<< しつこいようですが、キャンドルナイト 冬至です。 キャンドルナイトです。 >>

南瓜夜ほっこりナイト終わりました。今日も引き続きキャンドルナイト。

a0094201_151104.jpga0094201_151321.jpga0094201_1515030.jpg
 昨晩は冬至でした。
 以前からお知らせしていた「南瓜夜(なんきんや)ほっこりナイト」と題したスペシャルメニューによるキャンドルナイトを開催いたしました。
 まあ、よそ様のクリスマスイベントなどにくらべれば地味なイベントでございます。
 サンタもDJも美川憲一もおりません。
a0094201_24255.jpg ところが、私たちの予想以上にたくさんの方がこの小さなイベントに集まってくれました。
 本当にありがとうございます。
 やはり「電気を消してスローな夜」は私たちには無理でしたが(あたりまえですが)、みなさん楽しそうにしていらしたのでよかった。よかった。
 特別メニューは昨日のみですが、日曜、月曜と18時からはキャンドルのみでお食事を楽しんでいただくことにしています。
 この機会にキャンドルナイトというものを体験してみたい、という方、ぜひいらしてください。
 それから、ほっこりナイトの晩は月が天のま上を通過する夜でした。
 どういうことかというと、ま上ですので月によってできる自分の影がほぼなくなってしまう、というそんな日です。
 旧暦11月13日のこの日をこちらの地方では「やんさす」と呼ぶそうです。
 あいにくの雨の夜。お店の片づけをしていた11時過ぎ、ちょうどその時刻になりました。
 すると、あれだけ天気の悪かった夜空は、そのときだけ奇跡的に雲が切れて満月2日前の月がみえました。
 やった!
 どれどれ、自分の影は。。。。。。。
 たくさんある。。。
 石垣でも中心部は夜でも光源が多すぎ。
 月でできる自分の影なんてこれじゃ全然わかりません。
 来年はできるならば、浜辺にでも出て確認してみたいものです。

 11年前の今日。1996年12月23日。旅の214日目。トルコ アンタクヤ。
 いよいよトルコとお別れとなる。シリアとの国境の町アンタクヤ。
 最後は晴れてほしかったが、あいにくの曇り空だった。
 トルコ語がほんの少し操れるようになったのに、また言葉が通じない国にいかなければならないのは億劫だったが、トルコもいい加減あきた。
 そろそろ出発するときなのかもしれない。
by haiderinn | 2007-12-23 02:22 | こんな毎日
<< しつこいようですが、キャンドルナイト 冬至です。 キャンドルナイトです。 >>