<< 満産祝い 今週の週替わりメニューのご紹介 >>

意外に難しい、と実際やってみるとわかること

a0094201_938562.jpg 幼児虐待しているわけではありません。
 母子手帳には子供の手型、足型をとっておくページというものがありまして、では、せっかくだから今のうちにとっておこうね、ということになったわけです。
 お風呂前、気持ちよく寝ているチビサクの周りでは、腹黒い大人たちが真っ黒な墨汁と新聞紙を持ってきて手はずを整えます。
 ベッドから運んでも眠ったまま。
 では、まず足から~。
 冷たい墨汁に無理やり足をつけられて、何かイヤ~な感じにようやく気付く。
 ほへっほへっ
 となさけない声を上げ始めるチビサク。
 はい、ぺったん。
 とするけれど次第に抵抗が激しくなり、ずりっとずれる。
 もう一回。
 しかし、もうだめだ。
 本格的に抵抗を始めるチビサク。
 今度は手だ!
 うーん手は体全体を下向きにしないと墨がぬれない!
 いや、墨を大人の手につけて塗りつければいいんだ!
 と手薄な準備に大人どもがゴタゴタしてる間に
 ホンゲーッ ホンゲーッ
 と大泣きのチビサク。
 ちょっと手を開け!
 まるで無理やり指紋押捺しようとしている警察だ
 しかし手を開いて手型をバンっと押すイメージには程遠く、何か分からない、しかし見ようによっては、チビサクの初めての作品のようなものができました。
 息子スマン。
a0094201_9514927.jpg


 9年前の今日。1999年11月15日。ハノイ 晴れ 半袖 短パン。
 8時起床。
 どこか観光地を目指すということもなく、ぶらぶらと買い物をしたり食事をしたりしてベトナムに少しなじむ。
 ベトナムの朝食はフォーと呼ばれる米麺が一般的だそうだが、中国で米麺はうんざりするほど食べていたので、フランスパンのサンドイッチ、バインミーのほうが魅力的に思えた。
 ところが、なかなかバインミーが見つからない。
 ようやく見つけて2000ドン(15円程度)で購入。
 パテを塗って、少しだけオーブンで焼いてもらい、これがうまかった。

 昼はつけ麺のブン・チャー。
 豪快なおばちゃんが作ってくれた。
 炭火の網焼をした肉が乗っていて、少し甘いたれにつけて食べる。
 これが、ものすごーくうまい!
 いろんな種類があるベトナムの麺だが、自分はこれが一番うまかった。
 5000ドン(50円程度)。
 
 ハノイにはホアン・キエム湖という小さな湖があり、その周りが公園になっている。
 公園でくつろいでいると、パン屋のおばちゃんが頭にパンの籠を乗せてやってきた。
 自分たちにパンを勧めているかと思ったら、突如走って逃げだした。
 警察がやってきたのだ。
 ここでのモノ売りは禁止らしい。
 少し走って逃げたが、しかし、すぐにつかまった。
 驚いたことに、その警察はパン屋のおばちゃんの籠ごと奪ってバイクで走り去ってしまった。
 あれでは強盗と変わりない。
 パン屋のおばちゃんは、しばらく悪態をついていてが、それでもすぐに笑顔を取り戻していた。

 今日一日歩きまわって思ったのは、「ベトナムではボラれるからとにかく交渉が必要だ」という事前の話ほどではない、ということ。
 そんな国はつかれるから、そうでなくてよかった。 
a0094201_944817.jpg
(ハノイの町並み)
by haiderinn | 2008-11-15 09:55 | こんな毎日
<< 満産祝い 今週の週替わりメニューのご紹介 >>