<< ハイダーイン カレー戦士「パパダム」 朔とは... >>

幸せな放課後

 昨日の晩は早くあがれたので(夜のお客様が少なかったのね)、久しぶりにDVDでも観るか!ということになりました。本当に久々だなあ。何ヶ月も前に「ロシアン・ドールズ」観て以来。
TSUTAYA行くと見たい作品がたくさんあったけど、内地にいるとき見逃したオドレイ・トトゥ(アメリですよ)出演の「堕天使のパスポート」を選択。
 仕事が終わってDVDを観れる時間があるなんて、何という幸せ。シャワー浴びて、経理済まして、スタンバイ。再生!うーん、カッコいいオープニングだ(いや、普通か)。映画の出だしはいつもワクワクするぜ。映画館で観ると、この前に更に予告編があってそれも楽しみだ。たまーに、午前中の上映時間に行ったりすると、いきなり本編から始まることがあり損した気分になるよ。料理長なんかも予告編好きで予告編だけで泣ける、というコストパフォーマンスのよさをほこる。興奮しすぎじゃねえか?
 約110分、集中が切れることなく観れました。面白かった、っていっていいのかな。描かれているのが、ロンドンの悲惨な不法滞在者、不法労働者の姿だからなあ。それにしてもトルコ人の不法労働者役のオドレイ・トトゥが、なまりのある英語(地なの?)を話すのがまた可愛いぜ。途中でスーフィーダンスみたいなのを踊ってたけど、トルコ人って本当にあんなにして踊るのかな?
 観終わって冷静になると主人公のナイジェリアからの不法滞在者の医師(俳優名はしりません)のスーパーマンぶりや、ストーリーの勧善懲悪っぷりがハリウッド映画のような嬉し恥ずかしさを感じさせるけれども(BBCの関連会社がつくった英国映画のようです)、このぐらいわかりやすいスリルとサスペンスでわたくしは十分楽しめるのでした。次は何観っかなあ。いつ観れっかな?
 勝手に映画の画像入れると怒られそうなので画像無し。
by haiderinn | 2007-02-27 09:29 | こんな毎日
<< ハイダーイン カレー戦士「パパダム」 朔とは... >>