<< 今週の週替わりメニューです 北の味、南の味 >>

日本の顔

 日本の顔がすげかわる。アベ辞職。まさにアベンド(=ABEND コンピューター用語でプログラムのミスにより異常終了すること)っていう感じ。おぼっちゃまは疲れちゃったのかな?
 まあ、日本の首相が変わろうが、アベの顔がどんなだったか思い出せる外国人は少ないに違いないでしょう。それは、しょうがない。自分だって今のイギリス首相の顔よく思い出せないですから。
 だから日本のお札に描かれた顔こそが日本の顔かもしれません。お札が替わるまではいろんな外国人がそれらの顔を見るわけだし。
 今のお札の顔は、福沢諭吉、樋口一葉、それから野口英世ですか。
 よく料理長と話すのですが、もっと身近な人がいいなあ。
 スポーツ選手とかいいんじゃない?
 やっぱ王選手でしょ(国籍日本じゃないけど問題ないでしょ)。それから千代の富士(ふるーーー!)
 あと偉大なのはやはり植村直己じゃないですか。
 それでお札を見る角度によって、見える絵が変化する。昔よくシールとかであったやつ。
 左から右にお札を動かすと、千代の富士がしこを踏む。王選手が球を打つ。植村直己は、、、、犬ぞりにムチを入れる。。。とかね。日本人も外国人も大喜び間違いなし。
 外人にこれ誰?と聞かれてもみんな答えられるでしょ。これなら。

 11年前の今日。1996年9月13日。旅の114日目。パキスタン ラワールピンディ。
 バザールでシャツを購入。130ルピー(=390円ぐらい)。パキスタンのバザールはとても感じがよい。やかましすぎないし、人の数も適度。商人も礼儀正しく、物乞いも少ない。
 自然に久保田早紀「異邦人」が頭の中を駆け巡る。
  祈りの声 ひずめの音 歌うようなざわめき  
 まさにそんなところだ。今思い出してもドキドキする。
 午後からラワールピンディを出て、パキスタン北部の中心都市ギルギット行きのバスに乗った。到着は明日。
by haiderinn | 2007-09-13 20:57 | こんな毎日
<< 今週の週替わりメニューです 北の味、南の味 >>