<< 流行の最末端 夏のスペシャル チェー・タップ・カム >>

やぎに気をつけろ

a0094201_10152445.jpg 左は「なちゅらる宇宙人」さんのT-シャツになっているヤギ。
 沖縄にはヤギがたくさんいます。
 八重山でも市街地を離れると飼われているヤギの姿をたびたび見かけます。
 アジア諸国特に中東のほうにいくと薄汚れてはいますが、さらにヤギを見る機会が増えます。
 ヤギはかわいい。
 きゃしゃなイメージもあるしなんとなくおとなそうなヤギ。
 しかし、その目を見ると、黒眼が横一直線。それこそ宇宙人みたいだ。
 昨日お店に来たユミちゃんの話によると、実はヤギは人をなめてかかります。
 彼女はロープでつないだヤギが急に自分のまわりをぐるぐるとまわりだし、ロープがからまり転んでしまったこともあるとか。
 そんなヤギになめられないためにはどすればよいか。
 ヤギを仰向けに倒して爪を切ればいいそうです。
 そうすれば、その人のいうことをきくようになるそうです。
 以上、ヤギについての豆知識でした。
 できるかな。。?
 
 11年前の今日。1997年7月1日。旅の405日目。ポルトガル リスボン
 床屋へ行って男前にしてもらおうと思ったら見事に7-3に分けられた。
 この3日間行動を共にした八戸のダイゾーとここで別れて自分はスペインのパンプローナへ向かう。
 ダイゾーは中学時代からカナダへ行くことを目指して、地元の進学校に入学しさえすればカナダ行は認めてくれる約束を親に取り付け、見事その高校に合格、高校時代は自分のやりたいことのみに専念したそうだ。
 高校時代はいつも成績びりだったがそんなことは全く気にならなかったそうだ。うらやましい。
 ダイゾーは希望通りカナダで生活していて、休みを利用してポルトガルに来ている。
 ダイゾーが通っているのは英語学校で3週間土日も含めて完全英語漬けのコースだそうだ。
 そんな風に偏って生きていくことがうらやましい。
by haiderinn | 2008-07-01 10:39 | こんな毎日
<< 流行の最末端 夏のスペシャル チェー・タップ・カム >>