれど、琴光喜がわかったぐらいで、あとはわからん。
 普段相撲はラジオで聞いているからなあ。
 うーん、顔が、、わからん。。。
 幕内力士だよ。すごい人たちなのに。
 チベットで「あれがエベレストだ」と言われて、視界の中に世界一の山が入っていることは確かなのに、どれがエベレストだかわからなかったときみたいな気分でした。

 9年前の今日。1999年12月18日。 バンコク 晴。
 くたびれていたが9時前に起床。
 昨日チェックインしたグリーンハウスという宿がひどかった。
 小汚い共同シャワーが共同トイレと同じ場所で、なおかつ普通の個室トイレと同じだけの広さしかない。
 それで一人125バーツ(375円)とバンコクの安宿にしては不満足な値段だったのでベトナムで出会ったオカチャンの紹介でPINN THAI ゲストハウスという宿(一人60バーツ)に移動。
 ようやくほっこりした。
 そして早いところ年末を過ごすことに決めたインドネシアへのエアチケットを手配しなければならない。
 どこかの情報ノートに乗っていたMPツアーというところに出かけた。
 インドネシアはこの時期基本的に雨季だというが、ロンリープラネットによればアンボン島があるマルク諸島はなぜか乾季だという。
 だから何とかしてアンボン島まで行って正月を過ごそう、という考えていた。
 ところが、アンボン島までのチケットというのはなく、とりあえずバリ島のデンパサール行き、しかも明後日の朝7時30分初の便ならとれるということになり、急遽そのチケットを確保することにした。
 チケットを2枚手に入れたところにベトナム以来つかずはなれずのペースでほぼ同じルートを旅しているナカチャンがネットを使える場所を探しているとき偶然代理店のそばを通りかかった。
 ナカチャンには年末一緒にインドネシアで過ごそうよと誘っていたが、まだ返事をもらっていなかった。
 まだ決めかねているところだったようだが、結局その場でナカチャンが
 「追加一枚!」
 とデンパサール行きのチケットを購入することになった。
 こうして年末からナカチャンとの三人旅がしばらく始まることになる。
by haiderinn | 2008-12-18 23:59 | こんな毎日
<< 今週の週替わりメニュー 食品の話題ひとつ、ふたつ >>