<< ニッコー製菓の桃福! ほんのちょっとだけ店内が変わりました >>

ドア修理

a0094201_1029157.jpg 数ヶ月前から、どうも入口のドアの調子がよくありませんでした。最後まで閉まりきらずにひっかかってしまい、風が吹いた時にガタっと突然しまったり、しまったのはいいものの今度は開けにくくてお客様が難儀したり。
 木製の朔の扉は湿気で少し膨らんでしまい、台風の後などにとくにこうした状態がひどくなっていたのでした。
 こんなときには大工のサブちゃん
 忙しい中をきてもらって、カンナでシューっと削ってもらいました。ひとまずこれでひっかかりはとれました。ありがとうサブちゃん。
 しかし、カンナで削ったところはペンキまで禿げてしまい、白木むき出しです。
 近日中に久々に塗装です。

 11年前の今日。1996年10月3日。旅の134日目。パキスタン ラワールピンディ。
 病気だったこともあり、このころの日記は内容が乏しい。中華を食べに行った時以外は何を食べていたのかよく分からない。
 確かカレーは食べた。菜食の多いインドではあまりお目にかからなかったチキンカレー。骨付きにくがどかっと入っていたのだが、とてつもなく辛かった。でも、もっとカレーを食っておけばよかった。
 ほかにラグ麺とうものを食べに行った。ラワールピンディは、インド方面から来た旅人と中国方面から来た人が合流する町だが、中国方面から来た人たちによれば、中国のウイグルにはこのラグ麺というのを食べさせる店がたくさんあって、とてもうまい!ということだった。
 このラワールピンディにもポピュラーインの近くにラグ麺屋があって、そこに数人で行ってみた。これも日記に記録がないので、ラグ麺がどんなものなのか自分の記憶にはあまりないのだけれど、そこで食べたのはたいしてうまい代物ではなかった、というのははっきり覚えている。きっと中国で食えばもっともっとうまいラグ麺に出会えるのだろう。残念。
 ちょっと調べたら日本でもラグ麺を食べれるところがあるらしい。ここ。
by haiderinn | 2007-10-03 10:52 | こんな朔
<< ニッコー製菓の桃福! ほんのちょっとだけ店内が変わりました >>