<< 今週の週替わりメニュー 沖縄新土産 >>

お店訪問 夢乃屋さん

a0094201_2461424.jpga0094201_24640100.jpg 優勝した力士というか顔がドンブリになってしまった人というか。そんな風になっていますが、そばを食べているところです。
 これは、以前にも紹介した「八重山そば本舗 夢乃屋」さん。
 器がでかい。どんだけでかいのか、いくら説明しても料理長が信じてくれないので実際に連れて行ってみました。
 料理長も思わず笑ってしまうぐらいの大きさ。これだけでかいとそばが普通に入っていも量が少ないようにしか見えません。
 なんでも世の中に97個しかないという器だそうです。
 聞いてみると、石垣の伊野田というという地域にあるそば屋「ぱいぬしま」さんと同系列とか。
 そばのスープはあっさり系でした。
 あっさり系が好みの方は好きかも知れません。
 器を見にいくだけでも面白いお店です。
 730交差点角にあります。

 11年前の今日。1996年11月8日。旅の170日目。トルコ エルズルムからトラブゾンへ移動。
 トラブゾンは黒海沿いの町。
 ここへ来た第一の理由はグルジアのビザをとること。
 旧ロシアのグルジア。中国からヨーロッパまで目指す旅のルートには寄り道となるが、トルコから陸路で入国できると聞いて「行ってみようか」という気になった。
 トラブゾンはこれまで見てきたトルコのどの街よりも垢ぬけている。ずいぶん大きな都市だ。
 そんな大きな町の中にグルジア領事館がある。
 金曜日だったので、今日を逃すと土日と待たなければならなくなる。夕方だったが思い切って領事館へ行ってみた。
 思った通りすでに領事館は閉館時間を過ぎているようだった。
 しかしドアベルを押してみると係官が出てきて、かまわないから入れ、という。
 時間外にも関わらず、すんなりビザも取得でき、ついでに地図とパンフレットももらった。
 グルジアに関する情報は全くなかったので、これで少しだけどこに行ったらよいかわかる。
 噂では物価が高い国だという。そのぐらいしか分からない。
 どんなことになるのやら。
by haiderinn | 2007-11-08 23:59 | こんな毎日
<< 今週の週替わりメニュー 沖縄新土産 >>