<< ミドリちゃんデビュー 今週の週替わりメニュー紹介 >>

飛ぶ人たち

 石垣島はここ数日、少しだけ夏がもどってきたような日々です。
 このところ内地に行く友達や内地からくる友達が多いのですが、そんな流れにのってか台風までもが内地行き。台風20号。こちらにはあまり影響ありませんが、関東地方の皆さんは暴風域に入るかもしれないとか。お気をつけて。
 まあ、内地の話題が多いためなのか、先日、料理長と内地のうまいラーメン屋さんの話になりました。それほどラーメンマニアでもないですが、あれこれ話をしている中で「ぶぶか」という店の話になりました。
 「油そば」という汁が少なめでこってりしたラーメンが有名な店でたしかにうまかった。
 でも、気になるのはラーメンそのものよりも店名でしょう。
 「ぶぶか」ってひらがなですが、やはり思い出すのはちょっと前まで世界記録を連発していた棒高跳びのセルゲイ・ブブカ。調べてみるとウクライナ人だそうです。
 いまだに破られていない世界記録6m14cmの保持者。6mですよ。あがるとき曲がり過ぎてバキッと折れたらどうするんだろう。飛び越えたとしても6m落下するんでしょ。こえぇぇぇ。
 しかし、さらに気になることが。それは、それだけ高く飛ぶために使う棒のこと。
 あれは、どのぐらいの長さがあるんでしょう。きっと3mはありますよねえ。
 代表選手級になると、きっと自分のマイ棒持ってると思うんだけど、普段は短くなっているんでしょうか。しかし、つないで使うような棒だと「しなり」がうまくでないような気もします。
 もしも、短くならない一本の棒だとしたら、どうやって持ち歩くんだろう。電車とかかなり迷惑でしょうし、かといって車に積むのも危険な長さのような気もします。
 競技場に行ったらみんなマイ棒持っているよな選手ばかりで、いろんな競技やっている中でかなりウットウシイ集団になったりしないんでしょうか。
 ちょっと調べてみると、棒の長さはいろいろあるようですが、4mから5mぐらい。値段も10万円前後。ちょっと初心者が手に入れられるものではなさそうですね。
 その他の私の疑問を解決してくれる情報は見つからなかったのですが、ひとつ面白い画像を紹介している方を見つけました。こちら

 11年前の今日。1996年10月27日。旅の158日目。トルコ ドゥバヤジット。
 宿替え。15万トルコリラのパラシュートペンションへ。15万トルコリラといったらどんだけ高いのかと思いきや、当時のレートで150円ほど。日に日に通貨の価値が下がっていくトルコリラ。両替は少しずつしていったほうがいい。
 西洋人には有名な宿なのか、行ってみるとドミトリーに自分以外は全員西洋人バックパッカーだった。この辺がインドあたりを旅行するときとは状況がずいぶん違う。
 夕飯を頼むことができたのでスタッフに頼んでおいた。
 ところが、別室で西洋人20人ほどのパーティーが催されスタッフはみんなそっちにかかりっきりに。飯はいつになってもこないので、堪忍しきれずスタッフに怒りをぶつけたらようやく持ってきてくれた。
 寝ようかと思ったが、3人部屋のドミトリーに自分の分のエキストラベッドを運んできてくれるはずだったのにそれも来ない。
 見かねてパーティー中の英国人たちが、自分のベッドを使って先に休んでいてくれ、と勧めてくれた。自分が逆に彼らの立場だったら同じようにベッドを譲ってあげられたかどうか。ウジウジと考える晩となった。
by haiderinn | 2007-10-27 09:28 | こんな毎日
<< ミドリちゃんデビュー 今週の週替わりメニュー紹介 >>