<< 元とりまくり 古典民謡の演奏会があります >>

アートな茶

a0094201_1013084.jpg いや、写真のお茶はうちのメニューにはありません。またまた頂きものですが、これは中国の「工芸茶」というものだそうです。英語でART TEAという訳がついている通り、お茶の葉を使ったアートですな。お茶の中身は普通のジャスミンティーなんですけど、茶葉を真中で縛って、広がる葉のように見せ、さらに茶葉の中心部分に紐をつなげて先端に花を結んである。写真でピンクのやつが花です。千日紅というきれいな花。おもしろいのは、最初からこういう形になっているわけではなく、お湯を注ぐ前はボール状。湯を注ぐと茶葉が開いて中から赤い花がぱっと出てくる仕組み。うまくいくと葉から茎がすっと上にたって花が咲いているようになるはずなのですが、今回はちょっと失敗。
 中国の人の茶に対する思い入れが感じられます。日本でもこんな風に茶葉で遊ぶようなことがあるんだろうか?茶柱が立つとか、ぐらい?ペットボトルのお茶も名前だけ違ってほとんど中身が一緒なら、これぐらいのアートなことをやってほしいものだなあ。

 11年前の今日。旅の13日目。船は南京を出てすでに5日目。まだ重慶にはつかない。なげー。万県という町に到着。灰色の装飾を一切排除したかのような、かといっておしゃれな打ちっぱなしというわけでもない本当に愛想のかけらもない建物が丘の上まで並んでいる。不気味。共産党建築とでもいうのかな?
 体調は回復しつつあったが、あまりにもものを食わない(食えない)ので、同室の王さんが心配してくれてレストランからご飯を持ってきてくれた。さらに王さん持参の干した豆腐も分けてくれた。干豆腐をご飯にのせて食べる。うまいよ、王さん。ありがとう。
by haiderinn | 2007-06-04 10:11 | こんな毎日
<< 元とりまくり 古典民謡の演奏会があります >>