<< ナイン ストリングス 赤のティラミス >>

そばの月見

 本日は貸し切り営業があるため、通常営業は4時までとさせていただきます。よろしくお願いいたします。 

 昨日は中秋の名月ということで、例によって片付けが終わった深夜、月を見にちょっとでかけてみました。
 場所は真栄里ビーチ。石垣全日空ホテルの目の前にあるビーチです(プライベートビーチではありません)。
 このビーチ、昼間来てもあんまり面白くない所なんですが、ひとけのいない夜にこうして月でも見るのにはとてもいいところだということがわかりました。なにせ近場にあるので。
 満月にはちょっと欠ける月でしたが、まぶしいぐらい白い月。
 寝転がって雲が通り過ぎたりするのをバカ話したり、料理長の「月や浜節」を聴きながら見るというのは、なかなか楽しいものでした。
 途中で守衛のお兄さんがやってきて、もしかしたらヤシガニが産卵するかもしれない、と教えてくれたのですが、残念ながらそれはなし。
 今度は流星群とか見るのにここに来てみよう。
 
 11年前の今日。1996年9月26日。 旅の127日目。 パキスタン ラワールピンディ。
 薬はもらったものの、すぐには症状がよくならず、昨日の晩はついに嘔吐してしまった。
 眠れずに夜をすごし、明け方ようやくうつらうつらしてくると、突如どデカイ音で起こされる。
 「アラーーーー、アクバル!」
 このポピュラーインのすぐ隣にはどうやらモスクがあるらしく、イスラム教徒にお祈りの時間を教えるアザーンという坊さんによる一種の歌声というか読経というか、そういうものがスピーカーからどデカイ音量で一日数回流れてくる。
 まずは早朝の一発目がこの明け方の時間というわけだ。
 せっかく寝れそうだったのに、またこれで眠れなくなった。
 そうして、また暑ぐるしい一日が明けていく。
 その日はもう一度もどしてしまった。
 当初予定していたクエッタという次の町への移動も当然ながら延期。
 ポピュラーインに延泊。
 自分の他にも、同じような症状で具合が悪くなる人が数人いるという話を聞いたが、もしかしたら宿の食事になにか入れられていて、延泊させるようにしむけているのではないか、という噂もあった。
by haiderinn | 2007-09-26 10:37 | こんな毎日
<< ナイン ストリングス 赤のティラミス >>