<< 7月1日~6日までの週替わりメ... 6月24日~29日までの週替わ... >>

ゆるき よき 研究所 「熱研」公開日

 少し前から、週替わりメニュー紹介とネタの二つにわけて投稿している朔のblogです。
 先週はいろいろあり、こちらの「ネタ編」をお休みいたしました。

a0094201_135275.jpg さて、昨日は「熱研」の公開日でした。
 「熱研」は、

 独立行政法人 国際農林水産業研究センター 熱帯・島嶼研究拠点

 という長い名前が正式名称とのこと。
 「西海水産研究所」同様、蓮舫の事業仕分けの魔の手から逃れて無事存続しています。
 
 入館直後、ここにもいました。
 ゆるきゃら「ねっけんくん」。




 写真が取れなかったのが残念なのですが、詳しくはこちらのリンクをご覧ください
 なんでも
 
 ヤシの実とパイナップル、パパイアの掛け合わせで生まれた「農業の妖精」

 なんだそうです。
 ここ数年の「ゆるキャラ」ブームでどこもかしこもこうしたキャラがいますが、

 本当に「ゆるい」のか?!

 というのが問題だったりします。
 「ゆるい」のは、「つきつめなさ」とか「仕上げのいい加減さ」とかそのような意味だろうと、思っているのですが、どうでしょう?
 昔はマスコットキャラクターと呼ばれていたものがすべて「ゆるキャラ」となっているような。。。
 (ちにみに「ゆるキャラ」という言葉の発信源のみうらじゅんは、最近では自分がつくった作品がすべて「ゆるいですねえ」と言われて困っている、と言っていた)

 だから、狙ってきっちりつくった「ゆるキャラ」はゆるくない。
 その点、「ねっけんくん」は、リンクの新聞記事によると

 キルト布とワイヤと綿を調達し、ミシンと手縫いで約1週間かけて完成させた。製作費はわずか1万円

 「1年ですでに形が崩れてきているけど、ずっとかわいがってもらえるといいな」(製作者の話)

 と言っている点で、私はゆるキャラと認定。

 まあ、そんなことはいいんです。
 うちには。気ぐるみ恐怖症のマメサク(2歳)がいるんです。
 入場していきなり「ねっけんくん」を発見してしまったせいで、「抱っこ」になってしまいました。

 なんとか、「ねっけんくん」のことを忘れさせようと、まず入ったのが
 DNAを見てみよう!
 のコーナー。

 よし、ゆるさとかけ離れたテーマのこのブースで一気に気分転換だ。

 それにしてもDNAって見えるの??

 実際に、実験をやらせてもらえました。
 まず、DNAを含んだ液体に、塩化ナトリウムを加え、さらにエタノールを加えて、よく振る。

 すると、、、あ、なにか白い塊が!

a0094201_1311173.jpg


 こ、これがDNAなのか!
 こんなにはっきりみえるの?

 熱研の方が冷静に「一本一本だと見えませんよ」と解説してくれました。
 どうやらDNAの束が見えているらしい。
 そして、これは牛のDNAだそうです。

 お前にも俺のをわけてやったんだぞ。

 とチビサク(4歳)に親の偉大さを教え、、、
 すっかり上機嫌でブースを後にしたころには、「ねっけんくん」にマメサクがおびえていたことなど、こちらが忘れていました。

 次に向かったのは、
 大型農業機械に触れてみよう!
 のコーナー。

 といっても、大小のトラクターや、なにかを運搬する乗り物が10台ぐらい置いてあるだけのコーナー。
 「はい並んで」とか「危ない、危ない」とかいう職員がいない、まったく自由なコーナーは、この施設そのものの大人の「ゆるさ」を感じさせてくれて、感銘。
 当然、息子たちは大喜びでした。

a0094201_13123321.jpg


 そのほか、エビ観察コーナーと「おいしいドリアンの見分け方」のコーナーに行き、閉館時間。

 全体的にゆるく楽しい雰囲気の中で、特にうれしいのが、熱研でつくった甘い甘いパインとかき氷が無料で、いただけたこと。
 冷たいお茶もばっちりあって、ガジュマルの木陰などで涼しく頂くことができます。

 なんだか、とてもいい雰囲気で働いていることが伝わってくる熱研。
 次の公開日が楽しみです。
by haiderinn | 2013-06-24 13:15 | こんな毎日
<< 7月1日~6日までの週替わりメ... 6月24日~29日までの週替わ... >>