<< 鳥のフンに混じっている白いもの... 今週はコリアンダチキン >>

日曜日は図書館へ

 読書の秋もすっかり深まってしまいました。
 私ども朔チームはよく図書館を利用します。
 石垣の市立図書館はとてもよい。
 新聞、雑誌コーナーの過ごしやすさといったらたまりません。
 私は、クッションがたまらなく心地よいそこの椅子に座って開館時間の10時から閉館時間の6時まですごしたことがあります。
 ほぼ寝倒しましたけど。
 まあ、そんな極楽な時間の過ごし方も子供がいなかったときの話で、そんな贅沢は夢のまた夢。
 今では夫婦交代で自分の本を借り、片方は子供コーナーでマメサク(1歳)が次から次と本棚から引きずりおろす本を直しながら、チビサク(3歳)に絵本を読んであげつつ、子供用の本を選ぶという離れ業をこなしています。
 
 活字中毒で多読の料理長は2週間の返却期限までに限度の10冊フルに借りますが、読むのが遅い私は2~3冊程度。
 お互い趣味がかなり違うのですが、前回料理長が借りた本の中に「これは、、」という本があったので、ちょっとご紹介。 

 「不味い!」 小泉武夫著 新潮社

 著者は食べ物の発酵についての学者で文筆家。
 タイトルだけで十分強烈なのですが、まえがきでまずこう来ます。
 「さまざまな不味さとの対決を通して、一体、その本質はどこに宿っているのか、また原因や要因は何なのかを知ることにより、美味さとは何であるかを知る」
 
 そして「さまざまな不味さとの対決」が言葉だけのものでないことがたとえば「不味い虫」という一章を読むだけでもわかります(というか、その章のタイトルだけでほとんどノックアウトされます)。
 
 まず「虫は、実に美味なものが多い。」と書かれてしまいます(読むのがつらくなってきた方はここでやめてね)。
 あ、そうなんすね、、、、と力なく同意せざるを得ません。
 具体例がでます。
 「美味な虫の中で特記しておかなくてはならないものはタイ北部で購入したタガメ(田亀、水爬虫)の醤油であった。ナンプラー(魚醤)の入った四合ビンの中に巨大なタガメを何匹も詰め込んで売っていた、、、。タガメ特有の強烈にして妖しいにおいが口中に広がり、いっぺんに魅了されてしまった。
 帰国後、そのタガメ醤油を一本ぶら下げていって、漫画家の東海林さだおさんと二人で会食したのであったが、東海林さんはすでにタガメ醤油の匂いの魅力を知っていて、その土産を大いに喜んでくれたのだった。」

 さすが東海林さだおと言わざるを得ません。
 「なんでも鑑定団」で「あ、それ僕も持ってます」と言ってくれる石坂浩二並みの格の違いを見せつけてくれます。
 
 さらに
 「「屁臭虫」の幼虫が極めて美味で珍味である、ということを聞き」
 、、、、もちろん食べてみるわけです。
 世の中に「屁臭虫」(へくさむし)という虫がいること自体、私たちのつまらない日々の悩みを吹き飛ばしてくれそうな事実なのですが。。。
 飲食事典には「成虫の、あの鼻のもげそうな悪臭とは全く異なり、かすかにバラの花を思わせる甘く、耽美な匂いをもち、味も甘く上品である」と書かれてあったそうです。
 そしてクサギ(臭木)の木肌に食い込んで丸々と太った「屁臭虫」の幼虫をを知人に大量に捕獲してもらい、焙烙であぶって醤油をたらして食べたと。
 その後の描写もされていますが、みなさんに読ませるに忍びないので、読みたい方は図書館へ。

 お口直しに、これも料理長チョイスの
 「半漁人伝」水中写真家・中村征夫のこと 藤崎童士著 三五館

 まだ東京ディズニーランドもない1980年代にヘドロの東京湾を撮影し続けたほかさまざまな水中写真を撮り続けている中村征夫の伝記。
 このなかで、こんなことが書かれていました。
 1990年11月「東京・大阪湾から猛毒ダイオキシン」の見出しで、環境庁が調査した結果を「日本経済新聞」が掲載。
 これに対して、環境庁は「人の健康に問題はないものの、監視を続けることが必要」と発表。
 2年後、ダイオキシンが東京湾でまた検出。
 東京都は調査結果に対し、「食べても健康に影響があるレベルではない」と発表。

 ああ、今回も同じことを言っているだけなんだな、と思わざるを得ません。

 最後に、私が今回借りた「国のない男」(カート・ヴォネガット)の巻頭のひとこと。

 「善が悪に勝てないこともない。
  ただ、そのためには天使が
  マフィアなみに組織化される必要がある。」

a0094201_2171539.jpga0094201_2174575.jpg


 今日のカレーは「ほうれん草とチーズのカレー」から始まります。
 なくなり次第、次の「キーマカレー」にかわります。
 「ほうれん草とチーズのカレー」は辛めのスパイスでバリっと仕上げた緑色のカレーです。
 お客様によってはこのカレーをグリーンカレーと思っていらっしゃる方もいるようですが、グリーンカレーといえばタイカレーのほうなのでお間違いなく。
 こちらのほうれん草のカレーもたいへんおいしいですよ。

 今週のサラダは「ベーコン、ポテト、シメジ、オクラのサラダ」です。
 マスタードヴィネグレットドレッシングでどうぞ。

 今週のデザートは「グレープフルーツゼリー」です。
 フルーティーなゼリーにミントはちみつソースがけ。
by haiderinn | 2011-10-24 02:19 | こんな毎日
<< 鳥のフンに混じっている白いもの... 今週はコリアンダチキン >>