<< 昨日の朔さん たまにはメニューの話でもしますか >>

こんなうわさがあります

 最近石垣島ではこんなうわさが広がっています。
「あるユタが津波がおしよせる、という予言を出した。その日は4月25日」
25日。今日だ!
 明和の大津波の話題が出ていた時だけに、このブログ的にはなんともタイムリーな予言です。ユタの予言の内容を聞いたのは初めてなので、いつもどの程度あたるのかはわかりませんが、昨日いらしたお客様は自分の車に避難用の荷物を積み込んである、とのことでした。普段霊感とは程遠い下世話な日常を送っている自分でも、昨日の晩外に出た時周囲に満ちていた異様な潮のにおいが、何か海から押し寄せてくるのでは?なんてなことを連想させてくれる不気味なものに感じられたりもしてきます。
 池澤夏樹編「オキナワなんでも事典」によりますと「ユタ」は「宗教的な民間の巫女」で「死者儀礼や先祖供養などの家庭内の祭祀を行い、占いもする」そうです。「霊的能力を備えた女性が、人生上の不幸に遭遇して、、、、巫女修行を行うことによって克服」したあとにユタと認められるとのこと。たくさんいるそうですが、自分は出会ったことはありません。そして、その本によると昔の女性は自分の気に入る予言がでるまで、いろんなユタのところを回ったらしいので案外絶対的な予言ではないみたい。
 予言の有効期限?は前後二週間ということらしいので、先日宮古島であった地震で出た津波注意報がそれだった、というオチがつく可能性もあります。
 さて、全く話題が変わりますが、昨日は東京からのお客様がいらっしゃいました。その方はTRAVELERS' CAFE 朔が屋台の時代のお客様。1週間ごとに現れる朔号にほぼ毎週買いに来てくれていた方でした。今回は西表への旅行の途中でよっていただきました。とってもうれしいことです。ありがとうございます!
by haiderinn | 2007-04-25 10:12 | こんな毎日
<< 昨日の朔さん たまにはメニューの話でもしますか >>