<< 盛況 前花雄介ライブ 今週の週替わりメニュー >>

前花雄介ライブ スペシャルゲスト 多宇 円!です

a0094201_995027.jpg 本日14日(土) TRAVELERS' CAFE 朔 にて

  前花雄介ライブ
  スペシャルゲスト 多宇 円(たう まどか)

 がありますよ。

  開場 19:00 開演 20:00
  ライブチャージ 1,000円(ワンドリンク付き)

 演奏は約1時間の予定です。
 席数は20。それ以上になった場合はお立ち見、あるいは申し訳ございませんがまたの機会のご案内をお待ちいただくことになってしまうかもしれません。
 お来場をご予定のお客様はなるべくお早めにお越しくださいませ。
 
 前のブログでも紹介させていただきましたが、前花さんと多宇さんの声はとてもすばらしく、暑い石垣の夜にさわやかなひと時を過ごすことができると思います。
 二人の初共演ステージです。お見逃しなく。
 朔の通常メニューもございますよ。
 よければ朔のカレーなどでご夕食もお楽しみください。
 それでは皆様のお越しをお待ちしております。

 11年前の今日。1997年6月14日。旅の388日目。フランス アビニヨン。
 日帰りで近郊のニームとユゼスへ。
 朝からく持っていたせいか、ニームの町並みにそれほど魅力は感じなかった。
 ただ、公園にいるとフランス人の小学生ぐらいの子たちが寄ってきて
 「サヨナラ」とか
 「アナタノナマエハ」とか
 「アイシテマス」なんて言ってくるのがとてもかわいい。
 みなニコニコしていて愛嬌がある。
 東アジアの子供にはあまり感じない美点だと思う。
 
 少し晴れ間が出てきた、と思ったら夕方から全面的に南仏の日差しが戻ってきた。
 そのせいかユゼスはニームよりも町が輝いていた。
 イタリアのように道が石畳だとさらに街歩きが楽しくなるのだけれど。
 しかし、プロバンスの町並みを特色づけ、美しいものにしているのは何といっても家々の窓辺だ。
 パステルカラーの雨戸と原色の花が咲くたくさんの鉢植え、そして心地の良い曲線と直線が組み合わされた手すり。
 これにクリーム色の建物と乾いた空気を通ってくる澄んだ太陽の光が合わさって町並みをつくっている。
 一応ローマの遺跡など観光地としてあるけれども、プロバンスではただ街を歩くだけで楽しくなる。
by haiderinn | 2008-06-14 09:27 | こんな毎日
<< 盛況 前花雄介ライブ 今週の週替わりメニュー >>