<< 石垣の昔話 こんなうわさがあります >>

昨日の朔さん

ヒマージン there is no guest---(lyrics by ハン・レノン)
と歌いたくなるほど暇になってしまったのでお店でブログを書くとします
25日。予言の津波はおきませんでした。が、前後にずれる可能性ありとうことでまだまだ油断できません。
 今週のカレーは「ホウレンソウとチーズのカレー(サグ・パニール)」。ほうれん草のペーストたっぷりの少し辛口カレーです。ただ、チーズが乗っているのでその分はマイルドになります。サラダは「カボチャ、オクラ、ソーセージのサラダ」。スーパーで安いオクラを随分見かけるようになり石垣島は夏になってきました。デザートは「いちごと桜の」ムース」です。イチゴと桜の花びら、それにたっぷりの生クリームでフワフワにつくりました。淡い色合いがきれいなデザートです。
 こちらにはフクギという木がたくさん茂っています。内地では聞いたことが無かったので、こちらの独特のものだと思います。ブーゲンビリアなどの存在に隠れて地味なフクギ。濃い緑を一年中茂らせて一見変化に乏しいかに見えますが、昨日はお隣の家のフクギの花が咲き始めたのを発見。地味ですが独特の甘い香りがします。一度気づくと町じゅうあちこちでフクギの花の香りがしてきます。下がフクギの花。
a0094201_1021416.jpg

 昨日は、お昼ご飯に「玄米カフェslow」さんのslowプレート(イカのピリカラ焼き?だったかな。随分遠くから匂いに誘われました)とラフテー丼。とってもおいしくいただきました。slowさんは席がゆったりしていていいな、と話しつつ一旦帰宅。その後新しい港見物。2月ぐらいにできた、という新しい港。電光掲示板の乗船案内があるぞ!という触れ込みだけは聞いていました。それでは是非とも電光掲示板を見ねば、と思いつつ今ごろやっとノコノコと見物に。
 おー、広い。不必要に広すぎるかと思えるほど広い。そして電光掲示板。おーきれいだ。必要以上に立派過ぎるかと思えるほどジョートーだ。
 用も無いのに港の建物にいても仕方ないので米原方面へドライブ。ビーチで読書だ(津波が来ることはすっかり忘れている)。お金を掛けない娯楽は読書さ。しかも、借りた本を読むのが一番。先ほどの玄米cafe slowさんでは図書の貸し出しも行っていまして、そこから料理長が一気に4冊もの本を借りてきてしまいました。料理長はその中から「きょうの猫村さん」にくぎ付け(漫画ですが)。自分は、吉本ばなな著「人生の旅をゆく」を。なんだか気持ちよく読めるのは、自分も感じていている社会のちょっとした違和感を丁寧に拾い上げて言葉にしてくれるからかな?下は「猫村さん」を読みふける料理長。
a0094201_10212553.jpg

そして、ちょっとビックリしたのが、米原ビーチの駐車場がどうやら有料(一日500円)になるということ。ひいいいい。
a0094201_10214046.jpg

by haiderinn | 2007-04-27 10:21 | こんな毎日
<< 石垣の昔話 こんなうわさがあります >>