<< アンガマ ミンガラーバ >>

エイサー!

a0094201_10272356.jpg 昨日から旧盆にはいりました。石垣ではソーロンとよばれます。沖縄各地で様々な行事があるのですが、エイサーもそのひとつ。
 エイサーは沖縄本島のいわば盆踊り。石垣には元来なかったらしいのですが、本島からの移住者を中心とした有志がサークルを作るなどしていくつかエイサーを披露してくれる団体ができたようです。
 内地の盆踊りは公園などにやぐらを立ててチョチョンガチョンの橋幸夫風音楽を流しながら、その周りを簡単な振り付けでぐるぐるまわるものですが、こちらは島内の様々な場所にエイサーチームが招かれたりして踊りを披露してまわります。つまり、日ごろ踊りの振り付けを訓練していない一般人が飛び入りで参加できるようなものではなく、あくまでも観客に見せるショー的な踊りとなっています。
 昨日の晩は、お隣の器と雑貨の店「蓮屋」さんのKちゃんに「誠組」というチームのエイサー披露スケジュール(どの場所で何時から踊るか)を教えてもらったので、23時ごろ中心部の飲み屋街 美崎町へ見に行ってみました。
 このチームは女性ばかり(中心におひと方男性がいましたが)。大太鼓を抱える人が数名。手にタンバリンみたいに持つ小太鼓をその他の人は持ち、バックに沖縄の比較的新しい民謡(新民謡)などをながしながら、太鼓を勇壮にたたきつつ踊っていいました。そもそもは盆踊りといっても、今では立派なダンスパフォーマンスで、相当練習しないとみんなで合わせてあそこまで踊ることはできないと思います。すばらしい。お疲れ様でした。
 旧盆は月曜日まで。他の行事をみることがあったらまたレポートします。
 11年前の今日。1996年8月26日。 旅の96日目。インド アウランガバード。
 アウランガバードはアジャンタとエローラの起点となる町。近いのはエローラ。路線バスででかける。エローラになにがあるのか、というと石窟である。仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の信者たちが作った石窟が34個ならんでいる。インド版の敦煌のようなところだ。岩壁を掘った空洞の中に仏像があったりする。各石窟には番号が振られていて、右端が1番。
 やはりこういうものは1番から見ていかないと。
 入ってみる。ふーん。ただの洞窟で何もない。ときどき仏像がある。
 正直、つまらない。
a0094201_2113984.jpg どんどん進む。しかし、結構な距離を歩く。たぶん次もつまらない、と思っても貧乏性で几帳面に各石窟に目を通す。ふーん、といって次。
 ようやく真ん中あたり、16番。エローラ遺跡のメイン カイラス山。
 これは、岩壁を彫ったというより、岩をくりぬいて、巨大な岩の神殿を作ったようなものだ。これならど素人の自分がみても、心動かされる。要するにわかりやすい。
 デカけりゃいいのか?
 たぶんそうだ。
 16番をしばらく見て、すっかりくたびれてしまった。後半分は面倒くさくなり見ずに帰ることにした。遺跡と言っても知識がなけりゃ楽しめない。その日の日記にも自虐的に次のようなことが書かれてあった。
 「なぜエローラを訪れたのだろう。エローラについてほとんど知識を持ち合わせていないし、元々来たかった訳でもない。来たとしてもただ訪れた、という実績を残すためだけのものなのではなかろうか。こんなに疲れて、たいした感動もしないなら行かなくてもいいではないか。アジャンタ行きはやめた」
 。。。。アジャンタ行きまでやめてしまった。そんなにかたくなにならなくても。。。
by haiderinn | 2007-08-26 10:44 | こんな毎日
<< アンガマ ミンガラーバ >>