<< 縁起もので行こう その参 縁起もので行こう >>

縁起もので行こう その2

 大きなダルマをいただいた、というお話を書きましたが、よくよくみまわすと朔の店内にはその他にも縁起ものグッズがあれこれ。

a0094201_9533386.jpg こんなところに招き猫よ。
 普通は、外向いて手招きするはずだけど。。。

a0094201_955141.jpg 代わりに私たちがお外向いてますねん。
 この前東京から来たmisaoくんのお土産小型招き猫くろ&しろ。

a0094201_957296.jpg わしもひそかに縁起ものじゃ。
 ミャンマーで買ってきたフクロウくん。昔はもう一匹いたのですが。

a0094201_9582329.jpg わしら縁起ものというより神じゃ。
 インドの神様たち。

a0094201_101163.jpg 実は縁起を担いでいるのよ。
 玄関ふきんに赤いものを外向きに置くといいらしい。

a0094201_1024457.jpg きっとわたしもえんぎがいいにちがいない。
 インドから沖縄本島経由でやってきたウシ君。

a0094201_104257.jpg わしもわすれるなよ。
 移動販売時代の開業でいただいた金のダルマ。
 いまだに目がはいっていない。。。


 11年前の今日。1997年2月18日。旅の271日目。エジプト ダハブ。
 朝9:30出発のバスに合わせて起きるのが面倒になり寝たおす。
 銀行で両替を済ませると、アンマンやペトラで同じ宿だったHさんと出くわす。
 女の子を連れていた。
 このひとおとなしそうな見かけによらずやるなあ。
 と思ったら以前イスラエルのキブツで働いていた時に知り合った子と偶然出会ったそうだ。
 他にもシリアに留学するという日本人3人組も加わり、ここ数日間ほとんどで会っていない日本人が急に増えた。
 彼らがブルーホールにスノーケリングに行くと聞いて、人恋しさもあり一緒に行くことにした。
 ウェットスーツなしでスノーケリングするにはとても寒い。
 それでも信じられないほど多くの魚がそこにはいた。
 ブルーホールはエントリーしてしばらく進むと崖になって急に落ち込んでおり、そこから先がとても深い。
 上から見下ろすとほんとに碧い穴が開いているようだ。
 マスク越しにその深い場所をのぞきこむと、海底に向かって吸い込まれていく光の矢の先がこの世とは別の世界への入り口にも見えた。
by haiderinn | 2008-02-18 23:59 | こんな朔
<< 縁起もので行こう その参 縁起もので行こう >>