<< ハナキリン? 今日は潮干狩りの日 >>

今年もやります。ウメダケンジ展

a0094201_1022677.jpg 1年たつのは早いものですね。
 去年に引き続き今年も「ウメダケンジ イラストレーション展」を行います。
 本人から送られてきた案内にはイラストレーション展のあとに「mini」と書いてあります。
 昨年ほどの規模ではなく少しこじんまりと、ということらしいのですが、展示物の中身を見ていないので、どれほど「mini」なのかは、まだ私たちにもわかっていません。
 昨年の展示をご覧になった方はおなじみでしょうけれど、ウメダケンジさん、通称ウメちゃんの作品は、身の回りにあるものと動物がときにユーモラスに、ときに理不尽に合体する独特のタッチのもの。
 昨年は、絵ハガキのほか、トートバッグやマグカップなどの物販もいたしましたが、本年は「mini」ということで、そのあたりは未定です。
 期間は4月19日から今月いっぱいまで。
 営業時間中いつでもご覧いただけます。
 お楽しみに。
 昨年の展示の様子はこちら

 11年前の今日。1997年4月9日。旅の321日目。ハンガリー ブダペスト。
 国立博物館へ。
 ハンガリーの歴史がよく分かるような年代順の展示になっている。
 大半の展示品にそれほど興味は惹かれなかったが、最後のほうにかつて東西ヨーロッパを分けていた鉄のカーテンであった有刺鉄線が置いてあった。
 矢印でオーストラリア方面を示す看板もあった。
 数年前東西のカーテンはこのハンガリーで破れた。
 東欧各国からこの破れたカーテンを目指して続々と人波が押し寄せ、自由世界へ飛び出していったのはもう歴史の一部になっていた。
 かつての共産主義指導者の名前に由来する通りの名前に赤線がひかれてあったり、上から紙が貼られてあったりしてある看板も展示されていた。
by haiderinn | 2008-04-09 10:16 | こんな朔
<< ハナキリン? 今日は潮干狩りの日 >>