<< いかの? 期待していたんですが >>

さあ、今度は八重山場所だ。

a0094201_8224766.jpg いやあ、大相撲九州場所終わりましたね。
 最初のうちは、朝青龍はいないし、白鵬も初日に敗れ、大関取りの場所の安馬も連敗し、地元大関の魁皇も休場と散々な場所になるかと思われた九州場所でしたが、中盤までベテラン雅山と出島が連勝を積み重ねることでなんとか興味を保ち、後半は調子を取り戻した安馬が場所を盛り上げ、最終的に引き締まった場所になりましたね。
 昨日の優勝決定戦もすばらしい相撲でした。
 ここ数年自分の関心が薄まっていた大相撲でしたが、今年に入りお店を夕方閉めるようになってラジオ中継が聴けるようになってから、再び盛りあがりを見せています。
 ラジオなもんで館内の声援とアナウンサーの実況が重なって、なんだかわーわー盛り上がっているうちに白鵬の優勝!ってなことになって、とにかく凄い相撲だったぐらいしか分からなかったのですが、家に帰って、こんなときは最近YOUTUBEという便利なものがあるんだな、と思いつき早速画像を見てみました。
 なるほど、最後は安馬の頭を抑え込んで力でねじ伏せた感じでしたね。
 と、ふと画面の右を見ると「千代の富士-北の湖戦」やら「千代の富士 九州場所8連覇」やらなつかしの映像がアーカイブされちゃってるじゃないですか。
 やばいな。
 自分の中で相撲が最高潮に盛り上がっていた中学生時代の映像がこれでもかとあるぞ。
 これ見出たら寝れない。
 ちょっとだけチェックして、また今度に。
 そうそう、朝青龍が九州場所後の地方巡業に意欲を燃やしているらしいじゃないですが、よしよし、石垣に来いよー。
 新大関の安馬に両横綱そろい踏み(全員モンゴル人だ)と楽しみな八重山巡業です。

 9年前の今日。1999年11月24日。ホイアン 晴 半そで 短パン。
 朝から晴れ間ののぞいた。
 ミーソンという遺跡へツアーに出る。
 絶好の天気だが、こうなったらこうなったで頭痛がするほど強烈な日差しだ。
 ミーソン遺跡。
 遺跡を見ても何も感じなくなったのはいつからだろう。
 いつも思うけれど教養がなくても楽しめるには、遺跡が大きかったり派手だったりしないとだめだ。
 ミーソンにはそんな派手な呼び物がなく退屈極まりないことになった。
 一緒になったヨーロッパの若者とアメリカ人が飲むルートビアの激マズなことに同感して笑い合ったりしたことのほうがはるかに印象深く記憶に残っている。
 ホイアンも飽きてきたので明日はニャチャンへ移動だ。
by haiderinn | 2008-11-24 09:04 | こんな毎日
<< いかの? 期待していたんですが >>