<< 今週の週替わりメニュー 最近どうしてるかなあ 蓮屋さん >>

お店訪問 台湾料理 美好

 石垣島には台湾から移り住んでいる方が数多くいらっしゃいます。
 台湾までは200km、那覇まで400kmという距離ですから、近隣の最も大きな都市は台北ということになるかもしれません。
 そんなせいか、石垣には中華料理屋にしめる台湾料理の割合が高いようです。
 そんななか、私たちが最も数多く利用するのが「美好」。
 「めいはお」と中国語読みする人とそのまま「みよし」と読む人と二通りありますが、店を一人で切り盛りする台湾から来たおばちゃんにはどちらなのか確認したことはありません。
 さて、木曜日は台湾からク豪華客船に乗って大勢の観光客がやってくる日。
 「美好」はいつもの中華の香りと軽く中華風に飾られた店内に加え、今日はいい感じに酔っぱらっている人たちが大音量の中国語会話。
 石垣にいながら相当台湾気分。
 メニューはこちら↓
a0094201_1033174.jpg

 「お食事」の欄には野菜炒め(炒青菜) 600円、ゴーヤチャンプル 700円 蒸しチキン 800円など
 「単品料理」の欄には そば(大) 600円 (小) 400円 チャーハン(炒飯) 600円 ピータン 500円 など
 「お食事」と「単品料理」はどう違うんだろう?
 そして衝撃のメニュー裏面↓
a0094201_1092525.jpg

 「飲み物」の欄に 八宝粥 小龍包 やきそば 豆腐チャンプル 焼肉
 一個も飲み物がない!
 まあ、いいんです、細かいことは。
 ここは料理がとてもうまい。
a0094201_10152152.jpga0094201_10154372.jpg
 今日は前から食べたかった「蒸しチキン」にお気に入りの「豚の腸詰」そして「野菜炒め」に「水餃子」。
 3人でこれだけとれば、相当おなかいっぱいになれます。
 一品の量がとても多いので注意してください。
 「蒸しチキン」は朔の海南チキンのような蒸し鶏にちょっと意外なあまからケチャップのようなソースがかかっていました。うまい。
 「豚の腸詰」は、これもなかなか日本にない味。いい感じに甘いんです。ラオスなんかでも食べた事のある味。
 いつもなぜか頼んでしまう「野菜炒め」は空心菜の炒め物。シャキッと炒めてあって中華味。素人にはなかなかまねできません。
 「水餃子」もかなり自分が気に入っている味です。もっちりシンプルなのがいい。
 写真の「豚の腸詰」の横にでているキュウリの漬物も実はうまい。
 この皿の他につけ出しのような形で最初にでてきます。
 ほかでは食べたことない味付けだけど、くせになります。
 
 「美好」のおばちゃんがまたとてもいい人で、ちょっとぶっきらぼうな日本語ですが笑顔のサービス。
 腹いっぱいになってお勘定をすますと、いつもその安さにびっくり。
 お得感いっぱいの「美好」は、あやぱにモールを公設市場の前あたりから南側にちょっとだけ出たところ。
 お勧めです。

 11年前の今日。1997年5月22日。旅の364日目。フランス シャモニー。
 12年前の5月23日に出発したこの旅。
 翌日が1周年となる。
 だから今日が365日目になるはずだが。。。。
 どこかでカウントだぶったか。
 明日から366日目ということに修正。
 
 朝から雲が出ていたがじっとしていても仕方ないのでロープウェイを使ってエギーユ デュ ミディと呼ばれる展望台となっている頂に上がった。
 展望台までのロープウェイには日本、韓国、中国などのアジアからの観光客が大勢乗り込んでいた。
 最後はエレベータで頂上まであがると、ちょうどその頃になって雲が動き始め、モンブランのなだらかな峰が見えてきた。、周りの剃刀の刃のような山の背も次第に姿を見せ、絶好のコンディションになった。
 展望台では日本語が多く聞こえた。
 厳しい冬山の景色のBGMが新婚旅行の猫なで声で多少げんなりした。
 それでもしばらく展望台で風景に見惚れていたが、場内放送で
 「亀有信金の○○さまー」
 と呼び出しがあったときには、頭の中がホワイトアウト。
 下山。
by haiderinn | 2008-05-22 23:59 | こんな朔
<< 今週の週替わりメニュー 最近どうしてるかなあ 蓮屋さん >>