「ほっ」と。キャンペーン
<< ブラジルで忘れるものは 遠くで光るもの >>

カレーとソウル

 最近韓国に行ってきたばかりのカレー好きの友人から聞いたのですが、韓国というのはカレー屋が少ないそうですね。
 
 あまりにカレー好きのため、カレー欠乏症になると困ると言って、事前にカレー屋の場所を調べていったらしいのですが、そうでもしない限り日本のように簡単にカレー屋が見つかるようなことはないそうです。

 その友人は、やはり途中でカレーが食べたくなり、あらかじめ調査済みのその店でカレーにありついたとのこと。
 カレーとライスとちょっと副菜がついて二名分で4万ウォン(約四千円)だったとか。

 まあ、日本でもちょっと高いかなぐらいの値段ですが、韓国の外食の安さから見ると、これは非常に高いそうです。
 4万ウォン出せば、高級カルビがたらふく食える、と友人。

 味はそこそこだったらしいですが、玉ねぎのアチャール(レモンや唐辛子で生玉ねぎを和えたもの)は、キムチ風味だったそうです。

 インドと同じ辛い物好きのイメージですが、韓国人はカレーはダメなんでしょうかね。

 さて、今週13日(水)に行われるトラベラーズカフェ朔スペシャルイベント「音楽とスイーツ」。
 迫ってまいりました。

 今回もハシケンの歌を紹介します。

 2007年のアルバム「Hug」から、ピアノマン「リクオ」さんが作詞、作曲した名曲「ソウル」です。
 乗り物に揺られて、遠くの夜の街を車窓からぼんやりと眺めているようなイメージがわきます。
 何か強い力に翻弄されるように急ぎ流される現代人の心を慰撫する、そんな曲のような気がします。
 では、リクオさんとの共演の映像です。
 


★★石垣島のカフェ&カレー  トラベラーズカフェ朔 ★★


営業時間 11:30~16:00 19:00~21:30
ランチタイム 11:30~14:00
ラストオーダー 21:00

定休日: 日曜日

住所:〒907-0004 沖縄県石垣市登野城624
TEL FAX:0980-88-8183

お気軽にご来店ください。お待ちしております  (店長:半澤洋和)

by haiderinn | 2013-11-11 01:44 | こんなメニュー
<< ブラジルで忘れるものは 遠くで光るもの >>