<< 衝撃のフェイス 台風が過ぎて秋となりました。 >>

コスモス カーボーイダンス こびとビジネス そして なます

 昨日車の中で長男チビサク(4歳)が
 「コスモスの歌を歌う」
 というので、
 お、渋いな。さだまさしか。
 と思ったら
 「コスモース、コスモース」
 と元気な明るい歌声なので、よく聞くと、どうもコスモスはコスモスでも
 
 ウルトラマンコスモス

 の歌のようでした。
 運動会で他のクラスのお遊戯に使われていたんですねえ。

 さて、子供の保育所の運動会も終わりひと段落。
 先週はその運動会などでちょっとお休みをいただきました。
 運動会の後は子供たちに付き合ってDVDやらYou Tubeやらを見る時間が長かった連休。
 子供にいちばん受けたのはこの動画でした。
 韓国人PSYの「オッパン カンナム スタイル」
 カーボーイダンスが子供心をわしづかみです。



 子供心をつかんだと言えば、いまさらですが「こびと図鑑」。
 最初に見たときには完全に大人受けを狙ったものだと思っていましたが、今年は保育所に「図鑑」をもちこむ子供も。
 さぞや大きなビジネスになっていることでしょう。
 うちの息子も随分こびとの話をするので、今年のチビサクのバースデーケーキはこれにしました。
 大浜のニッコー製菓作

a0094201_12325589.jpg

 一番有名なこびと。
 カクレモモジリ。
 桃の木を登るときの尻がたまりません。


a0094201_1242177.jpga0094201_12422963.jpg 友達を呼んでチビサクの誕生会をしたのですが、一人がプレゼントに、と持ってきてくれたのがこれ。

 「極楽」と「地獄」。。。

 子供はなぜか地獄好き。
 これまでも図書館で
 「えんまの歯医者」とか「地獄のそうべえ」
 なんていうのを借りると、かなり受けていました。
 が、こんかいのプレゼントは、リアル。
 リアル地獄
 っていうのも変ですが、まさに本物の「地獄絵巻」です。

 なぜに4歳の子供の誕生日にこれか、と普通思うところですが。 
 これは実は絵本。
 タイトルもよく見ると「絵本 極楽」と「絵本 地獄」。

 でも中で使われている絵はお寺さんに収蔵されている本物を使っています。
 そして1人称の語りのお話になっています。

 それにしても「絵本 地獄」の内容は怖い。
 表紙からして、怒り狂った赤鬼が大きな金具をもって男の口から舌を抜こうとしているところでしょうか。
 男の口からは血があふれ出ています。

 中を開くと、多くのむくろが転がる中を地獄へ進む主人公が三途の川を渡りしょうづかのばあさんに着物をはぎ取られる。
 やがて閻魔大王の前で審判を受け、もうだめかと思ったところに生前の善行を知っているお地蔵さんが大王にとりなしをしてくれて、ギリギリのところでこの世に戻ってもよいことになる。

 しかし、その前に「地獄がどんなんところか、とっくりとみせてやろう」という閻魔大王により、次々と地獄の様子を見ることになる、と言うお話。

 いろーんな地獄がおまっせ。
 針地獄、火あぶり地獄、火の車地獄、竜の口地獄、かまゆで地獄。
 熱いやつが多いですな。
 どれも勘弁してほしいですが、中でもこれは、というのは

 「なます地獄」

 生きながら、からだを刻まれます。
 鬼がまな板の上で人の足をもってカマボコのように体を刻み、横には手足、頭が転がり、桶に血だらけの胴体がなますになって漬けられています。
 牛や馬、魚や虫の世話をなまけてころしたものは、こうやって殺されたものの苦しみを味わうそうです。
 
 ちなみに、他の人の話を最後まできちんときかずに、自分勝手な振る舞いをするものは火の車地獄です。
 たったそれだけで、火の車で地獄中をひきまわされますよ。
 みなさん、人の話はちゃんと聞きましょう。

 おそろしいのは地獄では死ぬことができないこと。
 きりきざまれたてなますとなっても、フーッと風が吹くと、からだが元通りになってしまう。
 犯した罪が消えるまで、くりかえし、くりかえし、苦しまなければならないのだ!

 あー、こわ。

 ちなみに「絵本 極楽」のほうは、夢で「ぼく」が極楽体験をするお話。
 楽しげに書いてはあるんだけれど、なーんかみんな目が切れ長すぎるし、半裸だし、色とか植物がエキゾチックすぎるし、しょせん外国産の宗教なんだなあと、、、どうも極楽にいっても心からくつろげそうな感じがしません。
 むしろ絵のタッチとしては地獄の方が私なんかにはしっくりきてしまう。
 なぜでしょうか。。
 が、、、いやいや、極楽は地獄よりはずっといいところです。
 すみません。すみません。ひとつ極楽でお願いします。
 嫁さんの話もちゃんと聞くようにします。

 かなりハイレベルな誕生日プレゼントでしたが、子供はビビりながらも興味しんしんで眺めていました。
 しばらくは、
 「そんなことしたら地獄へ行くよ」
 とういのが使えそうです。

 さて、10月8日(過ぎましたが)~13日(土)の週替わりメニューのご案内。
a0094201_12471349.jpga0094201_12473653.jpg

 今日のカレーは「コリアンダチキン」から始まります。
 なくなり次第、次の「ほうれん草とチーズのカレー」にかわります。
 朔の「コリアンダチキン」はヨーグルトでじっくりマリネした鶏肉をたっぷり使って、やはりたっぷりの玉ねぎとともに作ります。
 スパイスのメインはやはりコリアンダ。
 パウダーもきざんだ葉っぱもどちらもたっぷり使います。
 あまりよそでは出していないカレーかもしれません。お勧めです。

 今週のサラダは「ジャガイモ、シメジ、コーンのサラダ」です。
 レモンオイル醤油ドレッシングでどうぞ。

 今週のデザートは「キャラメルプリン」です。
 作っている途中からたまらなくおいしそうなカラメルの香りが漂ってきます。
 しっかりとキャラメル味。
 プラムのソースとともに。
 
by haiderinn | 2012-10-09 12:50 | こんな毎日
<< 衝撃のフェイス 台風が過ぎて秋となりました。 >>