<< フクギの実おちる頃 今週の週替わりメニューのご紹介 >>

台湾マンゴかき氷 食べました

a0094201_931579.jpg 前々から食べたいと思っていた台湾のマンゴかき氷。
 今年石垣にもやっと上陸してくれました。
 宮良観光さんの横「ミスター&ミセス石垣 おじぃとおばぁ」というパーラーにいってまいりました。
 ここがとてもいいところで、内地から移住してきた「おじぃとおばぁ」というにはちょっと若いご夫婦が営んでいらっしゃいます。
 なにがいいかって、木陰が涼しくて気持ちいい。
 パッションフルーツの木が生い茂っていて風に吹かれながら座って食べるのがとても快適。

 さて、お目当てはもちろんマンゴですが、何種類かあるのを見るとどれも試したくなり
 メインの「マンゴー&マンゴー」のほかに「黒みつ&抹茶」そして「イチゴ&ミルク」を注文しました。
 それではいただきます。
 お、これは、、、ご主人!!
 かき氷とばかり思っていましたが、それとはかなり違う。むしろアイス。
 アイスだけれどふわふわでこんなもん初めて食べる。
 そして、うまぁい!
 「マンゴー&マンゴー」はマンゴの、「黒みつ&抹茶」は抹茶の、「イチゴ&ミルク」はココナツミルクの果汁や液体を凍らせたものを、台湾製の専用かき氷マシーンで削るので、おそらくここに来ないとこれは食べれません。
 そしてそれぞれのトッピングがまたおいしい。
 少し調べてみると、台湾マンゴかき氷と呼ばれているものでも、本当にかき氷でそこにたっぷりのマンゴと練乳がかかっているようなものもあり、それぞれのようです。
 私が食べたのは「チャーミー」という製品のようです。
 1つ500円。
 ライチ味などもあるようなのでまた食べに行きたいですね。

 11年前の今日。1997年8月2日。旅の437日目。オランダ アムステルダム。
 日本の元同僚にあてて旅の様子を書いてくれとアイザワに言われてから、ウンウン毎日パソコンに向かっている。
 夕方から運河に浮かぶ船で生活しているアネカがやってきた。
 話している間も書いていることで頭がいっぱいで話は上の空。
 急に水を向けられて困ったりした。
 アネカは相変わらず豪快に笑い、その目がきれいだった。
 
by haiderinn | 2008-08-02 09:38 | こんな毎日
<< フクギの実おちる頃 今週の週替わりメニューのご紹介 >>