<< 古典民謡の演奏会があります 今週の週替わりメニュー >>

月ぬかいしゃー

 すみません。またタイトルを少しだけ変更しました。より検索にかかりやすいようにしたつもりです。
a0094201_10303918.jpg  昨晩は満月でした。満月の夜にここから海を見下ろすととってもきれいだよ、と常連のばがなつさんが教えてくれたポイントがあり、とてもそそられていたのですが、雲の少ない今日がチャンス!とシャッターを閉めてから急遽出かけることに決定しました。昼間でも眺めが最高の明石のパラセーリング場。朔から車で45分ぐらいの距離です。朔のお隣のお隣に間もなくできる雑貨屋「蓮屋」さんからいただいた手作りパンに生ハムとチーズを乗っけたものをお弁当にして出発!海風を感じながらのドライブはとても気持ちがいい。満月だからか途中カニが大量に道路に出現!1匹踏んでしまった!カニよ、すまん。まさか、そんなところで最後になるとは思っていなかっただろうに。
 到着したのはもう12時近く。途中からほとんどすれ違う車もなくなっていたけど、やっぱり現地には人影なし。駐車場から高台に上ると、おー!うす雲を突き破って満月の光。はるか下には月の光で鈍く光る海が静かだ(写真にとるには厳しかった)。もっとはっきりと月光の道が海にできるかと思っていたけど、このぐらいシブイのも素敵だ。風がまた気持ちいい。けれど、とにかく夕飯がまだなのでひたすらパンを食った。お、ここで一句。「満月や 海を見下ろすピクニック こころもハラも満たされていく」
 雲の動きは早くときどきまぶいいぐらいの光も照りつける中、料理長は「月夜浜節」とか「月ぬかいしゃー」とか唄い、芝生の上に寝転がって(牛糞に注意!)月がかげると見えてくる星空。あー、面倒くさがらずに来てえがったー。

 11年前の今日の話し。旅の11日目。南京から重慶行きの船 3日目。食欲がでないのでぐったりして寝台でねるばかり。すると夢を見た。女優 藤田朋子と結婚する夢だった。シュールだ。でもやたらと幸せな夢だったのがよかったのか、目覚めると少し気分がよくなっていた。この日はあんまり周囲を観察する余裕がなかったようで、日記もおもしろくないな。
by haiderinn | 2007-06-02 10:30 | こんな毎日
<< 古典民謡の演奏会があります 今週の週替わりメニュー >>