<< ときには手長エビのように 臨時休業のお知らせ >>

旬をはずした話題ですが、、節電についてこれが疑問です。

 8月分の電気料金請求がきました。
 お店のクーラー、冷蔵庫などの契約分だけみると前年同月の使用料と比較して1%減。。。
 っていうか、ほぼ同じだけ電気使ったに等しいです。
 まあ、それほど意識して省電力に努めたわけではないのですが、これから比べると15%削減というのが
いかに厳しいか、かすかに分かるような気がします。

 一般家庭にも15%の自主目標を設定した、ということについておかしいな、と思うのは、

 瞬間の発電量に対して瞬間の消費量が限界をこすか、こさないかがポイントなのに、
 一定期間の電力使用量トータルについて15%削減を目標とするというのは、
 電力不足を回避するという目的に対してほとんど効果がない

のではないか、ということです。

 経産省やら東電が発表した電力消費量予測の数値がある程度信頼できるという前提で話をすすめる以外ないので、その数値がそもそもでっち上げであるならば、まじめに考えるだけ時間の無駄なのですが。。

 東電の「でんき予報」(http://www.tepco.co.jp/forecast/index-j.html)をみると、、

a0094201_0524859.jpg
a0094201_0545582.gif



 8月8日は月曜日なので、まあ典型的な8月の平日と仮定して

 11時台と13時から16時までぐらい(前年実績より、青の折れ線)だけ気にすればよい

 ことがわかります。
 「9時から20時が節電をお願いしている時間帯」
と下に小さく書いていあるんですが、まずこのこと自体あまりニュース等で聞いたことがありません。
 なので、朝から晩まで、さらに寝るときもクーラーがまんしなくちゃ、みたいな人が大勢いるのではないでしょうか。
 実際節電のニュースとからめて、(節電のせいでとはいっていないかもしれませんが)例年より熱中症が多いという報道がされたりします。
 このことで、

 節電>>つらい>>電力不足だめよね>>原発必要ね

 という話にマスコミぐるみで、そっと誘導する力になっていやしないか、と勘ぐってしまいます。

 家庭ではないですが、東京で働いている方で18時になるとクーラー止まる、とか昼休みは電気消えるとか言ってましたが、それもデータから考えれば電力不足に対してはあまり意味ないはずで、トータルで15%節電のしばりにかかっている気の毒な例といえます。

 そもそも11時台と13時から16時までぐらいに家庭にいる人は他の時間よりぐっと少ないはずなので、
家庭で頑張って節電しても全体に与えるインパクトはさほど大きくないのではないでしょうか。
 今回の人災の影響で無理やりさせられる節電ならば、健康のためにも家庭ではあまり頑張らないほうがいいのではありますまいか?

a0094201_056448.jpga0094201_1019619.jpga0094201_10193084.jpg




 今日のカレーは「豆のカレー(ムング・ダール)」から始まります。
 なくなり次第、次の「上海カレー」にかわります。
 「豆のカレー(ムング・ダール)」はバターの香りが効いている緑豆のカレーです。
 中辛程度。ミニタンドリーチキンつき。

 今週のサラダは「冬瓜、きゅうり、パプリカのサラダ」です。
 ペパーオイル醤油ドレッシングでどうぞ

 今週のデザートは「シナモンコーヒームース スパイスはちみつがけ」です。
 シナモン風味のふんわりクリーミーなコーヒームースにスパイスはちみつがトロリ。
by haiderinn | 2011-08-09 00:58 | こんな毎日
<< ときには手長エビのように 臨時休業のお知らせ >>