<< 今週の週替わりメニュー お店訪問 日航八重山のランチ >>

やり残されたこと

a0094201_215910.jpg 暑いです。店ではクーラーをかけているこの数日の石垣島。今日はもう夏日になっちゃっています。
 なんとなく桜が満開になっていそうな気配も感じながら(んなわけないんですが)、私たちが、この好天にもかかわらず休日の部屋にこもってやっていること。
 それは、年賀状書きでございます。
 はがきそのものは年賀状はがきなのですが、文面は「寒中お見舞い申し上げます」です。
 しかし、どこが寒中なの?
 ともあれ、年賀状を家に、また店に送ってくださっている方々、申し訳ありません。
 年末の忙しいときならともあれ、正月になっても全くやる気をみせなかった私がいよいよ追い込まれて(というより、とっくに崖から落ちているぐらいなのですが)、年賀状を作成しましtた。
 本日缶詰め状態になり、すべての年賀状を書き終えました。
 ですから数日中にお手元に届くとおもいます。
 いやあ、せめてくじの抽選の日までに、と思ってなんとか出しました。
 よかった。間に合った(全然間に合ってないか。。)

 11年前の今日。1997年1月10日。旅の232日目。
 昨晩から下痢がひどくなり、予定していたレバノン杉行きは中止した。
 杉はレバノンの国旗にもなっているぐらいだからどんなに立派なものか見ようと思っていた。
 午後から様子がよくなりベイルートへ移動。
 オールドタウンまで行くのが面倒になり新市街ハムラ地区で13ドルも出して便利なホテルに泊まった。くたびれていた。
 実は今日からラマダンのはず。
 ラマダンはイスラム教の教えで、太陽が出ている間は何も食べてはいけない、というもの。それが1か月の間続く。断食月と訳されている。
 ただ、その日は、自分がほとんどホテルで横になっていたせいもあってか、町中で変わった様子にはほとんど気付かなかった。
by haiderinn | 2008-01-10 23:59 | こんな毎日
<< 今週の週替わりメニュー お店訪問 日航八重山のランチ >>