<< CLSA! 今日は何の日?   佐渡の日 >>

エキサイト フロク

 この1週間で久しぶりに暖かくなった昨日の開店1ヶ月小記念日。結局お店として何かするということもなく、いつものままにカレーを売っていた普通の午後、、、、だったのですが、ヘルメットかぶってタンカンの箱もった郵便配達のおっさん登場。
 ちっ、親戚に送ったタンカンが戻ってきちまった!と、思いきや、「フルネームでお願いします」とサイン。うちへの届け物でした。送り主は、本島在住のユカちゃん。以前のブログで紹介したのですが、窓に飾ってあるヒッピー風暖簾を手づくりしてくれた友達です。2月に誕生日を迎えた自分たちへのプレゼントということ。誕生日に間に合わなかったので朔1ヶ月記念日に贈ってくれたそうです。いやあ、ありがとねえ。忙しさにかまけてこちらからは何もユカちゃんのバースデープレゼント贈ってないのに(汗)。
 中にはいろいろ入っていたのですが、メインはこれ
a0094201_933244.jpg

 「大人の科学」。。。。まじめな雑誌です。もちろん。出版社は学研。ということはあの「学習」・「科学」の「科学」の方の大人版。
 取ってました、子供のとき。というか、取ってもらってました。好きでした。毎月夢中でよんだはず。今、なぜか「探偵、アラマソウカイ」という連載マンガのタイトルを思い出した。しかし、一番の楽しみは、フロクだったよ、もちろん。
 そしてこの「大人の科学」のフロクは、、、「投影式万華鏡」!なにーー!!軽く万華鏡好きな自分の心を激しくくすぐるタイトル。大人なフロクだ。はやる気持ちを抑え、雑誌の内容に目を通す。フーン、万華鏡とは1816年イギリスの科学者ブリュースターが発明したのか。何でも、ブリュースターは光学の研究者だったらしく、「灯台の光をより遠くへ届かせるため、光の反射や屈折の実験をしていた時」に偶然万華鏡を発明したとか。その後、万華鏡にはまり「THE KALEIDOSCOPE」という万華鏡研究の決定版の本まで書いたと。本末転倒でしょう、博士。
 そしてこれは普通の万華鏡ではなく、投影式。白い壁に映すといいはず。そして店は白い壁だらけ。しかし、昨晩は遅くなったのでまだフロクは組み立てられず。今晩にでも店で投影してみよう。楽しみだ。
 最後に、昨日重態となったサボテンのカトちゃんについて。実は、幹(というのか)の1つが完全にポッキリ折れてしまったので、近所の園芸センターのおばちゃんに聞いてみたところ、
①折れた部分のギザギザをきれいにカットする
②日陰で2~3日おいて切断部分を乾燥する
③観葉植物の土に移植する
という処方箋がでました。現在、①のカットを無事終え乾燥中。復活してくれカトちゃん。
by haiderinn | 2007-03-11 09:57 | こんな毎日
<< CLSA! 今日は何の日?   佐渡の日 >>