<< 豆の花 巨大貝、発見!!・・・かい? >>

またまたいただきもの

a0094201_9435076.jpg 常連のばがなつさんがこんな果物を持ってきてくれました。「レンブ」というそうです。台湾を中心に東南アジアでよくみかけるそうですが、気がつかなかったなあ。石垣でも少しなるそうです。食べてみました。ちょっとピーマンを連想していたのですが、ちゃんと果肉があってかみごたえがシャックリとしているのがいい。味は、梨、、、、のちょっと渋みがあるかんじ。水気はそこそこあります。強烈な個性の南国フルーツの中にあってはいぶし銀の渋い存在だな。桃色のきれいな実のレンブはフトモモ科に属するそうです。
 11年前の今日。旅の6日目。上海を発って南京へむかう客船に乗る。南京までは1泊2日。チケットは6人部屋の三等船室。夜、船内のレストランがカラオケ会場にあやしく変貌していた。電気を暗くして、カラオケのモニターばかりが光るなかで順番に前に進み出ては中国の歌を歌う人たち。カラオケ好きなんだなあ、中国の人たちも。しかし、いろんなところがなんか日本で見慣れた様子と違う。。。まず、歌の順番が回ってきた人。モニターの前の椅子に腰かけて、モニターにかぶりつき、他の人たちを完全無視。背中向けて歌っている。意外にシャイなのか。それはいい、決定的に違うのは、カラオケの曲が始まると、周りの人たちの中からどこからともなく男女が何組か進み出る。なんだなんだと思っていると、素人のへったくそな歌謡曲でもって、気取った感じに社交ダンスを踊りだすのだ。いったい、シャイなのかそうでないのかわけがわからない。というか、何でこの場で社交ダンスしようという気になるの?しかし、さらに異様だったのは、このカラオケ社交ダンス場と化したレストランに入れない人たちが大勢、わんさか鈴なりにレストランの外のデッキから窓越しに中の様子を見ていることだ。そして、そんな(自分にとっては)奇妙この上ない中の状況を冷やかしながら見ていてくれるなら、まだこのひとたちが理解できたのだけれど、みんな異様な熱気で真剣なまなざしで見ている。遠慮なくじーっと。この無遠慮な視線というのは最初のうちちょっと悩まされた。外国人の自分が珍しいのか、船の中でみな見るのだ。ひええ、そんなに見ないでくれ。ストレスたまる。こんな面白くてちょっと怖い中国の船なのだった。
by haiderinn | 2007-05-28 10:09 | こんな毎日
<< 豆の花 巨大貝、発見!!・・・かい? >>