<< 最近どうしてるかなあ 蓮屋さん 白松がモナカ >>

ねむる草

a0094201_941022.jpg


 店内に活けてあるこの草。
 近所からつんできたものなのですが、小さな葉がかわいらしい植物です。
 名前はなんというか知りません。
 この草、もっとかわいらしいことに、夜寝るんです。
 ほら↓

a0094201_9432595.jpg


 夜の店内が明るくても、いつの間にか葉を閉じている。
 なぜなんでしょう。
 寒いからか。窓からでも太陽の光がないと閉じてしまうのか。
 しかし、クーラーを利かせても別に閉じる様子はなく、朝シャッターが閉まっている店内でもいつのまにか葉が開いている。
 光も温度も関係ないとしたら時計が体内にしこまれているのでしょうか。
 自分の勤務時間だけ開くとか。
 かなり不思議な植物です。

 11年前の今日。1997年5月20日。旅の362日目。フランス ニース。
 バンスのロザリオ礼拝堂へ。
 マチスがデザインした建物。
 白で統一された内部に青と緑とレモン色のステンドグラス。
 伝統的なステンドグラスよりもずっと抑制された色遣い。
 壁画もシンプルな輪郭だけで描かれている。
 火曜日と木曜日しか公開されていないここを見るためにニースの滞在を二日間のばしたかいがあった。
by haiderinn | 2008-05-20 09:49 | こんな朔
<< 最近どうしてるかなあ 蓮屋さん 白松がモナカ >>